2011-09-18_024105

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:38:36.68 ID:fgIOtOtI0
1は、もしもしからかわりまして、
PCにて今日落ちちゃった奴を張っていきます。

七年前の話しです。書きためてないので遅いかもしれんけども。


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:40:58.34 ID:fgIOtOtI0
気になる人は、よければ読んでください。

当時俺が高校卒業したとこれろからはじまるんだけど、案の定進路が決まらんまんま卒業したわけです。
バンドの真似事みたいなのをしてたから就職する気もさらさらなくて、ぷらぷらしてたわけです。

そしたかおかんが一枚チラシ持ってきて、面接でも受けたらって言うわけだ。
チラシは近所のスロット専門店のもので、福利厚生しっかりしてるし給料も良い。すぐ電話したよ。
すぐ雇ってくれた。こっから俺が自分で自分の人生狂わせた。


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:42:59.69 ID:fgIOtOtI0
バイト入ってみたら、みんな良い人だった。俺が一番若かったからってのもあんだろうけど、良くしてもらった。そのなかでもKさんて人に公私ともに可愛がってもらった。いまでも恩義がある。

んで、仕事事態は休みがあんまりないし、二時間ねたらまた出勤とかかなり激しかった。でも給料よかったし、頑張ってた。
半年くらいたった頃、
新しいバイトが入ってくる、とマネージャーに教えてもらった。


俺の二個上
低身長

胸踊った。でも、俺彼女いたし、ロッカーにプリクラ張ったりもしてた。惑わされない自信があった。

で、新人初出勤。なんか知らんが俺が新人を教育することになりました。


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:45:22.40 ID:fgIOtOtI0
幸いこの新人(以降A)は物覚えもよくて助かった。
いい人かどうかまで判断できたわけじゃないけど、互いにゲーム好きってんで、話もよくあった。Kさんも可愛がってた。

なにも変わることなくそのまま半年くらい経過していきました。

ある日店舗スタッフ全員(ワゴン含む)での飲み会が行われることになった。まだ俺未成年だったけど、参加した。
全員バスに乗ってなんかお洒落なお店に行きました。飲みました。飲みました。…飲みました。

バスに乗ってバイトしてるスロ屋に戻ると、マネージャーが帰りはどうするかはお前らに任すと言い残し帰っていき、メンバーはポツポツといなくなってってた。


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:47:30.69 ID:fgIOtOtI0
最後まで残ってたのは、

A
Kさん
Kさんの先輩♀のMさん。

計四人。四人で、スロ屋の事務所でぐだぐだ。深夜になり、だいぶべろべろになってるKさんを、
まったく飲まなかったMさんが車で連れて帰るって行って消えてった。
残った俺とA。
Aも完全べろんべろん。車に乗りたいって言うから肩貸して連れてった。いいにおいがした。
車に乗せたら運転して家までつれてけって言いだしだ。当時俺免許まだ持ってなくて
教習所通いだしたばっかりだった。酒も飲んでるからって断ったんだけど、
あまりにかわいかったもんだから、ものすごい低速でAの家まで家まで連れてった。

アパートの着いて、部屋に連れてって、ベットに寝かしたらさぁ、服脱がしてくれって言われたわけだ。
俺それは断ったよ。彼女いるし、帰るからって。
そしたらAがベットに横になったまま俺の服しっかりつかんで離してくれなくなりました。
私が寝るまで居てくれって言うわけだ。
どちらにせよ、スロ屋から車で40分ほど離れてる場所だったし電車もないから帰るに帰れなかったんだけど、
居てくれっていうから居たわけだ。
しかしA、一向に寝る気配無し。うとうとしつつ、時折喋る。時折ビール飲む。
この辺りで色気にすっかりやられた。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:49:39.34 ID:fgIOtOtI0
A 「ちゅうする?彼氏はいませんよ」

俺「俺彼女いますよ」

A「ちゅう、したいんですが」

俺「そう言われてると俺もしたくなりますが、彼女いますし…」

A「そうですか…」
そんな押し問答してたらAがビールこぼした。わざと。で、Aがビールまみれ。

A 「お風呂入る…」
連れていきました。自分で脱ぐよう言いました。
バスタオル出してくれだの下着用意してくれだの言われて、
俺は半ば興奮ぎみに用意しました。

風呂から出てきたAは何も言わずにベットに戻ってきて、
テレビ見てたのに消されて、電気も消された。
俺やることないし、ただ床に座って貝ひも食ってた。
なんも会話がないまま居づらいなぁって思ってたら、また服捕まれた。
A「帰らせません」

俺「帰れません」

会話が終わった…。30分ぐらい沈黙が続いた。そしたら突然、

A「えっち、します。一人で」
は?ってなった。服離してくれないし。もぞもぞしだしてくちゅくちゅいい出してあんあん言い出して
俺興奮と混乱の渦の中ですよ…。


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:51:53.66 ID:fgIOtOtI0
初めての体験過ぎてテンパってしまって俺身動きとれず。なおも続くオ○ニー。
初めて二人っきりになったその日にオ○ニーまでしだしたもんだから、
Kさんに土産話ができた!
とか、いらんこと考えて状況をスルーしてたら、びっちゃびちゃな手で顔つかまれて無理矢理ちゅうされた。
濃厚なやつ。

A「私はセフレ上等ですが」

俺それ言われて止められなくなって、えっちしてしまいました。朝まで。

それから次の日も帰らずずっとえっちしてた。帰ったのは飲み会から二日後。
彼女にはなんとかごまかして事なきを得て、その後の毎日を過ごしました。

それから仕事終わりでご飯食べにいったり映画見に行ったりするようになった。
時々えっちもした。

A「彼女さんには内緒ですよ」

ていう言葉にすっかりはまってた…。
大人の余裕ってすげえな~って感じを楽しんでた。
彼女は当然変わり行く俺を不安がってた。
けど、バレてないだろうとたかくくってたんですな。ほほほ。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:54:45.17 ID:fgIOtOtI0
事のいきさつをKさんに話した。どうやら社内恋愛は原則禁止だったようで、俺以外には言うなよって口止めされた。
それからにさんにちして、マネージャーとKさんが飯を食いに行くけど一緒にどお?と誘ってくれた。
ついていった。
俺の状況をマネージャーにも言ってみた。クビになるかと思ってたら、笑いながら、
「お前は俺が可愛がってんだから、許す。続けたらいい。
ただ、彼女にはバレてもめたりしないように、上手くやってくれ」とのこと。
あとから知ったけど、認めてくれたのには別の理由があった。現時点では知らないですが。
で、なんとか関係を保てるようになってた。

それから仕事中に、Aと休憩が重なったりすると軽くイチャイチャするようになりました。
でも、マネージャーとKさん以外にばれてはまずいので、
仕事終わりで遊びに行く時はスロ屋から離れた所で集合したり、
朝は同時に出社しないようにしたり、いろんな偽装をしてた。
しかも互いにそれを楽しむようになってた。

ある日、Aのアパートにお泊まりした日に電話で彼女と喧嘩になった。
すごく些細な事すぎて理由も覚えてないけど。
酒も入ってるのもあって、一方的にキレて怒鳴り散らして別れを告げた。二度と電話しないし、してくるなと告げた。
高校生の時から付き合ってた彼女を、簡単に捨ててしまった。後悔した。


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:56:50.54 ID:fgIOtOtI0
その日から彼女との連絡をたって、Aと本格的な交際を始めてしまった。
俺は彼女が持ってない自由さと床上手さと、大人の余裕に心底惚れていた。
まさにべた惚れでした。ここでAと俺の立場が逆転した。それから少しずつAのアパートに俺の荷物が増えてって、
半ば転がり込むような形で同棲し始めた。

同棲しはじめてからだんだん自分が変になってきた。
Aの影響で、煙草を吸うようになった。今でもその時期吸ってた銘柄をずっと吸ってる。
朝は起きれなくなってきてるし、やる気が全然起きなくて教習所にも通わなくなってきてた。
Aがいないとなんにもできなくなってた。それでもバイトはちゃんと行ってた。

ある日、Aは休みで、俺は朝番の日があった。
で出勤したら、俺のロッカーべっこべこになってた。
え?なんで?俺何した?つうか誰がやったの?
とまた混乱。明らかに前日の遅番の仕業なんだろうけど見当がつかないままその日の朝番をこなした。
遅番が出勤してきた。犯人はこの中だろうと思いながらも聞けなかった。
ショボくれて帰り支度をしてたらKさんが休憩に上がってきた。

俺「これ、誰がやったんスかねぇ…ちょっとショックです…」

K「誰がやったんかなぁ…俺知らんなぁ」

俺は今この会社でぼっちなのか?と思った。


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/02(日) 23:58:58.14 ID:fgIOtOtI0
K「お前、今日は実家にいてくれないか?俺終わったら迎えに行くからさ…」

っていわれて、訳もわからず実家で待機することになりました。

それから12時過ぎにKさんより入電。近所の○○銀行の駐車場で待ってる。との事。
なんだろなーと不振がりながらも待ち合い場所まで行ってみた。

そこで待ってたのはKさんの車じゃない車。黒塗りフルスモークのセンチュリー…。

あ、俺理由わからんけど死んだwって思った。


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:01:00.82 ID:PIYJohiQ0
車から降りてきたのはKさんだった。ちょっとも安心できなかった…。

K「ごめんな、とりあえず乗ってくれるか?」

言われるがまま車に乗った。
運転してるのはKさんじゃない人。同じバイト先のB先輩だった。
車はBさんのだった。(さっき書き忘れたけど、
車の後ろガラスには、大きな大きな金色の菊のマークが張ってありました)
ちなみにこの時点でKさんは明らかにしこたま殴られた顔になってました。
連れていかれた先は、見たことないアパートの一室。


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:03:16.66 ID:PIYJohiQ0
部屋に連れていかれた。人が既に二人座ってた。

Mさんと、Bさんの彼女Cさん。

意味がわからんかった…。

B「なんでさらわれたか分かるか?」

俺「…、すいません、よくわかってません…」

B「Kの顔見てみ?お前をかばってるんだよ」

また俺ポカーン。
完全にぼっち。
まったく現状が見えないままKさん犠牲になってるし…。

俺「いやあの俺まじで理解できてないんスけど、
俺が悪いんだとしたら、何でKさんボコボコにしなきゃいかんかったんですか?」
既にガクブル。

B「お前、Aと付き合ってるよね?
なんで黙ってたの?
なんで黙ってんのにKがMと付き合ってる事知ってるの?」
机がっしゃーコップパリーンKボコー。


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:05:23.05 ID:PIYJohiQ0
B「何でお前らぁぁぁは良くて
ワシとC、KとMはいかんのじゃぁぁあpmgdnjgq-admxtq…。」
棚がっしゃーKぼっこー俺ぼっこーKぼっこー。

怒り狂ったBさんはKさんとMさんに外に連れていかれました。
Cさんが俺をビンタしてからお話しスタート!
C「昨日の晩に、
私とBとMクビになったんじゃこのクソ坊主こらぁあぁぁぁぁぁ!!」

俺ビクーー!!「なんかかかかあったったったんですか?」

で、Cさん暴れ始めた所にKさん登場。
KさんはCさんを車へ行くよう促し俺が話すから、とバトンタッチ。


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:07:29.39 ID:PIYJohiQ0
K「少し話ししよか。俺らは冷静になw」
って言って煙草くれた。お話し第二ラウンドスタート!

どうやら、クビに関する問題はバイト内での社内恋愛が原因のようでした。
ただ、俺とAの関係ではなく、
BさんとCさん、KさんとMさんが問題だったそうだ。

問題点は、B、Cカップルと
K、Mカップルはどちらも不倫カップルだって所にあると聞かされました。
クビになった三人には旦那ないし奥さんがいるんだけど、
Kさんはマネージャーと同じ学校の卒業生ってのもありお気に入りな上に、
嫁もいないし若いからってんでおとがめ無しにしてもらったそうだ。

んで、さらわれてきた俺は
若さを変われてマネージャーに気に入られてるから不問なんだと…。

がしかし、Bさんがぶちギレてるのにはもうひとつ理由があって、
そっちの理由が原因で俺さらわれたという事だった。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:09:43.77 ID:PIYJohiQ0
元々社内恋愛については、マネージャーやサブマネージャーは
俺とAの事しか知らなかったらしく、
俺とAの付き合いを知ってからはマネージャー達は、
監視カメラで俺らを追ってニヤニヤ嬉しそうしてたそうだ。(マネージャー談)

しかし、そのマネージャーに不倫カップルの存在をたれ込んだやつがいて、
そいつのせいでクビにされた。
ってのが怒りの原因でした。

Bさんは俺を犯人だと思って逆上、
Kさんは、それは違うんじゃないかと進言して、余計な怒りを買ってぼっこぼこ…。

K「たれ込んだの、お前じゃないよな?」

俺「かばってもらってすいません…。でも、断じて俺じゃないです。」

K「はなから疑ってないから安心しろw」
俺緊張解けて号泣。


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:11:48.21 ID:PIYJohiQ0
で、泣いて冷静になりまして、俺も犯人は誰かな?
って考えてみたら、光の早さで浮かび上がった人が一人…。

俺「Kさん、もしかして、…Aかも」

K「やっぱりお前もそう思うかw」

俺には確証があったんです。
Aは結構人をじっくり見てから距離を積めるタイプで、
誰とでもすぐ仲良くなる人じゃなかった。
社内には仲良くなれてる人はそう多くはいなかったんです。
俺とKを除くと、マネージャー。
もう一人、俺が入る前から居た、ワゴンのDちゃん。
AとDちゃんは歳も近く、地元が一緒だってのがあって、
しょっちゅう飲みに行くような仲良し加減だった。

Dちゃんは長いことスロ屋で働いてるから皆と仲良し。
大体の事は知ってる。そのDちゃんから、
不倫カップルの存在を聞いてて、たれ込んだんだろう。
それが俺の読みでした。

Aに電話しました。読みはかんぺきなまでに当たりでした。
しかし、その電話をかけたせいで、Aは俺にキレてました。
私は悪くないし、犯人探して楽しいか?と…。


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:13:50.38 ID:PIYJohiQ0
そう言い残して電話を切られました。

K「…どうしたもんかなぁ。女、売れないもんなw」

俺「さすがに売れないっす…。Kさん俺のせいで、すいませんでした…」

K「ぶっちゃけこないだMと別れる話し合いしてたとこだったし、
俺は平気w気にすんなwとりあえず、Bさん呼ぶか…。」

何がとりあえずかわからんかったけど、Bさん呼ばれた。

B「おうK、犯人はこいつで間違いなかっただろ?」

K「それなんすけどBさん。
こいつ違いますよwやっぱり他じゃないすかねぇw」

B「ごるぁぁぁぁぁぁぁあくぁzwsぇdcrfvtgby」
Kボコー俺ボコーKボコーKボコー俺ボコー俺ボコー

B「お前が犯人じゃなかったら誰が犯人なんじゃぁぁぁぁぁあ」
俺ボコー俺ボコー俺ボコー俺手折れたー


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:15:56.74 ID:PIYJohiQ0
口は絶対割らなかった。
Kさんたちを売ったのがAでも、俺もKさんみたいにしらばっくれつづけた。

殴り疲れたのかBさん休憩。少したってから、

B「三日やるから犯人探してお前がここに連れてこい。
わかったら帰れ。見つけられなかったら殺す」

と、いった所でお開きになった。
Kさんが家まで送ってくれることになったが、
俺もKさんも顔パンパン。 帰りにファミレス寄って、二人で病院行って帰った。

俺「犯人探しとか…。どうすりゃいいんすかね俺…」

K「うーん、大丈夫wお前絶対大丈夫wつうか次はBさんが心配」

俺「?」

K「マネージャーってさ、怒るとしゃれにならんからw
病院行ってからマネージャーに連絡しとくわw」

病院終わる頃には連絡すんでたらしく、
Kさんに安心しとけって言われて家に帰った。
おとんおかんは、久しぶりに帰ってきた息子がぼろぼろになって帰ってきたのをみて、
爆笑してた。なんか、泣けたw
警察にお世話になるようなことしたわけじゃないなら、笑い話でしょって言われた。
家でぼーっとしてたら電話がなった。
Aからの電話。
A「おねがい、今すぐ来て!!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:17:58.71 ID:PIYJohiQ0
もしかして、Bさんにバレたとかか?
と思って心臓きゅーってしながらも電車飛び乗って大至急向かった。
駅から歩いて20分くらいなんだけど、
回りの目がすごかったのを覚えてる。
ひたすら走ってアパートについたらセンチュリーは止まってなかった。少し安心した。

アパートに入るとカーテン締め切って電気もつけないでAが煙草吸ってる。
俺はなんにも知らないふりして話しかけた。

俺「高校生の時のつれと喧嘩しちゃったテヘ」

A「言ったでしょ…」
俺「え?」
A「Bにゲロっただろって聞いてんだろがぁぁぁぁぁ!!!!」
俺「ええぇぇぅぇ?えぇぇぇ?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:20:08.43 ID:PIYJohiQ0
俺「言ってないって言ってないってっていうか何の事?
さっきも言ったけどこの怪我は高校(ry」
A「てめぇ、私の事売りやがったぁぁぁぁぁぁあ!!!」
机どかーん俺ボコー俺ボコー

俺「えぇぇぇ?ちょっ、えぇぇぇ?」

A号泣。どうやら明け方にDちゃんから、
Bさんが今回の件の犯人探しをしてて、
Kさんと俺がさらわれてたことを知ってだそうだ…。

…小一時間、Aは泣きながら暴れちらしてちょっとおとなしくなった。

俺「怪我の事は、お前がなんにも知らないだろうと思ってごまかしちゃったけど、
絶対お前を売ったりなんかしてないよ!!」

喫煙中A「………本当に信じていいんかよ」

俺「うん。というか信じてもらうしかないしさ…」

喫煙中A「おい、私の目ぇ見てはっきり言えよ…」

俺「誓ってお前を売ったりなんかしてない。本当にだ。キリッ」

喫煙中A 「ふーん……」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:22:15.13 ID:PIYJohiQ0
……沈黙。




A 「上、脱げ」

俺「え?」
とりあえず言われ通り脱ぐ。

A「嘘ついてねぇなら、絶対目を私からそらすな。」

……煙草を俺の左肩に押し当てる…。グリグリしない。ゆっくりゆっくり当てる。
A「ホントの事、言えよ?」

一回煙草を離して一口吸う。
もう一度、同じ場所に煙草を押し当てる。
今度はぐりぐりと。

…俺自身、根性焼き(ていうの?)は始めてだったけど、
そんな事よりAからの恐怖が勝ちすぎて痛みをほとんど感じなかった。
お陰で目をそらさずにすんだ。

A「…………ふん」
とか言って煙草灰皿に捨てて、Aはトイレへ行った。
30分くらい戻ってこなかった。


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:24:47.09 ID:PIYJohiQ0
あんまりにもトイレから出てこないので、
様子を見に行った。どうやら中で泣いてるらしい。

俺「信じてくれました?」

A「…うん…うんっ!!…。ぐすぐす」

俺「ココア飲みますか?出てきてくれたら用意しますよ」
A「…、飲む。…ぐすぐす…。おねがいします…。」

平静を装いやっとの思いでトイレから出すことに成功。
椅子に座らせてココアを飲ませてる間に部屋の片付け。俺腕折れてるのに。

一段落付いた所で彼女の顔を拭く。かなり泣いた上に、
化粧したまんまだったので、かなりひどい有り様だった。
どうやら寝てないらしい。コットンに化粧落としをつけて吹いてあげた。
A「…さっきはあんなことじでごべんなざいぃぃうわぁぁぁぁあん」

泣き出した。大泣き。慌てて頭を撫でてみた。
A「ごべんねぇぇぇ…ごべんねぇぇうわあぁぁん」

Aは泣きながら先程の根性焼き(ていうの?)をさするさする。さすりまくる。
A「痛がっだよね、ごべんねぇぇぇ…ごべんねぇぇうわあぁぁんさすりさすり」

これはかなり痛かった…。


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:27:06.07 ID:PIYJohiQ0
俺もココア飲んで落ち着いたら、ひどく眠くなった。
ボコーされて徹夜はきつかった。
風呂入ろうとしたらAが一緒に入ってきて、
体を洗ってくれた。なぜか興奮した。抜き抜きぽんされた。

部屋に戻って、
マネージャーになぜたれ込みなんかしちゃったのかをそれとなく聞いてみた。
どうやら正義感からくる衝動と、Kさんにムカついたから、らしい。

Kさんは無類のおっぱい聖人だった。
休憩中にいきなりむっちゃもまれたらしい。
で、頭にきてK、Mの件暴露。
ついでにB、Cの事も暴露。正義感が強すぎて、不倫が許せなかったらしい。

セフレ上等とか言った口が正義とはこれ如何に?とは思ったがぐっと飲み込んだ。


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:30:58.32 ID:PIYJohiQ0
その日一晩寝て、遅番で出勤した。
Aも一緒だった。Kさんは朝番だったので、入れ違った。

休憩中にちょびっとKさんと話した。
K「大丈夫?状況は大丈夫になったよwただ多分Bさんは大丈夫じゃないかも…」

Kさん心なしか笑ってなかった。まぁ今思えば当たり前だけど。

仕事終わる少し前にマネージャーに呼ばれた。話はKから聞いてるよってさ。

マネ「大変だったなwwwつうか、きが回らなくて悪かった…」
頭下げられた…。俺困った…。

マネ「あのな、Bだけど…。やっつけといたからなww
終わったらAも誘って飯行くぞ!!
飯行きたいから手ぇ痛いところかわいそうだけど早上がりさせんかった!!」

といわれて、いまいち理解しないままマネとA、俺の三人で焼き肉へ。

一通り食べ終わった所で数枚の写真を見せてくれた。
男がえらいことになってる写真だった。
マネ「やっつけたった!!Mは旦那にやっつけられたけど、
Cは分からん。どっか行きよった…」
俺もAも食べたばっかりのお肉をお皿に戻しそうになったが
マネージャーは楽しそうだった…。

マネ「Kとお前の病院な、俺が金は面倒みたるから心配すんなよw
つうかこんなことぐらいしかできなくて本当に悪かった…」
深々と頭を下げられた…。なんと言えばいいかわからなかった…。


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:33:13.01 ID:PIYJohiQ0
それからと言うもの、いきなり三人も人間がへったもんだから、シフトもきっつきつになった…。
ただでさえ忙しかったバイトが、朝から夜までの通しシフトが日常化し、
過労死するかと思いながら働いた。
でも、マネージャーが守ってくれた手前、やめるわけにもいかなかった。

ちなみにあとから聞いた話だと、
Kさんも、Mさんの旦那にやっつけられそうになり、やっつけかえしたそうだ。

怪我のお陰でというのも変だけど、
Aと一緒にいる時間も長くなり、昔より仲良くなれていた。

骨も治り終えそうな頃、昔のバンド仲間に久しぶりに会った。
また、やりませんか?との誘いだった。




第一部 完


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:39:31.72 ID:PIYJohiQ0
ううむ、笑えるほどに人がいない・・・。
いったい何がいけないのか・・・。まぁ続けますけど・・・。
需要ないよなこんな話。まだダイブするまでけっこうあるし、愚だ愚だ長いし・・。

まぁ、俺は気にしないぞ!書く書く!!


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:41:43.02 ID:PIYJohiQ0
第二部


バンドをやりたいと思いながらもなかなかAに言い出せないまま時間が過ぎました。
一緒にいる時間が少なくなるのは嫌だなーとか言ってたので、
踏み切るに踏み切れませんでした。

今のバイトではお金はあっても時間がないので練習することもろくにできず
中途半端になるのが目に見えてたのもあって、
バイトに対しても、やる気が薄れてきてる自分がいました。
ただただ忠義の為だけに働くのは少年だった自分には厳しかったのです…。

しかし、ずっとぐだぐだもしてられないので、一度にAと相談してみることにしました。


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:43:45.25 ID:PIYJohiQ0
俺「バンドやろうかと思うんですが…」

と、思いきって聞いてみました。
すると、答えは以外にもokだったのです。しかし、条件付きでした。

新しいバイトが三人入るまではやめないでほしい。とのこと。
まぁそれぐらいなら、と思って、交渉は成立したわけです。が、
待てど暮らせど新しい子は入ってこない。
くるのは決まって日本語がほとんどしゃべれない外国人ばっかり。
そんなん採用するわけもなく、ずるずると月日が流れていくわけです。

しかし、夜は明ける物。
ぽつりぽつりとまともな人も面接にくるようになってきました。
採用には時間がかかっていましたが、三人揃いました。

その時始めてマネージャーにバイトをやめるつもりでいると話をしました。
やはりこちらも条件付き…。
出された条件は、

新しく入ったバイトの、育成(またかよ)
バイトのが潤滑に回るようなシステムをつくる(ノートにまとめる)
Aと一緒に住んでるんだから、
女が困らない仕事を決める事(受かったらマネージャーに報告)。でした。


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:46:54.59 ID:PIYJohiQ0
出された条件はきっちりかっちりこなせば自分のしたいことができるから、
何も嫌ではなかったのです。が、

新人の中に一人女性がいました。名前はJちゃん。
この子をAは目の敵にしました。
自分よりおっぱいがでかいから。自分より年上のお局がいなくなったおかげで
ある程度自由度が増した、との理由で。
この子にあれやこれやと教えてるとAからインカムが飛んできて、
監視カメラに写らないところで罵詈雑言を浴びせられるようなりました。

「鼻の下のばしてんじゃねえよ」とか
「勃起してんじゃねぇよ」とか、
「マ○コならなんでもありか」とか、
「私のほうが何倍も綺麗でエロいのに
痩せこけた雌鹿がそんなにお好きか」とかとかとか。
そりゃもう凄い剣幕で怒るし吠えるし蹴られるわ殴られるわですよ…。
耐えて耐えて、1日終わる。
で、帰ってきてからずっとそばからはなれてくれない状態が朝まで続きます。

その間ずっと私の事がどのくらい好きなの?とか
一番ってうれしいよね!とか・・・。ずっと質問責め。
俺の答えがおかしいと、号泣、ぶち切れ・・・。


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:50:01.29 ID:PIYJohiQ0
A「ずーーーーーっと一緒。ずーーーーーっと二人」

を、毎日聞かされる言わされる。
だんだんと俺は心身ともに疲弊していきました…。
んでもって使えないJちゃん育成をマネージャーからせかされるし…。
他の新人二人にも協力してもらって
何とかやって行けるようにするまでかなり時間がかかっていました。

マニュアル作成はさほど時間はかからなかったんだけど、
家ではAが求めまくってくるから机に向かう時間もとれない。
しかたなく満喫行ってコツコツ作りました。
帰りがおそいと、
「どこ行ってた」
「雌鹿とな何回交尾した」
「てめえにはオ○ニーする時間もやらん」
「私の為に帰ってくるのが遅いんだよね?」とかとかとか。
鬱になるって普通。

「今日は私の事どのくらい考えてた?」

俺「そそそりゃあ、一日中ずーーーっとAのことで
頭がいっぱいだったよ・・・」

はぁ・・・、そりゃさぁほかの事もするし考えるってば。
しかしそんなの許してくれるわけもなし。


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 00:55:03.78 ID:PIYJohiQ0
書き溜めがなくなりました。
ここからは自転車操業を始めます。

この言葉で片付けるのはとても安直な気はしますが、
Aは軽い「ヤンデレ」でした。

気づいた時にはもう遅かったので半ばあきらめてましたが・・・。
会社ではAに気を使いながら新人の育成をしてマネージャーに
もイライラさせないように心がけ、
家に帰れば所狭しと並べられたクレイモアを踏んでしまわないように
常に最善の言葉を選びAが突然逆上しないように心がける生活をしてきました。

その間仕事を探し続けて、日中の工場勤務で、なかなかよい仕事を見つけました。
それを見たマネージャーは喜んでくれて、逆に俺の門出を祝ってくれるぐらいでした。
が、
Aは違いました・・・。


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:01:11.57 ID:PIYJohiQ0
A「私の目が届かないところで、何をする気なの?」
 「私、どうしたらいいかわかんないよ」
 「私もその工場で働く!」
 「私がずっと送り迎えする」
 「私が作ったお弁当以外は死んでも口にしないで!」
 「私の写真を常に首からぶらさげてれば多少は安心できるって
何度も何度も何度も何度も言ってるじゃん!!」
 「私が、私の、私は、私に、私と、etc.etc.」

という状況になりまして、Aはバイトを休みがちになりました・・・。
 「私が体調崩してる間に、知らない女と密会ですか」
 「私が作ったご飯があなたの口には世界で一番合うのに」
 「出しなさい!今日どこかで食べてきたご飯を全部吐き出しなさいよ!!」
に、なりまして、新しい仕事先へ行くのがやっとで、バンドの活動なんてほとんど
できたもんではありませんでした・・・。


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:08:22.55 ID:PIYJohiQ0
そんな感じでAがバイトに行ったり休んだりを繰り返してる内に、
Kさんはバイトを辞めました。
「Mは辞めたのに、俺だけ残ってるのは示しつかんしねw」
とのことでした。
過去の揉め事を知る人間がどんどん減っていく中、マネージャーはAの近況を心配して
俺に電話をかけてきた。

マネ「おい、元気か??大丈夫か???Aがな、ヤバいんだが・・・」
俺「お久しぶりです。俺は元気ですが、Aはなんかすごい最近病みがちで・・・。
つうか会社でもヤバいんですか??」

マネ「うーん、一緒に住んでんだろ?面倒見れるのはお前だけなんだから、
もうちょいケアしてやってくれwww倒れられたらウチが困るww」
俺「あはは、確かにそうですねwwでも何スかね、うちにいるときはテンション高めなんですが
そんなに勤務態度がダメなんスか?」

マネ「あー、やっぱり話してないか・・・。言いにくいけどさ、
Aな、仲間が一人もいないんだ・・・。なんつうか、友達ゼロなんだわ・・・。」

初めて聞きました・・・。


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:15:39.87 ID:PIYJohiQ0
Aが家に帰ってくると、

A「今日も楽しい職場でしたwwwうひひー!!!」
A「明日は飲み会うれしいな~wっうぃれしいなーwダーリンお迎えおねがいしますペコリ」
とかとかとか、むっちゃ言ってるし、テンション高い日だって無いわけでもないのに、
ものすごい二面性をもって毎日を生活していらっしゃいました・・・。

マネ「俺もお前も専門家じゃないからわかんないけど、なんかあんまり重たい荷物ばっかり持たせんのは
やめにしようなww俺もお前にAぶっ壊れちゃったwwとか言いたくないしさw」
俺「はい・・・、一応病院も視野には入れときますが、何とかできるところはなんとか俺がしてみます」
俺なんか変なジャスティスだしちゃった・・・。

元々の人間性をよくわかってない所が俺にはあったんだろうと思う。
でも、自分のやりたい事を通すとAにどんな影響が出てくるか
ってのをしらなすぎで招いた事柄だ・・・。と思って、
バンド活動を少し休憩することにした。


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:23:55.06 ID:PIYJohiQ0
とりあえず、辞めちゃったKさんに連絡を取ってみた。
そしたら今晩ご飯を一緒にどうですか?とのお誘いを受けたので、
二つ返事で伺いました。

二人でファミレス行った。
俺はとにかくAの事を根掘り葉掘り聞いた。

俺「あいつ、会社に友達一人もいないって聞いたんですが・・・。」
K「あぁwそうなんだよ。。。なんかみーんな自分で切り捨ててるよw」
俺「何でですか?」
K「お前がやめちゃったからだwお前が辞めたのは全部みんなのせいなんだとw」
俺「あれま」

K「でもあの子、すっごいがんばるでしょ?がんばってニコニコしてるでしょ?」
K「がんばってればお前に褒めてもらえるし、
がんばりすぎで倒れたら助けに来てくれるからって平気な顔して言ってんのw」
K「みんなウザがったり気持ち悪がったりして離れちゃったんだよw困ったよな・・・。」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:32:40.51 ID:PIYJohiQ0
なんという困った人!!
俺は驚いた。でも、それを真実かどうかをAに問うことは俺にはできなかったし、
そんな事は誰にもさせたくなかったんです・・・。

俺「俺、どうしたらいいすかね・・・」
K「こういうときは、その人のそばで考えるか、その人の気持ちを素直に聞けw
あいつ素直でしょ?」
俺「はいw素直です。帰ったら仲良くしてみます。
あ、そういえばKさん、何で辞めちゃったんですか?Mさんのことはもういいって言ってたのにw」

K「あぁ、まぁ。。なぁ・・・。本当は違う理由なんだよね・・・。」
俺「?」

K「A」
俺「A?」
K「Aさ、おれにおっぱい触られた腹いせに上告したとか言ってたよな。アレ、あいつの嘘なw」
俺????え???
K「あいつのでっちあげで、元々、昔からあのスロ屋で働いてたお前と仲いい奴、
全員排除したかったみたいなんだわ・・・。」
K「不倫がうんぬんなんってただの口実、うまい具合に出しに使われたんだなw
んで、まんまと退職に追い込まれたわけだwで、中の人間が減ってきて、大分居心地が良い空間が
作れてきたところで、お前が退職じゃんwしかもバンドやりたいからってw
それきっかけでアイツちょっと壊れたのw」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:34:56.18 ID:rQ42Rx+W0
Aって何カップぐらい?
Jちゃんは何カップぐらい?


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:44:47.48 ID:PIYJohiQ0
>>48
AはFでした。乳輪マピンク。小粒乳首。感度良好。
Jちゃんには直接聞けなかったけど、回りから聞くと、Gいってたんじゃね?っ的な感じ。


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:41:39.57 ID:s3Qwj2sh0
落ちるぞ危ないあげ


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:42:42.83 ID:PIYJohiQ0
あげてみます!!


K「やから、俺はAのおっぱいもんでないし、むしろ、俺は尻フェチだw」
俺ぽかーーーん・・・。
K「あと、Jちゃんな、辞めたwつうか辞めさせられたんだろうけどなw」
どんどん自分で空間壊して、自分自身まで壊していってるAの本当の気持ちを聞いて
愕然とした・・・。
俺は、取り戻しのきかないことの片棒を担いでたのかな?
とかまで考え始めてついついKさんに聞いてしまった。

俺「俺、Aと付き合ってていいんですか?俺、失敗だったんですか???」
K「失敗だったとか別れろとかは言わないけど、あいつ、むっちゃむずかしいぞw
がんばれよwがんばるって意味、よく考えろよw」

俺「はい・・・。で、もう一個聞きたいんですが、マネージャーも知ってる事実なんですか?」
K「当たり前じゃんwあの人は俺らなんかより頭が数倍キレるぞw
真意を知ってる上でAを泳がせてるwまぁ、利用してんだなぁ・・・。お前が辞める時も、
止められなかったって悔やんでたぞwここまでの崩壊を予想してたのかもな。
A面接したのあの人だし。んー、ないかww」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:48:19.33 ID:PIYJohiQ0
それらの話を聞いて、考えながらAnoまつアパートへ帰ることにした。

なんかもう、どうしていいかわからんくなっちゃった。
どんどん病んでくAがかわいそうで、不憫で、そばにいてやりたいのに、
やってることは自己中心的な事。裏表のあること。俺は表面しか知らなくて、
周りには平気で裏面を見せてた・・・。どれほどの人が、Aに何を思い、
俺に何を思ったのかって考えたら頭が痛くなった・・・。

とりあえず今は何とかAの力になれるように、と考えた。

俺はバイトをやめて月日がたち、やっと事実をつかんだ所で、結論を出した・・・。


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 01:54:34.12 ID:PIYJohiQ0
俺はマネージャーに電話をかけた。

もう一度雇って貰う為だった。Aが心配なのと、自分の保身ってのもあったんだと思う。
とにかく頭を下げて、出戻らせてもらう事にした。

やっと決まった工場には迷惑をかけたと思ってはいるが、
どうしてもAを想ってしまって、社会人的な考えはできなかったのです。
すぐにでもスロ屋に戻れるようにマネージャーに取り繕ってもらった。
すごく嬉しそうにはしてくれてたけど、マネージャ自体、
正直現状に対して疲弊しきってた・・・。


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:00:03.22 ID:PIYJohiQ0
俺「また一緒に働けるね!!俺はAのそばにいるからね」

A号泣。むちゃくちゃ喜んでた。それみて少し安心したのと同時に、怖くなった・・・。
それこそAの思う壺。しかしほかの選択肢を選ぶ勇気は当時の俺にはなかったです。
えへへ、少年でしたので。

それからほどなくしてまた同じスロ屋で働くようになった。

Aの体調はというと、こちらは現金なものでどんどん良くなって行った。
スタッフ感も、俺が間に入ることで立ち直りを見せてた。

明らかにAの作戦勝ちのような気もするが、なんとか状況は良くなった。
と、いうか振り出しに戻った・・・。


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:03:27.89 ID:PIYJohiQ0
Aもマネージャーもスタッフも、みんな良く笑うようになってた。
ご飯を一緒に食べに行ったり、BBQやってみたり、親睦を深めることで、
仕事にチームワークを持ち込むこともできる様になってきた。
さらに数人バイトも増えたことによって、以前の環境はよりクリーンになって、
どんどんAの目指したサンクチュアリができようとしてた。


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:05:31.78 ID:PIYJohiQ0
空気がよくなり、仕事もはかどるようになって来たころ、

突然マネージャーが異動になった。
新しいマネージャーが配属されてきた。

この、新マネージャーが曲者だった。


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:09:03.91 ID:PIYJohiQ0
店舗がぼろぼろになりかけて、売り上げががくっと下がった所を上層部に指摘され、
打開策として、上の決断によりマネージャーの交代がされたのだ。

新マネ「俺、前のマネみたいにやさしくないんで。」

ところがどっこい、この人男のスタッフにはめっぽうやさしかった。
女にはむちゃくちゃ厳しく当たるんだけど・・・。

新マネが配属されて来て二月程度たったある日、
Aが泣いて帰宅してきた。
どうしたのか聞いたら、かなり先手を打たれたようだった。


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:13:45.26 ID:PIYJohiQ0
その頃よく俺は新マネと飯を食いに行ったりしてた。
趣味がばっちり合いすぎて、ほぼ弟分みたいな扱いを受けてた。この人にも
恩義をいまだに感じているし、そのほかにも、憎悪もある。

この人と話していると、頭の回転の速さと、適応力、エスプリ、応用力、
どれをとっても旧マネージャーに勝っているように感じた。
それもそのはず、かなりの精鋭だったそうだ。で、ある日話の中で、

新マネ「お前、Aと付き合ってる?よな?」
え?俺言ってませんがバレました。まぁそれは良くあること。
新マネ「アイツ、あぶなくない?変な女じゃね?よくわからんけど、裏表はげしそうw」
見事にばれてました。


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:18:34.45 ID:PIYJohiQ0
新マネ「ああいう、しれっと自分の力で世界を切り開いてるような顔してる女が
一番ムカつくんだよねぇ・・・。お前の女だからおイタするつもりはないけど、仕事の面では
かなり追い詰めちゃうよw」

って言ってました。追い詰められたんでしょうね。
ボロッカスに言われて泣きながら帰ってきたようです。

後日新マネに、Aになんて言ったのかを軽めに聞いて見たところ、

自分自身で出切る女だと思ってるだろうけど、まったくもって無駄ですね。
裏表のどす黒さはにじみ出てるし、正直タレ込みも俺の耳にも入ってることを忘れないでね。
僕はお前が作ろうとしてるものを簡単に壊せる地位にいるんだよww

って言ったそうです。そちゃAのプライド、ずたぼろですわ。


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:23:34.31 ID:PIYJohiQ0
その後も結構他のスタッフの目が届く所でAは新マネに強く当たられているようでした。
そのたびに泣きながら帰宅して、俺が慰めて次の出撃に備える、といった流れでした。

・・・、どうやらこれは新マネのプレイだったらしく、新マネがAに強く当たると、
俺とAの夜が激しいものになるとの予想で、なんだかおもちゃにされておりました。
俺が夜Aをおもちゃにできるように、っていう新マネの遊びだったと呑みに言った時に
暴露されました。
要するにただの遊びでAにプレッシャーをかけてたんですね。

そうとも知らずにどんどんAは昔の根暗でとげとげしい女に戻っていっていました。


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:27:45.72 ID:PIYJohiQ0
他のスタッフには当り散らし、
Aが俺とだけ一緒に働ければ良い。みたいな空気を出して、せっかくうまくいってた輪に亀裂
が入るような感じでした。
しかし今のマネージャーはそんな事よりも、
サービスの質を向上させるだ売り上げを上げるためにどうするかだ、と
仕事をメインに考えるタイプの方でしたから、今までぬくぬく進んできた人間は軒並みくじけて
おりました。
それにひたすら対抗意識をもやすA。巻き添えを食らう俺。他のスタッフは被害の少ない対岸へ。
といった構図でした。それでも、何とか仕事だけはしてなければいけないから、必死でした。


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:33:47.57 ID:PIYJohiQ0
そうこうしてるうちに仕事からドロップアウトする人間が一人、二人と出るようになって来ました。
やっぱり厳しさにたえられなかったゆとり世代の方々だったりもしてました。まぁ、偏見はいかんけどね。

で、人間が減ったしわ寄せを食うのはもちろんAと俺なので、どんどん状況は忙しくなるばかり・・・。
そのくせ新マネは俺ばっかりを気にかけAは地道にがんばればぁ~?とないがしろ。

完全に病んでしまったAはついにスロ屋をやめることを決意して、ある晩俺に言ってきた。

A「私はあなたと一緒にいられれば、あの仕事場じゃなくてもいい。この部屋に二人っきりで、ずっと
一緒にいられればそれでいいの」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:36:24.89 ID:PIYJohiQ0
なんかもう、私はもうすぐ死んじゃうの・・・。みたいな顔してベットに横たわるAを見て、
常に頭をめぐらす毎日・・・。Aはバイトをやめました。

俺は続けていました。Aはニートにジョブチェンジしました。
ずっと寝てます。起きてる時はセ○クスです。以上。


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:40:04.45 ID:PIYJohiQ0
こんなんいいわけないんだけど、そのグダグダ間を二人して楽しむようになって来てたのも
これまた事実。

欲望と呼ばれるもので、あなたと私で実現可能なものは限りなく私が満たすから。とかなんとか言っておりました。

ご飯はおいしいものを作ってくれるし、帰ってくると風呂に入れるし、俺の早番遅番に合わせて起きて待っててくれる。
極めつけは玄関でオ○ニーしてて、俺がただいまと同時に挿入できるように
ヨツンヴァインでスタンバってたり、いろいろしました。


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:45:09.16 ID:PIYJohiQ0
まぁそれでも生活に困らない金は互いにありましたから、何とでもなってたんでしょうね。
しかし、ダラダラ生活を続けていたある日、自体は急展開を見せる。




普通のことなんですが、
彼女にも大事な友達がいました。
地元から、遠く遠く離れた、北海道に住んでる同級生。
そのこから突然の手紙が届きました。
手紙の内容はだいたいこんな感じ。

結婚しました。
子供ができました。
私は幸せです。
Aは幸せ?

みたいな。
この手紙がきっかけで、
何かスイッチが入ったらしくAは仕事を探し始めるようになりました。
ダラダラセ○クスは続くんですが・・・。



第二部     完


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:47:25.41 ID:PIYJohiQ0
疲れた・・・・・。


とりあえず第二部完です。

ぐだぐだですが、ラスト第三部もお付き合い頂けたら、之幸いです。

第三部、   ついに        ダイブする


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:49:28.18 ID:PIYJohiQ0
くっそ~~~~~~~やっぱりだれもいね~~~~~~~~!!!


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:51:30.46 ID:PIYJohiQ0
ちょっと休憩


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:53:32.35 ID:PIYJohiQ0
コーヒーのみたいのに、このスレが不安で離れられない・・・。


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 02:55:37.31 ID:PIYJohiQ0
さて、書いていこう書いていこう。これはもしかすると昨日より悲惨な状況だぞ。


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 03:05:26.06 ID:DR6x042n0
第三部



Aは必死になって仕事を探してる。
俺はそれを見守ってる。なかなか見つからない苛立ちを俺にぶつけてくる。
全部ぶっ壊してしまうような勢いできれておいて、数分たてば泣いて謝る。
私を一番から動かさないでくださいって言ってくる。
私だけを見てください。私だけを見てればいいの。あんたは私だけでいいの。
とか日常的に抜かしてるAが浮気した。


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 03:09:15.23 ID:DR6x042n0
どうやら俺の友達の、友達とえっちしたらしい。頭にきた俺は出ていく事を決意しました。

荷物をまとめるのも忘れて実家に帰ってきた。しばらくは実家から会社に通った。
新マネにも、浮気の件の対処法を教えてもらったりした。


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 03:13:16.92 ID:DR6x042n0
さんざん人を振り回しておいて浮気とは、正に外道か、とも思ったが、毎日の度重なるAからの電話の呼び出し、メールに疲れてた。

しばらくは帰らないとの旨を伝え久しぶり自分だけの時間を満喫するようになった。
そうとなれば、やりたいことはただひとつ。バンドだった。


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 03:19:15.95 ID:DR6x042n0
Aの相手もそこそこに、夜な夜なライヴハウスを回ったり、後輩がやってるイベントに参加したり、それこそ楽しい毎日を送ってた。

だんだん自分に余裕ができたのかなんなのかわからんけど、Aの浮気が許せるようになってきてた。
Aは俺から離れることはないし、俺にぞっこんなんだし心配ないと、思ってたんだな。
やから、アパートに戻る決意は出来なかったけどちゃんと連絡を取り合って関係を修復してた。


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 03:24:15.10 ID:DR6x042n0
ごめんなさいと謝るA。
もう忘れたよ。とかっこつける俺。
実に滑稽だ。離れてわかる、じぶんがどのくらい窮屈な場所にいたのか。

このある意味別居状態の間に俺は絶対ライブをやるつもりでいたので、難癖をつけてアパートには帰らなかった。


82: 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 :2011/10/03(月) 03:34:20.66 ID:DkzcoqDd0
見てるよー


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 03:43:10.12 ID:OHPaE3Xu0
あら寝てしまったか


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 03:43:35.62 ID:MTKpL0YO0
>>1起きてるかー?


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 06:15:39.36 ID:fGG9/e0EO
まだか


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 06:58:17.15 ID:yP97fXyo0
眠いぞ


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 07:40:32.77 ID:PIYJohiQ0
・・・・、なにこれ。
なんでまだ残ってんの???俺寝落ちしてしまってた・・・。

人いなかったし残るはずないのに・・・。何この嬉しさ!

みんなごめん。
俺絶対完結させる!!!


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 07:47:37.35 ID:PIYJohiQ0
では、続きをお送りいたします。


Aと久しく会ってないのをいいことに俺はバンド活動(みたいな?)を再開することにした。
暇な時間を見つけては練習に行った。

昔の知り合いのつてで、対バンに一枠空きができちゃったからお前らでないか?とのお誘いが。
願ったり叶ったりで正直怖かった。。。
でも、千載一遇のチャンスをしっかりと味わうべく、参加する事を決めました。

まぁ、オリジナル作ってる時間もあんまりなかったからこの時はコピバンとしての参加でしたが。。。

ライブ当日までひと月を切ったあたりで、Aにライブの告知をした。
俺実はライブやんだけど、って伝えてみた。


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 07:58:26.02 ID:PIYJohiQ0
俺「そういえば、今度○月○日にライブが決まったよ。A、観に来てくれたりする?」

A「私はぁ・・・・、その日は行けないな・・・。ちょっと用事が・・。」

俺「ふ~ん・・・。わかったよ。」

とまぁこんな感じでやんわり断られたけど、むちゃくちゃAは葛藤したらしく、ライブ当日まで
悩んでたそうだ。
悩みの内容は、

私の(俺)のはずなのに、みんなの注目が集中すような所で(俺)を観ることが出来ない。
全員殺してしまうから。みんな私の(俺)を観ないで!と思って悩んでた。

らしいです。意味わからん上に、浮気の一件があってからというもの、当にAを信用しなく
なってた俺は、当時のような彼女への執着や固執はしなくなってた。


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:07:38.49 ID:PIYJohiQ0
十分俺の気持ちは、ひとり者の気持ちにだんだん近くなってきてた。
そんな事もあいまって、バンドの練習は楽しかったし、メンバーとの集まりがなにより
楽しかった。羽を伸ばして満喫してた。

で、ライブ当日。出番前にAから電話が。

A「ごめんなさい。やっぱり今日は行けなかった。だから、お願い。あまりがんばらないで。
目立たないで。私の前以外で歌わないで。私以外の女に声を聞かせないで。
私以外の女の前で極力うごかないで。私以(ry」

俺「もうすぐ出番だから電話切るよ。A、ライブに出させてくれてありがとう。本当に
嬉しかったし、これだけ俺を自由にするのは心苦しかったでしょ?うん、感謝をあらわさなきゃな。
帰ったら、いっぱいいちゃいちゃしよう。大好きだよ。今日はアパート帰るからね!」

A「うん!!!!・・・・うんっ!・・・ぐずぐす・・うわぁぁぁっぁぁんん」
号泣で、今日は待ってるから!待ってるから!って言ってた。
今思うと、ライブ前で気が大きくなりすぎて、電話で言ってしまったと思う。。。

で、ライブは問題なく、楽しく終わった。問題は、打ち上げだった・・・。
ここからが一番のヤバい時間・・・。


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 07:59:04.02 ID:3d0LTniY0
saageじゃなくてあげてくれると助かるんだが


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:23:05.86 ID:PIYJohiQ0
>>118
了解。ageます!

打ち上げには参加しずに帰ろうと思ってたんだけど、Aが参加してきてからでいいから、行って来てください
って珍しいこと言うもんでお言葉に甘えて参加した。この時に、対バンした各バンドの数人と携帯番号の交換をした。
中にはギャルバンドもあった。これがいけなかった・・・。

ほどほどに飲んで、メンバーに家まで送ってもらった。(あ、実家ね!
・・・帰りの車の中で、そのギャルバンの一人から俺の携帯へ電話がかかってきたのだ。
少し酔っ払ってる俺はどんどんその女と話し込む。このままアパートへ送ったら
修羅場になりかねないとの判断で、俺を実家に連れてってくれたのだ。
あんまり状況わからんまんま電話しながら部屋へ戻っていく俺。


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:25:14.19 ID:PIYJohiQ0
電話の内容は至ってシンプルで、また対バンしましょう。いつがいいですか?といった事務的な
内容の電話だった。どちらかがどちらかに惚れたとかではないと思ってた。
しかし、電話の相手はそう思っていなかったらしく、ライブが終わって打ち上げが終わって家に帰ってきて、
アパートへ帰らず実家に帰って電話し始めて、電話が終わったのは次の日の朝だった。

そのバンド女とは恐ろしく気があって、ついつい話し込んでしまった・・・。じゃあねと電話切った時には
後の祭り。俺の携帯には当時キャッチ昨日がついておらず、
後から知ったけど、Aは俺にいくらかけてもつながらなかったそうだ。
眠気もふっとぶ恐怖を感じてすぐにAに電話した。

俺「ごめん、昨日実家に帰ってきて、次のライブの打ち合わせが(ry」
A「・・・・・・・なぁ、早くアパート来いよ・・・。話、つけよう。」
俺ダッシュで電車乗った。


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:30:53.80 ID:PIYJohiQ0
確かに約束すっぽかした俺が悪いよなぁと思いながら電車に揺られていた。
でも待てよ。
何で俺が、浮気したAに対してそんなに気を使う必要がある?
確かに今までいろんな苦労があったし、好きは好きだけど、いまさらそんなに大事な女か?
バンドも楽しいけど、

仕事、
バンド、
A。

この三つ(特に最後のひとつ)を全部しっかりこなしていくってのはすっげぇ難しいんじゃないか。
と考えていた。
もし最悪別れることになるとしても、それはそれ。清く行こうと誓ってアパートを目指す。

アパート最寄り駅に着く。コンビニまで歩く。Aの好きな菓子と、桃缶を買う。
アパートを目指す。厳寒についた。チャイムを鳴らした・・・。


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:33:50.74 ID:PIYJohiQ0
なかなか出てこないA。
何度か鳴らす内に、俺もだんだんいらだってきた。

かちゃかちゃと鍵をはずす音。やっと入れる。
ドアを開けた。

Aが立ってる。顔はずっと泣き明かしたような、いつか見たような顔。

包丁もって立ってる。


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:38:11.17 ID:4HtdGACf0
包丁だと・・・?


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:39:17.35 ID:PIYJohiQ0
俺「何でそんなのもって立ってるの?」

A質問に答えずに突進してきた。
包丁が脇をかすめて血が吹き出た。傷はそんなに深くなかったけど、俺もAも部屋も
血だらけw
まじで、死ぬと思った。

俺も痛かったし、玄関に座り込んだ。
そしたらAは俺を引きずり廊下に寝かせた。包丁を逆手に持ち替えて、マウントをとられた。

A「あのさ・・・」

A「一生女抱けない体と、一生楽器弾けない体。
どっちがいい?」

なにこの質問俺死んだw


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:44:08.88 ID:PIYJohiQ0
俺「えええ・え・え・・・??ちょっと待ってちょっと待って」

A「私昨日ずっと待ってたよ?」

俺「それについては謝る!悪かった、約束破って本当にごめん!
つうか俺このままじゃ本当に死んじゃうよ!」

A「死ぬ事に嘘も本当もないでしょ。本当に死ねば本当だよ。
あんたを刺して、私も死ぬwそしたらずっと一緒だね!!
すっごい嬉しいから私怖くないwで、どっちの体になりたいの?」

俺のからだの上に、血まみれワンピースを着た巨乳が、
包丁持って楽しそうにしてる。俺その人のまたの下で死のうとしてる・・・。
怖すぎ・・・。怖すぎ・・・。


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:49:32.40 ID:PIYJohiQ0
と、ここで俺も血を見て興奮してきたのか、
マウント取られたまま包丁を取り上げた。その辺へ投げといた。

突然おろおろするA。
俺は死にたくないしね。この先一緒に居たいかもよくわからないっていうか、無理だと思ってた。

もう別れよっか。いちいち喧嘩がここまでヒートアップするような奴といたら、
後三回も喧嘩すればどっちか死ぬでしょ。わかったらどいて。俺病院言ってくるから。

っと下から進言してやった。血まみれでがくがく震えて変な方向見てる。
あぁ・・・、確かに昨日約束守らなかった俺が悪いけど、何も刺すことなかったと思うんだけどなぁ・・・。
と思いつつ、Aの体を押しのけて、近所の病院へ歩いていくことにしました。


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 08:56:17.76 ID:PIYJohiQ0
アパート近所の病院。

先生は、また喧嘩か・・・、って言ってた。
確かに喧嘩してここのお世話には何度かなった。

今までAとの喧嘩にはほとんど触れてなかったけど、それはそれは壮絶を極めてた。

そりゃあさ、お付き合いしてるカップルなんだし多かれ少なかれ喧嘩はあるもの。

そのたびに生傷が増えていった。俺のね。俺は女に手を出さないけど、向こうは
どんどん出してくる。

PS2の薄型じゃないハードで頭殴られて割れちゃったり、(六針縫った)
小さいいざこざがあると、肩にタバコを押し付けられたり(お別れするまでに8回)
思いっきり物で殴られて奥歯が折れたり。
それはそれは壮絶な戦いでした。といっても、ダメージ受けてるのは俺だけなので
あしからず。


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:00:33.64 ID:PIYJohiQ0
病院の先生も、今度はなにがあったの?って興味心身で聞いてくるから困ったもんで。
適当に言ってごまかした。

で、脇腹五針縫ってもらって、病院を後にする。
この時そのまま実家に帰ればよかったと、いまだに後悔してる。
俺はアパートに戻ってしまった。
Aが心配だった。一人にしておけんかった。


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:03:48.18 ID:PIYJohiQ0
案の定、俺が病院行く直前と同じ場所に、同じ姿勢で座ってた。
小刻みに震えて泣いておりました。

頭なでて、ごめんね。ごめんね。
って言ったら、多少は収まる。俺だんだん心得てきてたw

血まみれのワンピースを脱がす。風呂へ連れてく。
洗ってあげる。興奮した。脇腹痛いのにせ○くすした。
そしたら距離が縮まった。というか距離をつめられた。俺アホすぐる。


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:10:27.99 ID:PIYJohiQ0
風呂から出て、Aが着替えてる間に俺は部屋のおかたずけ。俺脇腹切れてるのに。

Aはよく物に当たる。今回も胴体と首が離れたりらっくまが二三体転がってる。
かわいそうに・・・、と拾い上げゴミ袋へ。血をふきふき・・・。ふきふき・・・。

あらかた綺麗になった所でベッドに横になった。
どうやら今回の喧嘩は久しぶりの流血ファイトだったので、Aも大分反省したようだ。
いつものように泣いて謝ってる。
いつものように、あやしてなだめて、その場を収める。

こんなことしてても何の意味もないのにな・・。って考えてる自分も居れば、
もう逃げられないぞって思ってる自分も居た。俺も葛藤してた。


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:15:25.91 ID:PIYJohiQ0
脇腹も痛いし、精神的な疲労もあって、バイト先へ電話し
二三日休みをくださいと申し出た。

新マネは一週間休みをくれた。その代わり、来月の休みは一回だけ。って条件で・・・。
ドSすぎるが、そこはしょうがない。ぐっと飲み込み交渉成立。

少しは自分の時間が確定したことに安心しきって俺は電話切ったら寝ちゃってた。







目が覚めたら、首と肩が痛い。
うーん、寝違えたか??と思って首を触ろうと思ったら手首と肩に違和感を覚えた。

起きたらベットに手錠で縛り付けられてたw


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:18:37.73 ID:PIYJohiQ0
手首には四つの手錠がかけられて、全部がベッドのパイプをまたいで右手と左手をつないでる。

え?なにこれって思ってガチャガチャやってみるものの取れるはずもなし。いくらプレイ用
おもちゃの手錠といえど、四つも重ねてつけられたら千切れるわけもなし。
周りを見てもAの姿もなし。
俺はこの部屋で二晩一人ですごくことになる。


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:25:50.67 ID:PIYJohiQ0
携帯はポケットに入ってる。タバコは机の上。
部屋の電気はついてない。天井しか見えない。

どうしたもんかと考える。しかし足は自由だから多少動ける。
足でテレビのリモコンを操作して、テレビをつけた。
むなしい。

といいましても、ベットにつながってるだけですから、逆上がりの要領でベットの頭がわへ
ぐるっと一回転すれば床に立つことも出来た。
それからベットを引きずりながらタバコを取れる距離まで動く。
足を使って持ち上げて、何とか起用に吸うことが出来た。しかし食べ物がない。

冷蔵庫までは家具が邪魔すぎで行けないし、当然外にも出られない。
腹が減りすぎて、糞もでない、しょんべんはその辺に垂れた。


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:30:02.76 ID:PIYJohiQ0
これは相当怒ってるんですねわかります。
って感じだったけど、そうなってくるとAのいうごめんねの意味なんか
全然ないじゃないかと思えてくる。
思った所で意味もないので、そんなに考えないようにして、前転の要領でベットへ戻り
一人寂しく寝た。
次の日も、同じ。誰も居ない。何にもない。
寝た。


朝早く目が覚めた。二日間一人で、誰とも話せず何も食べられず生かされてることを実感しながらタバコを吸った。
昼すぎにAが帰ってきた。


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:35:00.13 ID:leeF1/hl0
萌え…も、……萌えられない


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:36:27.27 ID:PIYJohiQ0
特に悪びれる様子もなく、二日前の格好で、何かよれよれになって帰ってきた。
何にもしゃべらずに手錠はずしてやんの。
むかついたから俺もなんにも言わずに部屋から出ようとしてたの。

A「行かないでぇぇぇぇぇぇぇええ・・・・ごべんなざいいぃぃぃ・・・。」

いつものパターンでした。ただ俺も腹が減ったから、帰るふりだけして、冷蔵庫前で立ち止まった。
なんか食べたかったんだよ。脇腹刺されて日にかった桃缶があった。俺はこれのおかけで、
今でも一番大好きな食べものは桃缶です。

桃缶食べて少し落ち着いて話しをした。
Aいわく、どうしていいのかわからなくて、でも、側に俺を置いときたくて、思い立ったのが手錠で縛る事
だったそうだ。ただ、縛り付けたのはいいけど、その場に居れば俺を怒鳴り散らしたり、上に乗ったりで
自分を見失いそうだったからと、部屋から出て、車の中とファミレスで二日すごしたらしい・・・。

こいつは、本当にヤバい子なんだ。と再認識した。


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:41:36.22 ID:PIYJohiQ0
理性がある時とない時の差がとにかく激しい女の子なんだな。
当時はメンヘラとかヤンデレっていう言葉すらしらなかったから、
Aをなんと表現していいかわからなかった。

ただ、Aがぶち切れ照る時の顔にはかわいさはなかった。ただただ鬼の形相だった。
鬼の顔した女が。包丁持って暴れる。物を壊す。奇声を上げる。
落ち着けばかわいい女の子の顔。
もっとスイッチが入ればエロい大人の女。

奇声、怒号の一時間後は喘ぎ声。
隣人もおびえて知らないうちに壁ドンしてこなくなってた。


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:46:14.74 ID:PIYJohiQ0
何か作るねって言ってキッチンにAがたった。
包丁を持って何かを切ってる。こないだ俺を切った包丁で、
Aはいまキャベツをざくざく切ってる・・・。

ただそれだけで、怖かった。恐怖心がどんどん湧き上がってくるのを感じた。

何もいえないまま運ばれてきたご飯を食べる。
おいしいからまた困る。。。
A「おいし~い?」って聞いてくる顔が俺はたまらなく好きだった。何でも許してしまいそうになる。
ただ、この女の裏表はいやというほど見てきた。
もうだまされない。だまされないぞ!!しかし、今食べてる野菜炒めはおいしいぞ!!
っと思ったのを覚えている。


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:54:11.94 ID:PIYJohiQ0
それからの生活は、なぜか俺を中心とした生活だった。王様気分を味合わされるというか、
至れり尽くせりではあった。


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:57:27.65 ID:PIYJohiQ0
けど、俺携帯どこやったっけ???
いくら探しても出てこないんだよ。
おかしいなぁ、おかっしぃなぁと思ってAに聞いてみた。

俺「ねぇねぇAさん、俺の携帯知らない?」
A「私の車においてあるよっていうか渡さないよ。
私が管理してる。つうか、要らないよね。私一緒にいるしw」

はい、俺のプライベート消滅のお知らせでした。


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 09:54:30.94 ID:BllRvX8a0
くそっ!10:00から仕事開始なのに。
気になって仕方ないじゃないか。


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:01:32.01 ID:PIYJohiQ0
>>154
ありがとう・・・。その言葉、すっごい嬉しいです!もっと気にしてください。

俺は携帯を失った。
アパートから一歩でも出る場合は、Aと同伴。Aがどこか行く時も。同伴、
もしくは手錠留守番。

なんだこの生活。連休五日目にして、飼育され始めた。


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:05:55.40 ID:PIYJohiQ0
六日目、
寝れなくなりました。精神的に。どんどんやせて行きます。怖すぎです。

逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい・・・・。

朝ごはんを作るA(調理師免許持っててさ、何作らせてもおいしかった。)の後ろをそ~っと
通って逃げようとした。靴持ったら音がした。気づかれた。

終わった・・・。と思ったら、
A「どっか行くの~??私もいくよ~。ご飯食べたらお出かけしよっか。天気いいしねw」
え?なんか普通のリアクションじゃね?

俺「お、おう、タバコ買いに行きたくてさ。」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:08:51.37 ID:PIYJohiQ0
A「え?買いおきあるじゃん。何言ってんの~?ww持ってきたげるお」

え?いやいや、外に出る口実だったんだけど・・・。
とりあえず、動けなくなった俺はAを待つ。
靴紐結んでたら、首に激痛走った。

バチバチバチバチって音。目から電気が出た。
首筋にスタンガン当てられた。俺気絶。


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:11:11.32 ID:PIYJohiQ0
おはようございます。

目が覚めたら手錠オンザベッド。
その上フェラ中。

何これ?あれ?夕方?

A「やっと起きたwwどっか遊びに行こうと思ってたのに全然おきないから悪戯しちゃったじゃんw」
ん?どういうこと?
全然理解が出来ません・・・。


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:17:59.23 ID:PIYJohiQ0
俺どうしたっけ。

朝逃げるしかないって思ってたのは覚えてるけど、そっからどうしたっけ?
お、なんか首いてて・・・。

手錠でつながれたまま騎乗位にて挿入。

なんだかわけわからんまませ○くすしとるw俺頭おかしなったんか???
Aはどんどん興奮してるし、俺よくわからんままなのに勃起してるし。

A「はぁ、はぁ、・・・あん・・・あっ・・、あのね、あの・・・あのね・・・」
ピストン運動してるAがなんか言おうとしながら喘いでる。
それ観てたら突然俺の顔の近くにものすごい速さで顔を寄せてきて全体の動きを止めた。


A「逃がさねぇって言ったじゃん。おとなしくここに居ろよ。クソガキが」

A「はぁ、あん・・・あん・・・あぁあ・・・」

怖くて表情ひとつ変えれず俺は涙が出た。


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:17:29.30 ID:leeF1/hl0
2次なら萌える


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:21:06.84 ID:PIYJohiQ0
>>163
すいません、実話ですねん・・・。


涙が止まらなかった。俺の顔見て笑うAが怖かった・・・。

俺の上で勝手にイキまくるA。
俺も止めらずに中で出た。手ですくって舐め取るA。
Aの行動すべてが怖かった・・・。


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:25:35.26 ID:PIYJohiQ0
それから、終わっても手錠をはずしてもらえなくなった。
ご飯は病人のようにスプーンで運ばれた。
セ○クスのために、風呂には入れた。ただ手錠に紐をつけたまま
体を洗ったらまた繋がれる。反抗する気力もなかった。

この時点で、新マネにもらった一週間の休みはとっくに終わってた。
俺には会社どころか外界への接触手段がなかった。

Aが会社に電話した。俺の傷グチ悪化してるもんだから、病院へまだ通ってるとかなんとかいって、
まだ休みをもらえるようにしてた。
後から聞いたら、新マネはAを泳がせて遊んでたらしい。


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:28:40.72 ID:PIYJohiQ0
ちなみに、この現状で話しておくべき事柄がいくつか。

オムツをはかされて、柱に繋がれてます。
着る物、履く靴、すべて没収。つねにAの車の中に保管。出かけることすら出来ない状態。
携帯は没収。時々メールチェックをしてるようだ。

俺の持ち物。タバコ。ライター。灰皿。
以上


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:33:16.35 ID:PIYJohiQ0
ただ、一日中ぼ~っとしてるだけ。
Aが求めてきて、俺がオムツにぶちまけてなければセ○クス。終われば繋がれて風呂。
オムツをはかされまた繋がれる。

飯はすっごいうまいのを作って、俺に食べさせる。
Aは毎日どこへも行く予定が無いのに綺麗にしてた。朝ちゃんと起きて、いい服着て、化粧ばっちり、かみのけばっちりで、
俺にずっと見ていてほしかったんだそうだ。

かたやおれはオムツのみ。所持品タバコのみ。
こんな俺の何がいいのかさっぱり判らんかった・・・。


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:37:40.06 ID:PIYJohiQ0
「手錠はずせよアバズレ」


無言で足の爪二枚没収された。
あ、また俺の持ち物減ったwすっげー痛いの。泣いたよ。

Aは無表情でご飯つくりに行ったし・・・。
そっから二週間ほどそんな生活を繰り返してた。


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:38:37.89 ID:08AgOYLY0
ひいいいいいいいいい


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:41:23.50 ID:PIYJohiQ0
第一部で少しだけしか書かなかったが、
Aはゲームが好き。っていっても、オタクと呼べるほどではなかったけど、
王道タイトルはどれもこれもやってるって感じの子。FF7大好きっ子。

そのときはFF10-2をプレイ中。
A「ねぇねぇ、ここってどうすればいいの???ねぇ、10-2やったんでしょ?教えてよ~太ももすりすり」

俺しかと。

俺の乳首の真横でタバコを消す。
何これ。
俺何したの?
俺そんなに悪いことした???


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:47:44.94 ID:08AgOYLY0
軟禁性活は付き合ってどんくらいから始まったの?


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:51:21.04 ID:PIYJohiQ0
>>178
一年過ぎて、二年目からです。時系列がわかりづらくてすいませんですはい。。。


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:49:15.95 ID:DR6x042n0
1です。

連投がどうのでpcからかけなくなったので、もしもしから。

色んな所が痒い。
なんか膿んでるんだよね。消毒は申し訳程度にしてくれるからいいとして、精神的にやられ始めた…。


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:49:41.04 ID:PIYJohiQ0
ご飯は美味い。でも食べたくないから口あけない。
無理やりねじ込まれる。泣きながら食べる。
Aの食欲が落ち着くと、次は性欲。
オムツのなかにぶちまけたいのに、なんも食ってないから出そうにも出ない。

どうしても立たない時は前立腺責められた、無理やり出されたりもした。
もう完全にたたなくなった。


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 10:55:59.16 ID:PIYJohiQ0
なんかね、心が枯れていきました。

思い返せばBさんの一件の時にかばってなければ、俺どうなってたんかな~とか、
過去がどんどん出てくるの。もう過去ばっか。将来性なんてあったもんじゃない。

髪の毛が抜けたり、じんましんがでたり、俺もう限界だった・・・。



でもねでもね、神様ってのはもしかしたら本当にいるのかもしれないって思うことが起きたの。
これはさすがの俺も目が覚めた!!


Aが運転中事故起こしたって帰ってきた。信号で完全停止中にうしろからカマ掘られた。


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:00:18.42 ID:PIYJohiQ0
事故が嬉しかったんじゃない。
Aは無傷だったし、Aがどんな人であれ、好きだった人なわけで、そんな人の死なんか
俺は望まない。何が嬉しかったって、

車は修理のために車屋に持ってかれた。
車に乗ってた荷物を全部降ろさなきゃいかんかった。
車屋から貸し出された台車がちっちゃかった。
荷物を一時的に部屋に持ってきた。

俺の持ち物全部、俺の目が届くところにおいてあるの。


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:05:31.37 ID:PIYJohiQ0
これは逃げれるかもしれないって思った。
本当に、核心なんかちょっともなかったけど、いけると思った。
手錠さえはずせればどうにでもできると思った。
相手は女の子。俺は女に手を上げないとAは思い込んでる。
ここまでされて黙ってるわけがないのに・・・。

事故後、警察へ行ったり病院へ行ったりで、Aが部屋に居ないことが多かった。
A自体もどこかおかしかったんだと思う。荷物は俺の目の前に出しっぱなし。かたづけてはあるけど、
外に出るにはシャツ、デニム、靴さえあれば大丈夫。
二着ほど出っ放し。

Aが留守にするたびに、何とか自分を奮い立たせて、手錠の鍵を探した。見つからない・・・。


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:07:15.72 ID:NcbpzD7p0
Aはそんなに可愛いのか?
流石に普通の人だったら第一部の時点で別れると思うんだが…
お前にも何かしらあるんじゃないの?


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:12:20.93 ID:PIYJohiQ0
>>189
Aはむちゃくちゃかわいいわけじゃないけど、
俺のどストライクでした。
背が低くて巨乳、顔は童顔なのに目は大きめ唇ぷるんぷるん。
髪の毛の量多め。
確かに、俺もおかしかった。そこは100%認める。


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:08:34.20 ID:ZAFvo5aC0
いや、どう読んでも>>1も頭ちょっとおかしいだろ 今は自覚してるみたいだが


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:11:03.57 ID:NcbpzD7p0
>>190
だよなwww
ちょっとどころじゃないよなwwww


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:12:20.93 ID:PIYJohiQ0
>>190
この子の一件は、俺の周りはみんなお前もおかしいって行ってくるよ。
うちにいたっては、家族全員俺を見る目がおかしくなったwww


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:08:46.96 ID:PIYJohiQ0
動ける範囲には鍵置いてあるわけ無くてさ・・・、絶望を感じました。

でも、ヘヤピンを拾うことは出来た。

しかし、俺は裸。ヘヤピン隠すとこがない。

アナルに入れた。使う時出した。隠す時はアナルにしまった。


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:13:17.91 ID:leeF1/hl0
アナルにヘアピンて脱獄囚レベル


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:17:45.10 ID:PIYJohiQ0
>>194
まさにそんな気分だった。しかし、その時は腸壁が傷つこうがなんだろが知ったこっちゃなかった。

で、肝心のヘアピンで手錠が外れるのかどうかってのに疑問はあったけど、これしかなかった。
とにかく毎日、Aがご飯を作ってる時、A風呂入ってる時、トイレ行ったときの、
3パターン中のみ、手錠こじこじを試みた。

それがさ、外れるんだよwwwやってみるもんだなって思った。

外れるのを確信してから、逃げるタイミングを今か今かと待ちながら、
服をかたづけられないよう祈りつつ、手錠をはずす練習を夜な夜なしてた。


チャンスは突然あらわれた。


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:22:59.15 ID:PIYJohiQ0
その日は暑い日だった。


窓を開けて空気を換えて、いい風が通り抜けてた。

Aは鼻歌交じりでご飯を作ってる。手錠はあとひとつはずせばとりあえずは動ける。

二度とこの部屋には戻らないつもりで居た。俺の目は何ヶ月かぶりに光を取り戻した。


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:27:38.80 ID:2PYAicF50
これが現実なら俺世の中舐めてたわ…


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:29:42.85 ID:PIYJohiQ0
とりあえず、どうこの部屋から出るかは前々から考えてた。

廊下に出るとキッチンがあり、キッチンの横には冷蔵庫が立ってる。
それらをとおりすぎると玄関なんだけど、鍵がかけてあるからはずさなきゃいけない。
しかも、なんかチェーンロックのすべりが悪すぎて、一度かけるとはずすのにえらい時間が
かかる糞使用だったので、玄関脱出は無理と判断。

残る選択は。玄関とはま逆の位置にある大きい窓。これのそとはベランダになってて、
そこから外をみると、駐車場が見える。ただし、二階。

まぁ二階から落ちたって死にはしないのはわかってるし、窓から逃げたら、Aはチェーンロックで
苦戦して、時間が稼げると思ってたから、元々脱出経路は窓一択だったわけだ。


朝ごはん作るのにかかる時間なんてたかがが知れてるし、
時間があまりないので行動開始。


203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:36:41.98 ID:PIYJohiQ0
絶対にやらなければいけなかったこと。
それは、俺とAの連絡経路と絶つこと。
これだけはやっとかないと、俺の脱出がただのトカゲの尻尾切りになりかねんので、
携帯を壊すのを最初にやった。

Aのかばんから俺の携帯とAの携帯を取り出す。(この時点でハラハラしっぱなし)
二つつかんだら即座にオムツにIN

思いっきりしょんべんして、携帯二つ水没。まずひとつ片付いた。

そこからは早かった。
オムツを脱ぎ、デニムをしゅっと履く。開きっぱなしの窓めがけて靴を投げた。
下の車にドンっと音がした。Aが気づいた。

A「???あんた、何してんの???」
手錠が無い上にオムツじゃない俺を見て混乱したAをやさしく前蹴りで突き飛ばす。
シャツもって、



アパートの二階からダイブした


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:43:35.65 ID:PIYJohiQ0
うわぁぁっぁぁぁとか言ってたと思うwwww

うわぁぁぁいうほどの高さじゃなかったと思うけど、
俺にはすごく高く感じた。つうかそとのまぶしさが以上に感じた。

着地して、転がる。外に一人で出た嬉しさをいっぱいに感じてた。
さっき投げた靴を履いて、ダッシュした!!

部屋からAが叫ぶ声が聞こえる
A「待てやぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁっぁぁlっぁl絶対逃がさねえええええええええええええええ!!!!!!!」

ドンだのガンだの音がする。俺は一目散にとにかく走った。

そしたら結構な速さで車が現れた。
運転手はAだった・・・。まじでちびった。ホントに逃げるしかなかった。
田んぼを走り回って、とにかく逃げた。


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:50:23.74 ID:PIYJohiQ0
車から、おらぁぁぁだのきぃいぃぃだの声が聞こえる位の距離まで近づかれた。
それでもとにかく逃げる逃げる。

つうか、どこに逃げればいいの?
助けを予防にも携帯ないしどうすればいいの?
とか悩みつつ走りまくる。

アパートから10分くらい走ったところに喫茶店がある。
そこのお姉さんが、朝の準備だろうと思うけど、外を掃き掃除してた。

俺「はぁ、はぁ、はぁ、・・・げほげほすいません!俺今追われてて、
やばいんです。電話かしてもらえませんか??少しでいいんです。
電話かしてくれたらすぐ俺消えますから!」

喫茶店姉ちゃん「えぇ???・・・・・あの・・・・、すいません・・、他でかりてください・・・」

おおおおおおおいいいいいいいい!!!!!!
確かに俺は不審者だ。逆に俺が謝って、また走りだした。


214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 11:54:46.96 ID:PIYJohiQ0
むっちゃ走った!とにかく走ったら、
Aと仲良くしてた頃によく通ったコンビニが見えてきた。
とにかく飛び込んだ。

顔なじみのおばちゃん店員がいた。

おばちゃん「あらららら俺君めちゃくちゃひさしぶり!元気だった???
あれ今日Aちゃんは?一緒じゃないの??」
俺「久しぶりです。あのねおばちゃん、あんまりくわしく話してられないんだけど、俺
そのAに追われてて・・・。ずっと監禁されてて・・・ぐずぐずぽろぽろぽろ
電話かしてほしい・・・。助けてほしい。。。」


216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:01:02.44 ID:PIYJohiQ0
おばちゃんがこれまたいい人でさ~。ジャンボフランクくれた。
電話かしてくれたのよ。
おとんと、俺の友達に電話した。友達の携帯の番号が暗記できるほど簡単過ぎてて助かった。

しばらくコンビニのバックヤードで匿ってくれた。
誰かがここに助けに来るまで居ていいからね!って言ってくれた。
俺ずっと泣いてた。
何に対して泣いてたのか、いまだにわからん。

自由が手に入ったこと?
助けてくれた人のやさしさ?
Aが壊れたことへの謝罪?
Aへの恐怖?
どれが正解か全くわかんなかった。

そうこうしてるうちにオトンが俺の友達と一緒に来た。

ちなみに、駐車場にはAもいた。
俺が行きそうなとこ、隠れそうなとこが最初からばれてたってことのようだ。


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:03:21.02 ID:PIYJohiQ0
俺を助けてくれた人、助けようとしてる人を見て、
Aはしょんぼりしてた。

おとんに助けに来てくれたお礼をして、
俺はAの車に、話をつけに言った。


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:11:39.49 ID:PIYJohiQ0
Aの車に乗り込んだ。

A「私車出すかもしれないよ。いいの?」
俺「いや、出さないでしょ?落ち着いて、お願いだから」
A「なんで私の車に乗ったの?」
俺「話をつけんといかんからだよ。逃げた。終わり。にはならないだろうからさ」
A「私の事キライになったの?捨てるの?」
俺「キライになったよ。捨てる。もう二度と会わな(ry」
A「きぃぃぃやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
「あんた殺して私も死ぬ」
「あんたは死んでも私の男なんだぁぁぁぁぁぁ!!!!」
俺ボコー俺ボコー俺ぶちぃぃぃ!Aボコー

俺「もうかかわらないからさ、これで終わりにしようね。
今までありがとう、楽しかった。元気でね!!!」
A「俺に殴られた・・・俺に殴られた・・・俺に殴られた・・・俺に殴られ(ry」
うわ~最後までこわい・・・。
と、思いつつ、コンビニの駐車場にAを置いて家に帰った。
俺はいろんな荷物をアパートにおいて来てしまったが、久しぶりの自由が手に入った。


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:12:46.89 ID:leeF1/hl0
最後のボコーは正当防衛、おk


224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:14:39.56 ID:cV5LRtQzO
>>1が生きててよかった


226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:16:06.69 ID:PIYJohiQ0
家に帰ってから、すぐバイト先に連絡した。

新マネは大爆笑してた。明日からまた働きたいって言ったら快く承諾してくれた。
それはそれはまともな暮らしと、多少の笑い話を手にして、俺すこし成長したのかもなー
なんて感じながら日々をすごしてた。




季節は冬になり、また事件・・・。これが最後の事件・・・。


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:20:27.43 ID:iXPCr+kw0
まだあるのかよwwww


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:21:09.95 ID:PIYJohiQ0
携帯を新しくした。
靴も服もいろんなもんもうしなったから心機一転
いろんなものがゼロから始まった気分だった。

携帯が無い頃、俺はPCでのメールのやりとりをいつもしてた。
携帯が怖かったのだ。というか、人が怖かったのです。

んで、頭を抱えることが起きた。
水没したはずのAの携帯からメールが来てた・・・。
半年たって家に帰ってきて、久しぶりにPC開いたのに、
コンビニで別れたあたりからずーーーーっと毎日毎日、律儀に何をしたか何を食べたか
何を思ってるか、俺をまだどれぐらい好きかを淡々とメールしてきてたのだ・・・。
全部断ち切ったつもりが、PCだけはAと繋がってて、メールがどんどん来てた・・・。

もうやめてほしくてたまらずメールした。

「お願いだから、もうやめて。もう俺のことは忘れて。」


234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:22:50.04 ID:PIYJohiQ0
逃がさないって言ったじゃん


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:27:10.47 ID:PIYJohiQ0
あまりの恐怖に言葉が出なかった。。。

それからも毎日まいにちメールは送られ続けた。

俺のシャツを着た写メを送ってきたり、
タバコの銘柄を俺と同じにしてみたり、
俺をおかずにオ○ニーした話を送ってみたり、
とにかく毎日毎日ネタをつくって送ってくる。

俺もたまりかねて、

「もうそんなにがんばらなくても、PCならいつでも連絡取れるからさ
ちょっと落ち着こうよ。ね?」

Aからの返信
「やっと俺からメール着た!!!!やっぱり繋がってるって、いいよね。
うんうん、やっぱり私愛されてる(はーと)」


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:26:24.77 ID:BllRvX8a0
そこはPCのアドレス変えてシカと決めろよwww


242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:33:44.90 ID:PIYJohiQ0
>>238
そうすりゃよかったんだよな・・・。全くもってそのとおり。
ただ、当時はあぁもう俺終わりーって頭しかなくて、
アドレスかえるとか考えが無かったのだ・・・。

俺返信
「・・・俺さぁ、愛してないよ。もう終わりにしたじゃん。他人だし、
もう関わりももたないし、やめてほしいんだよね」


「でも、私がんばってるよ!!毎日毎日メールして、俺が寂しくならないように
がんばってるんだよ!!!もっとがんばったら愛してくれる?
もっともっとがんばったら一緒になってくれる?」


「もう何をどうがんばっても無理だってば。。。本当におしまい。」

二時間後
A返信
「私がんばったよ!!!でも、もうこれ以上がんばり方がわからない。
ごめんね、俺。大好き。愛してる。私にはあなたしかいないの。」
このメールにはバスタブで手首をかき切って、
バスタブからAからなにから血だらけの写メ付き。


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:42:28.00 ID:PIYJohiQ0
このメールが着たすぐDちゃんから携帯に連絡があった。

「今メール見た?わたしたまたま遊びに行ったらお風呂で大変なことになってた!
病院連れてくから安心してね!つうか、もう付き合ってもらえないって、私がしっかり話して
聞かせるから、もう大丈夫だからねwもう大丈夫だからwww」

Dちゃんと後日全部話した・・・。理解してくれたようで助かった。

大分月日がたち、Dちゃんと飯を食った。その時聞いた話でラストです。
その後Aは実家から呼び戻され、田舎に戻って行ったそうです。
精神的な病院に入院してるって所までは聞くことが出来ましたが、
それ以上はかかわるつもりも知るつもりももうありません。
その病棟で未だに俺の話をしてるらしいけど、嘘かホントかはわからん。
が、これが俺の体験した始めての修羅場。でした。こんな恋愛はもう二度とごめんです。



アパートの二階からダイブした    完









長々とお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
保守されて、残ってたことに感動しました。質問あったら受け付けます。


248: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/10/03(月) 12:44:04.65 ID:EDZghAEN0
>>247
乙!
大変だったなww


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:45:18.23 ID:PIYJohiQ0
>>248
長々だらだら話に付き合って頂き本当にありがとうございました。
いい恋愛をしてください。


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:45:15.10 ID:08AgOYLY0
>>247
乙。
>>1は今幸せなのか?


256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:46:59.34 ID:PIYJohiQ0
>>251
一応ね。今年のケツに結婚控えてるけど、
それまでに、俺の黒歴史を吐き出したかったんです。
これは、今の嫁には言ってない。俺が墓までもってく話w


254: 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 :2011/10/03(月) 12:45:56.45 ID:mISVG0Sn0
>>247

AとHする前に付き合ってた彼女が再登場するかと思ってたのにー


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:53:26.04 ID:PIYJohiQ0
>>254
かなりいい線。。。きわどいところをつきますなw


270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:01:16.70 ID:oRzNNyde0
>>266
てことは結婚相手は元カノか?


271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:04:07.16 ID:PIYJohiQ0
>>270
ご想像におまかせいたしますwww


272: 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/10/03(月) 13:04:59.05 ID:EDZghAEN0
>>271
なにはともあれこれからは幸せになww


274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:07:17.00 ID:PIYJohiQ0
>>272
うん、ありがとう!
でも、俺はAにどこまで惚れてたのかなって思いにふけることがあるんです。
だからここまで書きまくったんだけどね。

ガキなりに、尽くしたかったんだと思う。大好きな女だったんだね。
Aが普通の女だったらよかったのにな・・・。


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:46:50.45 ID:leeF1/hl0

>>1は今は誰かと付き合ってるのか?
あとAと法的なことで争ったりしないのか?


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:53:26.04 ID:PIYJohiQ0
>>255
付き合ってる人はいるよ。
つうかAに会うことを、友達、家族からムッチャ止められてるw


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:48:05.08 ID:4HtdGACf0
結婚式に飛び込んできて>>1か結婚相手を刺されたりなんて・・・


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:53:26.04 ID:PIYJohiQ0
>>258
怖いこというなぁ・・・。


259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:48:11.19 ID:NVJfZ5WL0
と、長い前ふりが終わってこれから安価でAにメールだろ?


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:53:26.04 ID:PIYJohiQ0
>>259
ま・じ・で・む・り!!!


260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:48:15.75 ID:tD5YKo13I

ずっとgkbrしながら読んでた
もうメンヘラに手だすなよ


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:53:26.04 ID:PIYJohiQ0
>>260
本当にメンヘラはやばい・・・。学習した。身を挺して。
おかげで、苦痛系も羞恥系もいけるどMになっちゃったよw


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:49:50.39 ID:iXPCr+kw0
先日皮膚科に


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:57:59.26 ID:PIYJohiQ0
>>262
ほうほうそれ


263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:50:27.48 ID:6eQaZGdo0
乙!
似たような体験あるがレベルが違うわ、さすがに手錠監禁は無い、ひどい
そこまでされても手を上げない>>1は本当にすごいよ。強いんだな
俺は肩刺されただけで本気で殴ってぶん投げて逃げた


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:57:59.26 ID:PIYJohiQ0
>>263
いや、俺がビビリだっただけだよ。遊ばれただけww


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:50:44.63 ID:BllRvX8a0
先日友人からいきなり「もう遊ぶのやめよう」ってメールがきて
その後電話で「彼女がダメだって言うからもう遊べない…ゴメン。」って連絡があったけど
あいつ大丈夫かな?
>>1の経験上どう思う?


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:57:59.26 ID:PIYJohiQ0
>>264
俺もAに同じ事された。友達無くなったぞ。
本気であれはつらいよ。
俺の場合はAが俺の連れのバイト先まで行って、
もう俺と遊ばないで!って言ってきたって言われた・・・。
かなり危険!!


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:06:53.94 ID:BllRvX8a0
>>267
マジかー
女友達だけなら嫉妬深い彼女だなーで済むけど
野郎まで及んでるみたいだから心配だなちょっと気にかけて見とくわ

>>1は幸せになれよー


276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:09:36.81 ID:PIYJohiQ0
>>273
彼氏が、電話でそれをお前に伝えてきたんだとしたら、
何が正しくて何がおかしいか、彼氏が相手に依存しすぎて
わかんなくなってる可能性大。
お前は俺の友達だろ?お前の女なんか関係ないんだが!っていってやれ。
目を覚ますかもしれん。ご検討くだしあ


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:59:46.71 ID:iqLPdfF40
メンヘラ被害者多いな


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:00:32.48 ID:PIYJohiQ0
>>268
最近増えてんのかもね


278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:11:21.51 ID:zJ+uNlEY0
おお完結したかお疲れさん

これから幸せな人生歩めよ


279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:13:32.20 ID:PIYJohiQ0
>>278
ありがとうございます!
でも、人生って一回二回は踏み外したほうが面白いでっせwww
古傷が痛々しいのはご愛嬌w


286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:21:32.66 ID:zJ+uNlEY0
>>279
メンヘラはもういらんわ
お付き合いをしたことのない俺に何か一言


288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:23:16.85 ID:PIYJohiQ0
>>286
逃がさねえって、言ったじゃん


280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:14:26.89 ID:tcXL3rZp0
電池切れてたけど残ってたか


283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:15:46.41 ID:PIYJohiQ0
>>280
おかげさまで!!
無事完結いたしました。まとめに乗らないかな。


281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:15:02.35 ID:iqLPdfF40
メンヘラ怖すぎ


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:17:35.42 ID:PIYJohiQ0
>>281
でもメンヘラの子って、見てて面白いよね。
俺もう十分懲りたから関わりたくな~いけどね。


282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:15:30.33 ID:4HtdGACf0
1年後には第三部が書かれるだろうな


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:17:35.42 ID:PIYJohiQ0
>>282
一応第三部まで書いたんだが・・・。


285: 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 :2011/10/03(月) 13:20:42.52 ID:mISVG0Sn0
元カノと結婚ならAの話は言えないなwww
付き合ってんのにエッチしちゃってるしwww
Aが結婚を知ったらまた発狂するな…嫁殺されるフラグwww


291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:26:32.57 ID:PIYJohiQ0
>>285
それが当たりならむっちゃこわいっすねwwww
しかし、A今どこでなにやってんのか。


287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:22:32.06 ID:Wl8llp7W0
俺の彼女ヤンデレだったのか…
まだ、監禁された事はないが携帯のアドレス帳彼女以外の人みんな消されてました…


291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:26:32.57 ID:PIYJohiQ0
>>287
序の口序の口w
俺なんかAにいろんな人へ連絡されたよ。これからアナタのあどれす消しますが、
いいですか?って俺の携帯から方々へ電話かけて聞いて回って、消して回ってたよw


290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:25:27.51 ID:NcbpzD7p0
>>1
メンヘラっていろんなとこに潜んでるんだな…
怖くて明日から女の子とお話しできないお


294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:28:12.16 ID:PIYJohiQ0
>>290
メンヘラってドスケベ率も総じて高い気がする。
生娘ならいんじゃね?生娘ならメンヘラちゃうしw


297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:31:32.32 ID:iqLPdfF40
>>294
そのドスケベも男を縛るためなんじゃねーの?


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:32:34.50 ID:PIYJohiQ0
>>297
だろうねw
そうやって下半身で縛るってのが一番効果的だってのを奴らは知ってるんだよな。


293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:27:11.34 ID:Wl8llp7W0
>>1が別れたなら俺も別れよう。
刺されなきゃいいな…


296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:30:50.75 ID:PIYJohiQ0
>>293
おい!男だろ?一回くらい刺されたてどってことないよ!死なない程度に刺してもらえば
自分の限界が見えてくるってもんでw
ごめんなさい!まじ気をつけてw

さされる前に女が他の男見つけてくれるのが一番手っ取り早いw


300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:37:47.08 ID:RKwBz/NiO
何事も極端はよくない
Dカップくらいが丁度良い


304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:41:03.44 ID:DR6x042n0
>>300
そうだね~。しかし俺はそこまで、おっぱいに執着してないからいいのだ。
Aの感度のよさは、それはそれは素晴らしかった!!


309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:46:25.59 ID:RKwBz/NiO
>>304
こんな恐ろしい体験をしたあとにそんな風に言えるとは…Aって子はよっぽど魅力があるんだろうな、凄いわ。
幸せになってな!


311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:50:01.11 ID:DR6x042n0
>>309
ありがとう。幸せを目指します。
さて、俺も自分がメンヘラにならんように気を付けよう。


302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:38:49.04 ID:DR6x042n0
全く人がいないとこから完結まで、持っていけるとはおもわなかっ…。みんな、読んでくれてまじでありがとう。またなにか変なこと思い出したら書きなぐりに来ます


305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:42:02.01 ID:0jV6BITm0
仕事しながら見てた




306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:43:37.76 ID:DR6x042n0
>>305
ありがとうございました!!
なんだかとても肩が軽くなった。吐き出せたことが嬉しかた!


307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:43:44.43 ID:iqLPdfF40
共依存という言葉があってだな


308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:45:31.17 ID:DR6x042n0
>>307
それは分かってるよ。ただ、刺される程の愛情も、そんな悪いもんじゃないよ。


310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:49:26.24 ID:iqLPdfF40
>>308
俺は後悔しかねーわ


313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:52:19.92 ID:DR6x042n0
>>310
そうゆうこともあんのかもね。みんな何かしら抱えてんだな…。頑張ってくださいね !


312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:50:13.03 ID:gq/6o+uL0
Aも>>1も気持ち悪りぃな
嫁かわいそー


314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:53:26.77 ID:DR6x042n0
>>312
こんなん嫁には言えようか!!


315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:53:48.17 ID:NVJfZ5WL0
まあ、元々付き合ってる子がいたのに浮気してメンヘラに入れ込んだってだけの話じゃん


316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 13:56:27.88 ID:DR6x042n0
>>315
そだよ。挙げ句そこから逃げ出した上にメンヘラ一機破壊ってだけ。


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:45:36.28 ID:SmCAT2ag0
セフレで止めとけばよかったかなって思う?


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:48:41.04 ID:PIYJohiQ0
>>253
むっちゃ思う!!!
過去に戻って自分を止めたい。


265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:52:56.14 ID:3HdfHzAii
>>261
おいコラァなにこんなとこで語っとんだ
今でも大好きだよ、結婚しても好きだからね
逃がさないからな


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/03(月) 12:57:59.26 ID:PIYJohiQ0
>>265
ZAQWxせcdrvftgびゅmじょk、l


次スレ:アパートの二階からダイブした番外編



ヤンデレ大全 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)
ヤンデレ大全 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)
クチコミを見る