2011-09-25_163910

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/07(金) 16:33:48.76 ID:s6sXGSdb0
DQN1「ほらそこの路地でさw」グイッ

女「ちょ、ちょっと」

DQN4「へへ、おい早くやっちまおうぜ」

DQN3「こっちは9人もいるから抵抗しても無駄だぜw」

女「えー、9人かぁ ちょっとキツいかなぁ」

DQN2「あ?何言って・・・」

女2「あれー?女じゃない?」

女「あ、女2ひさしぶりー」

DQN達「あ?」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/07(金) 16:35:14.80 ID:s6sXGSdb0
女2「元気にしてたー?」

女「うん」

DQN 6「なんだこいつ」

DQN 1「構わねえこの女もやっちまおうぜ!」

女2「え?何があったの?」

女「will 強姦」

女2「把握www」

DQN 3「てわけで新しく来たお姉さんもこっちに・・・」

女3「ほよ?女に女2じゃない!」

女・女2「ん?」

DQN達「えっ」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/07(金) 16:38:06.47 ID:s6sXGSdb0
女3「わー久しぶり」

女2「おひさ」

女「ひさー」

DQN達「また増えた・・・」

女4「あれー女に女2に女3じゃない」

女5「そういうお主は女4!」

女6「女6登場!」デデンデンデデン

女7「ヒャッハー!」

DQN 達「」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/07(金) 16:41:31.96 ID:s6sXGSdb0
そんなこんなで
DQN×9「・・・・・・」
女×300「・・・・・・」

DQN 8「じゃ、じゃあそういう事で!」ダッ
女144「まあ待ちなさい」ガシッ
女99「溜まってるんでしょぉ?」
女203「お姉さん達が解消してあ・げ・る☆」
DQN4「あわわわ・・・」

DQN1「こ、殺される・・・」
女6「大丈夫よ~ちんちん切れたら開放してあげるから~」
女180「出なくなったら、でいいざますよ」
女19「はちみつくまさん」

DQN9「俺童貞なのに・・・」
女44「童貞とか大歓迎アル!」ハァハァ
女231「わ、私も」

DQN3「俺なんか彼女いるのに・・・」
DQN7「何しにきたんだよお前・・・」

女269「も、もういいかナ!!は、早くバラバラにしてええ!!!」ギュイイイイン
女107「おしっこいっぱい飲ませてね!」
女85「gkmgopき34px1rなm4.e」
DQN達「いやだあああああああああああああ」

女全員「んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
DQN「うわああああああああああああああ!!!」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/07(金) 16:44:38.38 ID:s6sXGSdb0
長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にあ りがとうごさいました!
パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆 さんのおかげです(正直ぎりぎりでした(汗)
今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーン における表現等、これまでの自分の作品の中で は一番の出来だったと感じています。
皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、ど のような感情に浸れたのか、それは人それぞれ だと思います。
少しでもこのSSを読んで「自 分もがんばろう!」という気持ちになってくれ た方がいれば嬉しいです。
長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き 本当に本当にありがとうございました。
またいつかスレを立てることがあれば、その時 はまたよろしくお願いします!ではこれに て。



SS (スモールエス) 2011年 09月号 [雑誌]