kagakunojikan

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:31:37.57 ID:0j0DmQ/f0
ある日、彼からムービー付きのメールが届く。
見てみると自殺する内容だった。

縄に首をかけ首を吊り苦しそうにもがいて彼は逝った。
そこでムービーは終了。



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:33:01.78 ID:BtdGKy2h0
いまどきのケータイって大容量の動画も添付できるの?


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:34:31.54 ID:/VdZhIqrO
>>1
ってことはその彼は死んだのか・・・


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:51:55.60 ID:oyHb5Xko0
亀だが>>5
その動画を添付して送信したのは一体誰だ?


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:53:05.75 ID:flFUJhar0
>>49
撮り終わったら自動送信するツールで送った


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:35:26.44 ID:0j0DmQ/f0
高層マンションに住んでいる男性の話。

彼は14階に住んでいるためエレベーターは必須。
夜中に帰宅した時、エレベーターに乗り14階のボタンを押しました。
ドアが閉まり動き出したところ、8階のボタンのランプが点灯しました。

『あぁ、誰か乗ってくるのか・・』
そう思った直後、慌てて2階3階4階5階とボタンを連打。
3階で止まってくれたので開きかけのドアをこじ開ける
勢いで外へ飛び出しました。

そのまま階段を駆け降り、朝までコンビニで立ち読みしていたそうです。


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:38:34.71 ID:n2iv5iZVO
>>6



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:40:00.16 ID:0j0DmQ/f0
>>11
普通、エレベーターが誰か乗る人がいる階で止まることはあってもボタンは点灯しない


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:42:50.93 ID:KhJrLwJhO
>>14いつも思うんだけどそのことより8階から乗って上の階に行く理由がわからなさすぎて怖い


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:13:24.29 ID:YsK9fYUg0
>>21
そう、俺も思ったわ。
8階から上りに乗る人=不審者だから逃げ出したのかと。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:38:53.49 ID:/VdZhIqrO
>>6
開きかけのドアをこじ開ける腕力


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:42:49.92 ID:8wwUNxmmO
>>12
あぁ なるほど


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:38:23.89 ID:0j0DmQ/f0
昔、地方から東京に引っ越してきた20歳の若い女性がいた。その女性が引っ越してきたのは木造2階建てのアパート。だいぶ古く、家賃が安かったのでそこにしたらしい。

東京に引っ越してきてから迷惑電話が来るようになった。毎日同じ時刻に固定電話に着信が来て、電話を受けるとすぐに切られてしまう。相手はどうやら非通知設定にしているらしく、誰が掛けているのかはわからなかったがある日たまたま番号通知でその迷惑電話が来た。

その迷惑電話に頭が来た女性はすぐにその番号に掛け直した。しかしなかなか相手が出ない。

ん。押入れから電話の着信音が…。


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:39:15.09 ID:0j0DmQ/f0
いつも解釈がわれるやつ



ある家族が妻の実家に遊びに行くため、田舎までのバスに乗った。
山のふもとあたりまできた時、
子供が「おなかへった」とだだをこね始めたため、
仕方なく途中のバス停で降り近くの定食屋で食事をした。

食事が終わり定食屋にあるテレビを見ると、
さっきまで乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが…

そのニュースを見た妻は、「バスを降りなければよかった…」と。
それを聞いた夫は怒ったが、すぐに
「あぁ、なるほど。」と妻の意図に気づく。


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:41:59.69 ID:mjCC2Khm0
>>13
もし家族が降車していなかったら時間差で落石事故を免れてうんぬん、ってことだろ?
解釈割れんのかこれ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:43:19.49 ID:0j0DmQ/f0
>>17
家族は心中しにいってる途中で、バスを降りなければ事故にあえて死んでたかもしれないという説もあったはず


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:47:27.98 ID:mjCC2Khm0
>>22
ちょっと深読みが過ぎる感じするね


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:32:45.17 ID:L/275DAe0
>>22
だったら父怒んねーだろ
深読み好きだな


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:42:51.00 ID:2ybhtjZ/0
>>13
一家が降りるために停車しなければ、落石のタイミングで崖の下を通ることもなかったから
っていうのが一般説だと思うけど、他にもあるの?


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:43:37.43 ID:BtdGKy2h0
>>13
これよく見るな
降りたからバスを遅らせてしまい落石へジャストミートってのが普通の解釈じゃないのか
もしくは妻が仮面ライダー説か


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:41:47.13 ID:0j0DmQ/f0
ある女性は東京の大学に進学が決まり、
東京に一人暮らしする事になりました。

生活を始めているうち、部屋に小さな穴があいているのに気づいた。
その穴は隣の部屋に続いていて、穴を覗いてみた。
穴の向こうは真っ赤だった。
「隣の部屋は赤い壁紙なのか」と思いつつ毎日、
女性は小さな穴を覗いていた。

いつ見ても赤いため、隣の部屋が気になった女性は、
マンションの大家に聞いてみることにした。
「私の隣の部屋にはどういう人が住んでいますか?」
すると大家さんは答えた。

「あなたの隣の部屋は病気で目が赤い人が住んでいます。」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:43:58.71 ID:/VdZhIqrO
>>16
ターミネーターだったのか


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:45:10.51 ID:BtdGKy2h0
>>26
KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:57:29.35 ID:5HM5NuT+0
>>16
こういう系は「ハァ?」ってなっちゃって怖くもなんともない
自分で壁紙だと断定しておきながら「毎日赤いので」てなんだそりゃ。

で、山小屋のやつは一日中閉じ込められてる間は何してたんだ
毎日毎日人が増えて飯も食わずにただ寝てるのにそんなになるまで気づかない
誰でもいいから話しかけろよ。
シャイか。


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:46:28.66 ID:0j0DmQ/f0
趣味は雪山に登り写真を撮ること

今日もいつもと変わらず山に登る
だが天気が悪化し近くにある山小屋で、回復するのを待つことに
山小屋にはもう一人赤い色の服を着た女性がいた
だがおさまる気配が無いため泊まることに

次の日起きると寝ている人が一人増えた
まだこの雪山で困っている人がいたんだ
とか思いながらおさまるのを待つ

次の日また一人増えていた
次の日もまたその次の日も

こんなに多いのはおかしいと思い、
持っていた写真のムービーモードで寝ている間を撮った

次の日確認すると、女の人が血だらけの人を小屋にいれて
布団に寝かしていたのである


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:50:05.63 ID:h+DR72360
>>33
意味がわからなくてもそのままで怖いんだが…


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:49:20.52 ID:0j0DmQ/f0
最近、パパが早く帰ってくるから嬉しい。
最近は学校から帰ると毎日家にいる。
いっぱい遊んでもらえるの。だから、とても幸せ。

この前は、パパとママとリサので洗濯物をたたんだ。
干してあるヤツをたたみ、押し入れにしまったの。
とっても上手にできたんだよ。だから、今は毎日やってあげるの。

こないだ学校から帰ったら、パパもママもいない。
退屈だからまた洗濯物をたたんであげた。
でも、パパとママのズボンはまだたたんでない。

いつもと違い部屋に干してあるけど、いくら引っ張っても取れない。
ズボンにくっついてた靴下は取れたんだけど。
だからまだ部屋にぶら下がったまま。


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:51:12.51 ID:toAHMNQd0
>>38どゆこと?


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:51:23.34 ID:E0zc90Ph0
>>43
くびつり


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:50:04.42 ID:0j0DmQ/f0
とてもやかましい店だったため、
耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。
ところが耳の奥に詰め込んだため抜けない。
耳掻きで取り出そうにも隙間がない。

知人が勤めるある企業の研究室を訪れた。
以前、実験用に超強力な電磁石があると聞いたから。

知人は呆れ返り「簡単に抜けるから、大丈夫」と言う。

装置の磁石の所に、右耳をつけた。電磁石のスイッチを入れる。
言葉どおり、磁石は超強力で、瞬時に磁石に引き寄せられた。
その後、カキーンカキーンという衝突音が研究室に響き渡ったのである。


44: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/12(月) 23:51:17.94 ID:swr4lpUx0
>>40
いやあああああ


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:52:51.96 ID:0j0DmQ/f0
少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
少女は泣いていました。

「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚ますと、いつものようにお母さんと
お父さんとお兄ちゃんがいました。
少女は後悔する。

その夜、再びお星さまは少女の目の前に現れた。
「気に入ってもらえたかな」
少女は言いました。
「昨日のお願いを取り消して」
お星さまは言った。

「一度叶えたお願いは取り消せない」と。
少女は泣きました。


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:54:14.24 ID:QMFt7htY0
>>51
義理の家族なんだっけ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:55:09.53 ID:BtdGKy2h0
>>53
義妹とか興奮するやん


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:54:25.03 ID:0j0DmQ/f0
出かける準備をし終わったとき、
顔を洗うことを忘れていたことに気づく。

洗面所の水を流しながら、洗顔を始める。
いざ石鹸を洗い流そうと、手探りで水を探す。
手に水が当たらない。

泡が目に入るのをこらえ、蛇口を探す。
やっと見つけることができ、顔を洗い流すことができた。


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:06:49.57 ID:/WTgVRc10
>>55
わかるやついる?


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:08:13.42 ID:17yWkzbsO
>>67
水を流しながら顔を洗ってたのに
流す時は水が止まってる


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:58:17.49 ID:+347L72l0
公衆便所に入った。
和式だった。
和式は嫌いだ。
でも仕方ないのでしゃがんでみると、目の前に落書きがあって【右ヲ、ミロ!!!】と指示された。
なんだコレ?と思って右の壁を見ると【左ヲ、ミロ!!!】とあって、私はずいぶん命令口調だなぁ・・・・などと思いながらもその通りに左を見てやると今度は
【上ヲ、ミロ!!!】というのでおそるおそる天上を見るとそこには物凄く大きな赤い文字で
【ウシロヲミルナ!!!】と書かれてあってドキッ!としました。
怖かったのですが、ゆっくりとウシロに振り返ってみると・・・・・
特に何も書かれてなくて安心しました。


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/12(月) 23:59:12.72 ID:OzHr+0v40
>>59
上を見ろって書いてあったのではなく言われた


486: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/13(火) 04:19:37.71 ID:Ha6BMcys0
>>59
これは最終的に便器の中を見るなという話だと思うんだ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:00:32.61 ID:8kTJUvjk0
3人の兄弟が山登りに行って遭難した。
夜になって、「このまま死ぬのか?」と思ったとき、1件の民家が見えた。
助かったと思い訪ねてみると、その家には娘と、めちゃくちゃ怖そうな親父が住んでいた。
「よそ者は泊めない」という親父を、「かわいそうだから」とその娘が説得し、
物置小屋に一晩泊めてもらう事に。
しかし、その娘のあまりのかわいさに目がくらんだ3人の兄弟は、夜中にトイレに
起きてきた娘に襲いかかった。
しかしすぐに親父に取り押さえられ、「お前等、全員殺す!!」と日本刀を抜かれた。
だが兄弟らは土下座して必死に謝った。父親は、「ここは山奥で食料も少ない。
山から食料を持ってきたら、山のふもとへ抜ける裏道を教えてやろう」と、条件を出した。

3人の男はすぐに小屋の近辺を探した。
はじめに戻ってきたのは、長男だった。長男は、山ブドウを持ってきた。
それを見た父親は、「それをにケツの穴にいれてみろ」と言った。
長男は言われるまま、1粒のブドウを自分の肛門に入れた。
そして長男は裏道を教えてもらい、無事山を降りた。
次に、次男が大きく実った栗を沢山抱えて戻ってきた。
父親は同じように肛門に入れることを命じた。
次男は必死に頑張って、栗を肛門に入れ始めた。
もう少しで入るという所で、次男は何故か笑ってしまい、栗は穴から
いきおい良く飛び出した。
次男は、そのまま父親に殺された。
次男は見てしまったのだ。
嬉しそうに、スイカを抱えてこちらに走ってくる三男の姿を・・・


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:03:57.64 ID:RqvC8O280
>>61
笑い話じゃねーかwwwwwwwww

・・・だよな?


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:10:23.01 ID:8kTJUvjk0
>>65
でも考えて欲しい
死ぬかもしれない場面で血の繋がった実の弟がスイカ持ってきたら
普通は笑えないだろう


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:02:40.86 ID:8XI1mKX+0
こないだ、地元である上野で同窓会があったんだ。
中学の頃虐めてきたヤツが隣でさ、昔の事だし忘れて飲もうぜ!ってなったんだよ。
楽しかったわ。そいつは結婚して子供も出来たらしい。嬉しそうに教えてくれたよ。

そいつがベロベロに酔ってしまったから、終電もないし寝れる場所として、近くのサウナに連れていってあげた。
4、5人に介抱されてるのを途中まで見てたけど、満足して帰った。


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:17:00.76 ID:8iSV6uL50
>>64誰か


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:21:18.81 ID:Gw5hSc0cO
>>64の話は、語り手といじめっ子02人で飲んでいたら、途中でいじめっ子が酔い潰れたので語り手がサウナに置いてきた。そこで4、5人の男に介抱(アーな事かな)されたって話


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:12:14.00 ID:3vjPIo3b0
出かける準備をし終わったとき、
顔を洗うことを忘れていたことに気づく。

洗面所の水を流しながら、洗顔を始める。
いざ石鹸を洗い流そうと、手探りで水を探す。
手に水が当たらない。

泡が目に入るのをこらえ、蛇口を探す。
やっと見つけることができ、顔を洗い流すことができた。

【解説】
水は流したままのはずなのに…
誰かによって蛇口が閉められたことになります。


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:13:53.24 ID:8kTJUvjk0
>>76
これはあれだろ
蛇口の前に手出すと自動で水出てくるタイプなんだろ


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:15:02.13 ID:/WTgVRc10
>>79
それちょっと考えた


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:13:21.26 ID:3vjPIo3b0
解剖学のテストで98点をとった。

友人のおかげだ。
帰ったら真っ先に報告しよう。


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:16:11.79 ID:exO8wsjN0
>>77
墓前に報告か
これ初めてみたかも


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:17:56.22 ID:8kTJUvjk0
普通に勉強教えただけかもしれないイマイチだな>>77


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:13:23.46 ID:jD7CTDOG0
ゴミ屋敷ってあちこちにあるよね?実は俺も、ゴミ屋敷の住人の一人だったんだ。
俺の場合きっかけは、ひとつの粗大ゴミ。その上に、集めてきたゴミをどんどん積み上げていったんだ

周囲の人が不審に思い騒ぎ出したのが、集め始めて2ヶ月ぐらいかな?その頃には、もう部屋はゴミで埋まってた。
そのうち猛烈な悪臭を放ちだした。当然誰も近寄ってすらこない。
町内会から時々苦情言いに来るけど外で怒鳴ってるだけ。
そうすると今度は、TVのレポーターがやって来たりする。
近所の奴は取材に応えて、好き勝手言いやがる。
やれ借金まみれで自暴自棄になってるだの、奥さんに逃げられてからおかしくなっただの・・・
誰も俺の気持ちなんかわからないくせに。

騒ぎが大きくなって全国に注目されてきたころ、一つの事件がおきる。そう、俺の家が火事になる
俺は外出してるから無事なんだけど、家はもう跡形もなく燃えてしまう。
ゴミが腐敗して自然発火とか、放火されたとかいわれるけど、まともに現場検証すらしてもらえない。
まあ俺は嫌われ者で、ゴミだらけだったんだからしょうがないし・・・むしろ都合がいい

ゴミ屋敷が燃えたことをきっかけに俺は他所へ行って、小さなアパートでも借りて普通に暮らしていく。
第二の人生っていうのかな?
もちろん、もうゴミなんか集める気もないし必要も無い。

世の中のゴミ屋敷って、大体こんな感じじゃないかな?


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:14:34.74 ID:Eedkj2YL0
>>78
死体を隠してたんだっけ


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:28:55.34 ID:rw1RUC0o0
>>78
奥さん燃えたな


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:21:00.42 ID:3vjPIo3b0
何を食べるの?と聞くとその子はいつも数字で答える。
興味が沸いた私はその子を引き取った。
肉を食わせると『18』、野菜は『24』と答えた。意味がわからなかった私はその子を家に帰した。
後日その家を尋ねると、その子が出てきたので何を食べたの?と聞くと『64』と答えた


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:22:38.72 ID:l4BlUlf80
>>90
パパ?


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:23:36.07 ID:Gw5hSc0cO
>>90教えて


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:25:06.59 ID:3vjPIo3b0
>>94
肉=2*9
野菜=8*3*1


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:26:45.82 ID:3vjPIo3b0
大介、イタリアの生活はどうですか。お母さんはフツウ。
守護神ジス様のおかげで、元気です。お医者をだまして何でも食べちゃう。
隣人達めケッコウ気さくでいい人ばかり。安心しれ。明日は仕事で、皆
船が来るて、喜んどる。毎日楽しいです。給料でるし飯も固くない。
ね、ね!!病棟生活だからって悪いことないわ、わりと私にはいい老後です。じゃね。


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:29:42.03 ID:5EZZMjFE0
>>102
245行目を縦読み


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:34:04.47 ID:l4BlUlf80
>>111
わかんない


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:34:49.67 ID:3vjPIo3b0
>>115
あいぽんだとわかんないかもな


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:36:07.44 ID:l4BlUlf80
>>118
あいほんだ。無理なのか…残念


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:57:42.23 ID:m0AQg6H80
>>123
iPhoneでも指二本で画面触れば文字小さく出来るぞ


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:58:44.17 ID:E0QxgPtK0
>>123
AA表示使えよ


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:27:34.47 ID:3vjPIo3b0
帰宅するとポストに手紙が入っていた。
『よんるいのまえきんおろす』 文の下には「文字から2を引く」とヒントらしきものが書かれていた。
少し考えたが面倒くさくなりそのまま寝ることにした。
翌日、僕は遺体で発見された


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:37:57.12 ID:l4BlUlf80
>>105
だれかこれ教えて


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:38:38.65 ID:3vjPIo3b0
>>129
全部ローマ字になおして「ni」を取る


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:39:59.84 ID:l4BlUlf80
>>130
なるほど!ありがとう


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:28:13.18 ID:3vjPIo3b0
少女が公園で遊んでいた
母はそれをしばらく見て先に家に帰った
夕飯時になりその子が家に帰ってきた
しかし左目を痛そうに擦っている
母が「どうしたの?」と聞くと娘は
「公園の砂場で目が砂に入っちゃって取れないの助けて」と言った


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:35:10.23 ID:E6HtLpK+0
>>107
なにこれ


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:35:32.20 ID:3vjPIo3b0
>>121
少女の言葉をよく読め


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:37:03.77 ID:E6HtLpK+0
>>122
うわあああああ


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:28:15.53 ID:8u+Ukbbt0
正直、「あーこれ狙ってんなー」ってのが多いから、いかに捻くれた解釈するかってゲームにしかならんよな


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:29:32.68 ID:jD7CTDOG0
「ママ、今から帰るからね」
「うん、わかったー」
「ちゃんとお留守番してた?」
「うんー」
「ケーキ買って帰るからね」
「うんー、あ、誰かきたー」
「宅急便屋さん?」
「待っててー」
「行かなくていい!」
「おまわりさんだったー」
「開けちゃダメ!」
「もうここにいるよー」

10年後、母とはまだ会えていない。
私から母を奪ったこいつらを、私は許さない。


137: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2012/03/13(火) 00:42:49.01 ID:XxBwB5bE0
>>110
これ意味わからなくても普通に怖い


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:33:46.73 ID:EgaqMWyn0
俺の兄貴から聞いた話だ
下斗米っていう変質者が学校の近くをうろついていたらしい
そんで、なんで変質者ってわかったのかっていうとな
そいつ、夜な夜な、独りで出歩いてさ
道行く人々に「売れてますか?売れてますか?」と声をかけてくるんだ。
みんな気味悪がってたんだが、特に害は無いし取り合えずみんな相手にしないでいたんだけど…
兄貴らの仲間内で、「アイツからかって遊ぼうぜwww」って話になったらしい
兄貴の仲間は100人を超える怖いものなしだった
兄貴は反対したんだけど、みんな乗り気だから仕方無く参加したんだって。
そして夜中の2:00頃かな、学校近くでふらふらうろついてる下斗米を見かけたらしい
その瞬間下斗米が輝き光りだした
気がついたら、兄貴は目を覚ました。
そう下斗米は朝日だったのだ・・・暖かい存在だったのだ・・・


380: 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2012/03/13(火) 02:50:36.34 ID:FZRbtzlt0
>>114
いみふ


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:34:40.48 ID:Y0BNW2GT0
ある日中学校で、顔についてる細菌を観察しようという授業があった。
先生が一人の少女の細菌を見た後、その少女はこっぴどく怒られた。


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:35:06.78 ID:3vjPIo3b0
>>117
せいし


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:42:43.80 ID:3vjPIo3b0
友「本当にごめんな」

俺「おいやめろって!」

友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」

俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」

友「…ありがとう………」

俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」

友「本当にありがとう…あと、その…なんていうか…」

俺「ほら、晩飯の残りで良かったら食ってけよ」

友「ありがとう…」

俺「…なに言ってんだよ。それに、俺たち親友だろ?」

友「実は自殺しようと思ってて…お前がいなかったらもう…」

俺「そんなに気にすんなよ」

友「こんな夜中にごめんな」


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:45:05.02 ID:exO8wsjN0
>>136
したから読むってやつ?


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:46:32.34 ID:3vjPIo3b0
>>138
そう


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:46:50.80 ID:+vzxFril0
>>139
下から読んでもわからない・・・


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:51:06.40 ID:Y4kpSSHv0
>>140
>俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」
→友(に…?20万もあるのか!なら全部よこせ)


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:51:55.59 ID:+vzxFril0
>>146
理解した。


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:47:22.42 ID:3vjPIo3b0
親友に彼女を奪われた。ビルの屋上で花火観賞をしていた。
「あいつを奪うみたいになって悪かったな」
『しょーがない』
「怒ってないのか?」
『別に。あいつがお前を選んだだけ』
「なら良かった」
『あいつが待ってるから早く行けよ』
「ありがとう。応援してくれ」
俺は親友の背中を力強く押した。


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:51:22.46 ID:NvQs2N5QO
>>141
物理的に押したのか?


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:52:07.21 ID:3vjPIo3b0
>>147
うむ
屋上あたりかな?


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:16:35.22 ID:r0D6Hp+N0
>>141
ただ突き落とすだけだと単なる不意打ちになるし
親友を選んだことで何らかの理由で彼女が死んだとも考えられる
そして後を追った、手助けをした


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:48:09.91 ID:vSUeQCt00
 俺が一人暮らしの家でゴロ寝しながらテレビを見てると、女友達の一人から電話がかかってきた。
その女友達の名前はA子にしようか。A子は、今日は彼氏と一緒にドライブデートを楽しんでいるとの事だった。
ドライブデート中に電話してくるとは余程暇だったのか、と思ったがA子の声はなぜか焦っている。
A子はてんやわんやな口調で俺に事を説明した。どうやらA子の彼氏がドライブ中おかしくなってしまったらしい。
A子の彼氏は俺の友人でもあったのだが、そんな感じの冗談をする奴でもない。俺も少し不審になった。
A子によると、彼氏は何もしていないのに突然笑い出したり、ラジオの砂嵐の音をずっと流しているらしい。
確かに電話越しからも砂嵐のような音が聞こえる。俺はA子に今どこにいると聞いた。
A子は「よく分からない...」と不安げな声で言う。窓から何が見える、とA子に聞くと
「暗くてよくわからないけど、雑木林がたくさん。」と言う。俺はますます大変な事になったと思った。
A子は「どうすれば元に戻るだろう...」と焦りながら何度も言っていた。このままではA子の精神も危ない。
すると突然電話越しに彼氏の狂った笑い声がゲラゲラと聞こえてきた。むせび泣くような笑いだ。
笑い声は次第に大きくなっていく。A子が、もうやめて、と繰り返す。狂った笑いは一向にやまない。
いきなり車のブレーキ音がして、ガタンッと衝撃音がする。携帯を地面に落とした音だ。
この世のものとは思えない狂気を帯びた笑い声が、段々と猛獣のような息遣いに変わっていく。
肉食獣を目の前にしたような緊張が電話越しにも伝わる。A子も声を上げることができないでいる。
その時突然、プー...プー...と電話が切れた。俺は一瞬呆然としたが、直ぐに警察に通報しなければと思った。
110番にプッシュ使用とした瞬間、携帯が鳴った。俺の友人でもあり、A子の彼氏でもある。アイツだ。
背筋に寒いものが走る。出たくはなかった、しかし出ないわけにはいかない。俺は通信ボタンを押した。
「おーもしもし?今から飲みに行かない?」俺はさらに恐怖した。その口調が平常のヤツと変わらなかったからだ。
「お前...今どこにいるんだ...?」俺は恐る恐る聞いた。「えっ今日はずっと家だけど?」
「お前A子とドライブに行ったんじゃないのか?」俺は不審がって聞いた。
「えぇ?ドライブデートは昨日行ったばっかだよ。でもアイツよく一人でドライブ行くからな。」


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:02:15.08 ID:gn/CMvdt0
>>143
がわからん
仮に彼氏が嘘ついてるとしてもA子がおかしいとしてもA子が誰かに拉致られてるとしても
もっとパっとする爽快な答えがあると信じてる


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:07:52.94 ID:m0AQg6H80
>>143
これの解説頼む


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:13:31.46 ID:vSUeQCt00
>>182
A子が犯人。
ドライブしているのは彼氏ではなく、A子がどこかで拾った男。
A子が電話した理由は誘拐した奴がおかしくなったからもとに戻す方法を聞くため。


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:50:15.07 ID:3vjPIo3b0
双子の幼女が誘拐された。
双子はガムテープで目と口を塞がれた。

犯罪者は
姉の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。」

犯罪者は
妹の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら姉を殺すよ。」


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:53:26.04 ID:nCoz5leK0
>>145の解説だれか


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:55:08.17 ID:3vjPIo3b0
>>151
なぜ双子なのに姉と妹を見分けられたか?


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:55:31.50 ID:HSZUl57l0
>>151
双子を見分けられるということは肉親


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:57:36.03 ID:FTurl5w60
>>151
双子で見分けがつかないはずなのに妹と姉の区別がついてる
よって身内の犯行


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:52:06.49 ID:j+J3HWEY0
ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
目の前をおばさんが通る。すると男は
「豚」
と呟いた。
私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」
あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
「牛」
と呟いた。
牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
「野菜」
と呟いた。
野菜?豚の間違いだろ?
私は家に帰り考えた。
もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
私は能力を身につけた。
それは期待するものとは違っていた。
ただ単に、その人が直前に食べたものだった
私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:54:08.09 ID:+vzxFril0
>>149
人食ったのね


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:54:11.93 ID:rhQEnnmU0
>>149
レクターからディナーに招待されたのかもなwww


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:55:19.79 ID:jD7CTDOG0
「それにしても、あなたS君と付き合い始めたってだけで、女を敵に回してるっていうのに…
 ちょっとは自覚持ちなさいよ」
「あはは、この連休は彼と別荘地で二人きりなんて、皆にバレたら殺されるかもね」
「まったくもう…」
「しかも避暑地だから、夏が過ぎたらもう誰もいないの!いいよぉ、二人だけの世界って感じ?」
「もうシーズンオフみたいね、うるさいくらい鈴虫鳴いてるのが聞こえてるわよ」
「あ、聞こえる?そうなのよ、そっちはまだでしょ?ここはもう秋よ」
「まぁね…ところで、変な人とか熊とか気をつけなさいよ」
「大丈夫だって、携帯も通じるし」
「あ、ちょっとまって背中かゆい…ごめん、片手包丁でふさがってるの」
「ごめん、これから料理するところだった?」
「まぁそんなところかな、いいの、もう半分は済んだから」
「忙しいときに電話しちゃってごめんね。なんか彼の帰りが遅いから寂しくなっちゃって」
「いいのいいの、じゃまた後でね」


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:04:05.95 ID:gn/CMvdt0
>>157
これ前鈴虫の鳴き声は周波数の関係で電話じゃ聞こえないって言われたけど
ホンマか?


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:05:34.29 ID:/WTgVRc10
>>174
鈴虫の鳴き声は4000Hzかなんかで3400Hzまでしか電話では聞こえないって
どっかにかいてたと思う


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:06:03.73 ID:/WTgVRc10
>>177
0一つ多いかも


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:57:57.00 ID:3vjPIo3b0
とあるレストランでペット同伴ができる高級レストランに行った
ペットはレストラン側があずかってくれるようでペットの犬を預けることにした。
料理はどれも美味しかった、特に肉料理が最高だった。
帰るときに犬を返してもらおうとしたらウェイトレスから犬に付けていた首輪だけ返された


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 00:59:13.20 ID:FTurl5w60
>>164
ワンコ…( ;´Д`)


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:00:56.77 ID:E6HtLpK+0
>>167
ウンコに見えた


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:04:21.25 ID:5AuG6RqF0
あるところで時間無制限で終わるまで続けられるボクシングの大会が行われた。
この大会はトーナメント形式で行われた。
修行の成果が如実に現れ、俺は順調に勝ち進み、ついには決勝まで勝ち進んだ。
無論、今までの勢いに乗り決勝も俺が勝った。
優勝者の俺は表彰台に上がり賞金と金メダルを手にした。
となりで、奇しくも二位だったやつが銀メダルをもらっていた。


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:06:42.04 ID:NvQs2N5QO
>>175
説明を…


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:09:48.85 ID:5AuG6RqF0
>>175 時間無制限で終わるまで続く=殺し合い


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:11:10.76 ID:gn/CMvdt0
>>175
トーナメントで 対戦相手 じゃなくて 奇しくも二位 って書いあって
決勝の対戦相手殺したか
自分がパンチドランカーになって決勝の相手が2位になるのも判らなくなったか
どっちかだな


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:12:12.15 ID:c1GfpmVf0
>>175ってまぁ殺し合いだったってことなんだろうけど
正直意味がわかると怖いというより日本語不自由なヤツが書いた文章だから
分かり難くなっているだけという感じがするわ


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:09:43.44 ID:6fQBXrNJ0
:2008/02/20(水) 12:56:16 ID:GuKvacf/0
ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった。早く終わらせて帰ろうと思い急い でいたら一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた。
その絵はとても綺 麗な女の人の肖像画だったが少し不気味で目に特徴があった。
とても大きな瞳でこっちをみている気がした。なんだか怖くなり急いで掃除を 終わらせ帰った。
次の日学校は大騒ぎになっていた。例の美術室の絵が盗まれたのだ。
最後に絵 を見たということで僕は美術の先生にいろいろ聞かれた。

「なるほど掃除をしてた時にはちゃんとあったんだね」

「間違いないです、あの絵は高価なものなんですか?」

「あれは『眠りに落ちた美女』

て描いたものなんだ、特に価値はない。最も画家も娘ももうこの世にいないけ

「そうなんですか・・・」


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:12:15.41 ID:BymvbFVZO
>>188
なんだよ不自然なスペースとか途中で途切れた文とか
こうゆうの割とビビるわ


203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:15:44.11 ID:FTurl5w60
>>188
眠りに落ちた少女なのに目があいてた


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:15:15.09 ID:gn/CMvdt0
8月13日晴れ
ママと買い物に行ったの
梅干しを買ったの

8月14日晴れ
ママとパパが赤かった。マキは青かった。
ママとパパ寝ちゃったのかな。マキもねちゃおうっと。

8月15日晴れ
みんな何言ってるの?
どうして、どうしてなの

8月16日曇り
みんなひどいよ
マキの誕生日が今日だってこと忘れちゃったの?

8月16日晴れ
マキかしこくなったの
マキの誕生日は今日なの

こういうのキボンヌ


214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:20:06.10 ID:8kTJUvjk0
>>201
わからん


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:20:59.19 ID:m0AQg6H80
>>214
両親が血まみれだったとか


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:22:39.85 ID:c1GfpmVf0
>>217
青ってのは何?


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:24:42.42 ID:m0AQg6H80
>>220
血まみれの両親をみて青ざめてたか、殺されなかったが首でもしめられたかかな?


227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:23:37.89 ID:O+1IlXDc0
>>214
海外旅行の話じゃなかったっけ?


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:26:22.68 ID:gn/CMvdt0
>>227
一説によると 海外に行った時の故郷に対する哀愁の念を知り尽くしている両親が梅干しを購入して
大人用の青いパスポートを取得し、娘には子供用の青いパスポートを
そして誕生日に日付変更線超えて娘は日本の感覚で日記書いてるから誕生日祝ってくれね 何だこのクソ親と思ったが
日付変更線の事を教えて貰って一つ賢くなったって説もあるにはあるけど


俺は妊娠した母親が誕生日に娘を殺して~ って説を支持する
赤と青は遺伝子のモデルのアレ


209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:18:51.77 ID:6fQBXrNJ0
2 名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2006/07/11(火) 07:21:22.09 ID:s0QOTntD0

変態が8歳の女の子を森深くに連れて行きました。

女の子は 「こわいよーこわいよー」といいながら泣き出しました。

変態は

「こわい?俺は一人で帰るんだから、もっと怖いよ。」


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:25:01.58 ID:r0D6Hp+N0
>>209
良くて置き去りwww良くて・・・


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:21:08.19 ID:6fQBXrNJ0
656 :sage:2007/07/31(火) 01:56:01 ID:3ZXo0yzZO
とある有名な廃屋にきています。

ここはガチでヤバいらしく、失踪者が何人も出てるらしい。

そんなところに一人で凸。男じゃないか。

…って一番奥の部屋まできたけど別に何もねー。

ん、壁になんか書いてあるな。

「正下」

何これ?しょう…げ?


219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:21:48.26 ID:3vjPIo3b0
>>218
わからん


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:22:57.96 ID:MPUmvXsR0
>>219
失踪者の数だと思う


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:23:10.44 ID:IwWirXCi0
>>219
失踪した人数じゃね?
正の字書いて数数えるじゃん


230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:24:41.82 ID:3vjPIo3b0
>>225
なるほど!でも誰が書いてんだろ


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:25:20.52 ID:c1GfpmVf0
>>225
んー…つまりその廃屋は連続殺人鬼の住処か何かで
殺した人数を犯人が壁に書いてたってこと?


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:25:24.26 ID:yQoquLAd0
7年ほど前の正月休みに両親と静岡市のカズ実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなりキングカズが 玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わないイタリアンないでたちで。
カズが「俺いつもの~」と言って二階へ上がろうとすると、 店内にいた高校生集団が
「カズさん!」「カズさんかっけー!」
などと 騒ぎ出しカズが戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達がカズの母校静岡学園のサッカー部だとわかったカズは いい笑顔で会話を交わしていた。
そしてカズは「またな~」と二階に上がっていき、店内は静かになった。
私と両親はカズの気さくさとかっこよさに興奮しつつ 食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと
店員さん(カズ妹)が 階段の上を指差しながら
「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。
あれには本当にびっくりした。


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:27:37.16 ID:exO8wsjN0
>>236
これって怖い話なの?


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:29:38.12 ID:MPUmvXsR0
>>244
勝手にカズにツケた妹が怖いんじゃない?


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:30:43.32 ID:exO8wsjN0
>>251
なるほどwww


237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:25:51.34 ID:6fQBXrNJ0
198 ::2007/08/07(火) 18:54:34 ID:lvlPOJN+0
「都市伝説ってやっぱガセなんだってな」
「え?例えば?」
「ほら、富士山の樹海では方位磁石が狂うってやつ」
「ああ、あれはホントだよ。俺迷った事あるから」
「マジ?よく生きて出てこられたな」
「運良く、まっすぐ歩いて入ってきたって人に会ってさ。教えてもらったんだ」


250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:29:27.27 ID:r0D6Hp+N0
>>237
木々が邪魔で真っ直ぐ来れるわけない、幽霊?ってことか?


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:30:32.45 ID:UCGA4JOF0
>>250
単に自殺するつもりの人でいいでしょ


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:31:28.82 ID:6fQBXrNJ0
「宜保愛子って知ってるか」
「ああ、昔よくテレビ出てたなあ」
「そうそうテレビだけでなく雑誌からなんから色々出まくってたよな」
「まあ今の若い連中は知らんだろうが」
「で、そんな宜保愛子が唯一出られなかったのがあるんだ」
「え、何?」

「あなたの知らない世界」


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:37:30.44 ID:gn/CMvdt0
・12/15
さて、何を書くものか。
誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。
両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、
その妹は今年の春から留学中。
帰ってくるのは3月だ。
というわけで今年の冬は一人で生活。
暇だから日記でも書いてみる。
ちなみにこれは妹が去年のクリスマスにくれたノート。
ツリーの絵が描いてある。
ん…意外と書くこと無いな。
今日はもう寝ることにする。
妹、おやすみ。

・12/16
ペンは持ってみたものの書くことが無い。
妹との思い出を書こうとしても、なかなか手が動かない。
本当に俺って妹がいないと何もできないんだな。
妹に会いたい。

・12/17
今日は友達に合コンに誘われた。
なんでもクリスマスに合コンをやるらしい。
妹に言ったら怒るだろうか?

・12/18
ふと俺を叱る妹の顔が頭に浮かんだ。
「もう、お兄ちゃんったら!しっかりしてよね!」
ってまた言って欲しい。
絶対に言ってくれないけど。


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:38:01.22 ID:gn/CMvdt0
・12/19
妹から電話が来た。
合コンのことを話したら
「別に…いいんじゃない?勝手にすれば?」って言われた。
気にしてるのかな。
かわいいやつだ。
もちろんおれは行かないぜ。
妹に会いたい。

・12/20
妹に去年のクリスマスにあげたプレゼント。
今は俺が大事に使ってます。
そういえば今年は妹にプレゼント買わないからお金が結構あまってるな。
はぁ…
妹に会いたい。

・12/21
妹に会いたい。
正月には帰って来ないらしいから会うのは3ヶ月以上先か。
お金たまったしアメリカ行きてぇなぁ~。

・12/22
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。


271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:38:21.90 ID:gn/CMvdt0
・12/23
妹から電話が来た!!!
送り主不明の人からクリスマスプレゼントが届いたって驚いてた(笑)
サプライズとかお兄ちゃんさすが。

・12/24
決めた!おにいちゃん妹のところに行きます!
俺、妹がいないと無理だ。
ということでこれが最後の日記です。それでは!

・12/25
メリークリスマス!妹から電話が来た。
クリスマスパーティをやったんだそうだ。
そして妹は急遽、日本に帰宅するらしい。
あやうく俺がアメリカに行くところだった。
妹はお年玉がそんなに欲しいのか?(笑)
それとも俺に会いたくなったか?
かわいいやつだ。お年玉たくさん用意して待ってるからな。

・12/27
…信じられないことがおきた。
日本に向かう飛行機が墜落したそうだ。
死体が握り締めていた俺からのプレゼントの財布の中身で身元が判明したらしい。
二日おきに書いてきた日記も今日で最後にする。
ページはまだ残っているから悲しみから立ち直ることができたら、
来年の12月に妹との想い出でもつづろうと思います。


275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:40:16.04 ID:NvQs2N5QO
>>271
これ27日がないとわからんな


272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:39:53.03 ID:6fQBXrNJ0
飛行機にて

「お客様の中にお坊さんか神父様いらっしゃいますか?」


278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:40:48.60 ID:3vjPIo3b0
>>272
死人が出た?


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:43:54.65 ID:6fQBXrNJ0
>>278
「これは駄目かもわからんね」


282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:43:01.03 ID:gn/CMvdt0
俺はいつも三人の友達とふしぎな遊びばかりしてた。宇宙ごっことか心霊の遊びとか。
北斗七星を見ては宇宙にお前らと一緒に存在してることに感動したりしたよな。
海へ遊びに行くときには、たらふくイカ焼き4人前食った大輔が車で吐いたよな(笑)
十分楽しかった。なにくわぬ顔で俺に教えてくれたあの言葉の意味・・。過去をばかり思いだす。
学校でテストがあったんだ解けない問題は1つもなかった。和美と大輔と啓太にカンニングさせたっけ。
小学6年の時には、神童とお母さんにいわれてたのに今じゃこいつらと同じ悪い仲間だね(笑)
2学期なっていろいろと、読書もするようになった友達達。俺も勉強いっぱいしてたんだよ本当は。
でも去年の成績は全然、俺らしくなかった。5問も間違ったのを大輔にバカにされた。
八月には、心霊スポットではしゃいで楽しかったらろ?あれは俺をバカにしたお前ら呪う為だったんだよ。
でも、そんな友達もみんな死んでしまった。9月のころ交通事故で。呪いが強すぎたんだね。みんなごめん。


513:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 06:54:50.68 ID:Eupk4GoTO
>>282
これは数字順に並べ変えたらいいの?


537:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 11:06:57.71 ID:S4imNUky0
>>513
そう
んである行を縦読み


283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:43:49.71 ID:3vjPIo3b0
「おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」


俺は、足下の台を蹴った。


288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:45:17.07 ID:FTurl5w60
>>283
一家心中の話だな


287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:45:01.18 ID:3vjPIo3b0
ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった
母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった
どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない
警察も半分諦めていた
1ヵ月後、諦めきれない親がとうとう最後の手段とも言える
アメリカで有名な透視能力者を大金を叩いて招いた
早速両親は娘が今、どこにいるのか透視して貰った
透視能力者は透視を始めた
何分か経って透視能力者は一言
「この子は元気ですよ」
この言葉に両親、親族は大喜び
さらに透視能力者は
「この子の周りには豪華絢爛な家具が見えるので多分、裕福な家庭にいる事が推測されます」
この言葉に両親、親族は多少の疑問を抱きながらも喜んだ
そして母親が核心に迫った
「娘は今、どこにいるのですか?詳しい場所を教えて下さい」と熱の入った口調で言った
透視能力者は一言こう言った
「あなたの娘さんは世界中にいます」


290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:46:23.85 ID:NvQs2N5QO
>>287
母親が誘拐犯?


292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:47:01.86 ID:MPUmvXsR0
>>290
バラバラにされて売られたんだと思う


306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:51:34.53 ID:3vjPIo3b0
「よう!久しぶり!」
「久しぶり…ゴホ!ゴホっ!」
「どうした?風邪か?」
「ああ悪性のインフルらしい。今、家で寝てるとこ」
「インフルかよ。物騒だな。気をつけろよ」
「本当最近物騒だよ。近所では通り魔事件が多発してるらしいし」
「何だそれ」
「何でも突然部屋に入ってきて後ろからロープで首をギュッ、といくらしい」
「何それ。気付くだろ。普通。まあ俺なら即返り討ちにしてやっけどな」
「返り討ち?言うねー、そんなマジキチ相手に?」
「余裕っしょ!」
「マジでか。でさ………ゴっ!ごほっ!ゴホっ!ゴホおっ!!」
「おいおい大丈夫かよ?」
「………わりい。大丈夫大丈夫。風邪ひどくなってきた」
「大丈夫か。声変わってんぞ」
「ああ…ところで今度お前んち行きたいんだけどさ。道教えてくんない?」
「おいおい。何回も来たことあるだろ?」
「忘れちまった。住所教えてくれたら行くよ」
「しょうがねえな。XXXX町XXXX番地な。もう忘れんなよ」
「わかった。今度必ず行く」
「じゃ安静にな」
「ああ」


312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:53:07.75 ID:jD7CTDOG0
>>306
話してる相手がゴッホ?


314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:53:54.51 ID:3vjPIo3b0
>>312
どんなぶっとび解釈だよ!
首締められてる


319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:57:03.84 ID:IwWirXCi0
>>306
これ電話で話してて友人は殺されて
犯人は友人のふりして自分を殺そうとしてるって話じゃないの?


308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:52:18.00 ID:j+J3HWEY0
一人の女の子がいた。性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。
また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。
しかし、おじいちゃんは今は入院しており、余命は長くなかった。
医師がもう残りわずかの命である事を伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。
病室で女の子の両親はおじいちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出て行った。
病室には女の子とおじいちゃんの二人。
女の子はおじいちゃんに、学校の事や最近楽しかった事などいろいろな事を話した。
しかし、途中で女の子は泣きながら
「おじいちゃんいなくなるの?」
と聞いた。するとおじいちゃんは
「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」
と言った。女の子は
「うん……でも死んじゃいやだよ」
とつぶやいた。
その後、女の子は家に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。
女の子はその日、わんわん泣いた……。
一か月後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜粋すると

「一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は斉藤加奈ちゃん」


315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:54:03.01 ID:FTurl5w60
>>308
かな、死んでくれるかい?


310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:52:21.29 ID:6fQBXrNJ0
741:sage:2007/10/28(日) 05:27:55 ID:19b/yJQB0
今コンビニ行ってきたんだけど怖かった。

こんな時間だから俺が入った時は店内には誰もいなかったんだけど
立ち読みしてたらなんか「座敷女」みたいな風貌の危なそうな女が入ってきてさ。
うわあ、とか思ってみてたらこっちに来たのね。だから急いで目を逸らして
さっさと買い物済まして店出たんだよ。
したらその女も何も買わずに出てきてさ、俺の後ろついてくんの。思わず早足 でアパートに向かったんだけど…。

そいつ、アパートの前までついてきたんだよ。

もう俺あせって、部屋の鍵開けるまで心臓バクバクだった…。 ほんとあーいう女いるんだな。

742 :sage:2007/10/28(日) 05:30:29 ID:19b/yJQB0
「座敷女」って何?やっぱり許せない

許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない
許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない許せない

許せない許せない許せない許せない許せない許せないお前らも許せない許せない許せない許せない許せない 許せない許せない許せない


320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:57:05.54 ID:r0D6Hp+N0
>>310
俺らも入ってるwww・・・・・・


321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:57:25.99 ID:6fQBXrNJ0
870 :sage:2007/11/03(土) 01:53:08 ID:g1cXraPV0
コレはとあるサイトで見たかなり怖い話なんですが。

「最近ある通り魔が某地方都市で有名になってるらしいです。

何故有名かというとその通り魔の犯行にはある特徴があって、絶対に被害者は 自分の家やアパートの玄関前で襲われているのです。
そして被害者の手には絶対に鍵が握られてるそうです。つまり・・・みんな家に入るホント直前で殺されているのです。

その殺された被害者は全員信じられない程歪んだ表情で息絶えているそうで、
遺族の方の中にはその表情を見て気が狂ってしまった人もいたとか。

多分被害者は死ぬ寸前に例えようの無い恐怖を感じたのではないでしょうか。

そして、恐らくその通り魔はそれこそを求めている。

家に着いたという安心、安息から一気に死の恐怖へ。迫る影。焦り。
震え。上手く鍵がさせない。さらに迫る影。こわばる表情、悲鳴・・・。

そんな被害者の変わってゆく様を至上の喜びにしているようなキ○ガイが未だに捕まってないのです。

だから、あなたも家の前まで着いたからといって決して油断してはいけませ ん。鍵を開けて中に入るまで決して・・・・。」

・・・って実はこれサイトで見た怖い話でもなんでもなく、僕がオリジナルなんです。ごめんください。


322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:57:42.62 ID:gn/CMvdt0
何かまあ聞いてくれ

俺の友人に東京消防庁の消防士と地元交番の警察官がいて、お互いにとても仲が良い。
そんな友人達の話なんだがこのまえ
久し振りに会って居酒屋で三人で飲んだんだ
消防「この前現場があってさ、親子が三人仲良く川の字になって
黒コゲで死んでんだよ。良く火事になったら落ち着いて逃げましょう、
なんて言うだろ?それは不可能なんだよね、
ガス吸うとまず体が動かなくなるわけ、
意識のある中でジワジワと焼かれていくんだ。
だからきっついんだろうな・・・」
警察「署で聞いたな、その事件放火じゃなかった?
ひでー事しやがる。最近俺も仕事で行ったよ現場。
駐車場で練炭自殺があってさ。マジやっぱりおっかねえ
、練炭なら苦しくないなんてのは大嘘らしい、顔が変だったもの」
俺「少し前硫化水素なんてのも流行ったな」
消防「あれも駄目、あっさり死ねるなんて大嘘、ガスマスクしてないと不味い
実際緑色に顔変色して苦しみもがいて死ぬから」
警察「それも聞いたな、ここらで流行ってるよな最近
まあ確実なのはやっぱり縄で首吊りだな
それも誰にも発見されないように樹海で」
俺「こえー話すんなよ、まるで完全自殺マニュアルみたいじゃねーか」
消防「馬鹿言うなよ(笑)」

そして別れたあと、警察の友人から電話がかかってきた
「おい今日の話は誰にも言うな」
結構真剣な口調だった、いきなりの事でで全く意味が分からない
それが何だか怖かった


326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 01:59:23.89 ID:MPUmvXsR0
>>322
あ、違った これだったか


329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:02:18.03 ID:r0D6Hp+N0
>>322
犯人しか知りえない情報を消防が知ってた?ってことだよな・・・


328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:02:17.37 ID:rhQEnnmU0
そういやどうでもいい話なんだけどさ
今日友人から電話がかかってきてさ
普通にでたんだけどさ、相手からの返事が聞こえないで
なんかもごもごってな感じ?何かをもっさもっさ食ってる音が聞こえて
俺がなんか食ってんの?って聞いても返事がなかった
一分間くらいしていたずらかって思って切った
んで俺の方から二回くらいかけなおしたんだけどでなかった
で二分くらいしてあっちからかかってきて「電話した?」って聞いてきた
俺がお前からかけてきたじゃんっていったらかけてないよーって言われた
あっちはマジでかけてなくて間違い電話じゃないの?って言われた

コピペじゃないしオチもないんだけどドコモって回線イカれる時ある?


332: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2012/03/13(火) 02:03:23.83 ID:tRdu+Pqi0
>>328
回線が混乱してたと?
ちょっとフイタ


345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:12:09.38 ID:OIJ8vuHB0
信じようと、信じまいと―

ベルギーの北部に「神隠しの森」と呼ばれている場所がある。そこへ行くと必ず誰かが消てしまうと、
現地の人は怖がって近づこうとしない。日本人の大学生グループが遊びでそこに寄った時の事だ。
森に入り、出てくるとその5人は一応お互いに確認し、誰も消えていないと安心していたが、
帰国の際、宿で荷物をまとめると見知らぬ日本製のバッグが残ってしまった。一体誰の物だったのか?


346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:14:13.18 ID:FTurl5w60
>>345
記憶からも消えるのか


347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:15:31.70 ID:j+J3HWEY0
>>346
なるほど


353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:22:50.64 ID:hHVlgbB70
最近なにかがついて来てる感じがするんだよなぁ。
今日なんて家の電話の受話器が外れて置かれてたんだよ、俺一人暮らしなのにマジ怖いって。

そのとき酔っていたから何となく受話器取ってみたの。
(しーん・・・)まぁそうだよな 笑

そんで現在はお笑い番組みながら一人酒ー、最高だ。


355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:29:50.05 ID:av5v6iBv0
>>353
しーんって事は繋がってる?


357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:31:45.81 ID:Y4kpSSHv0
>>355
頭がフットーしそうだよおっっ!!


366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:36:20.25 ID:/SOTBQT6O
>>353

普通はプー


368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:37:48.81 ID:MPUmvXsR0
>>353
自分で外したまま受話器置いたのに気付いていない


359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:32:37.87 ID:gn/CMvdt0
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった
.


362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:34:22.12 ID:N/kmwQJB0
>>359
つまり…どゆことや


365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:36:06.33 ID:rhQEnnmU0
>>362
おかんが死体の処理をしてくれていた


363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:35:11.39 ID:av5v6iBv0
>>359
これは怖いというより切なくなってしまうな…


361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:34:21.28 ID:hHVlgbB70
風呂上がり、わたしはくつろぎながら髪を乾かそうと思い、ドライヤーを部屋に持って行き、ソファーに座り、スイッチをいれてテレビをつけた。
するとちょうど怖い番組でもやっていたのか、血だらけの女の人が映った。

その瞬間、部屋は真っ暗になり停電になった。
私はテレビの光をたよりにブレーカーを直しに行った。


364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:35:12.63 ID:gn/CMvdt0
俺の母親は嫁イビリが酷い。食事時に同席するのも嫌がる。
今日はいきなり部屋に入ってきて「掃除」と言い嫁を押し入れに閉じ込めようとした。
俺は腹が立ち「梓に何するんだ!」と母親に対して怒鳴る。
「梓って誰?」…名前まで把握してなかったとは…呆れて物も言えない


367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:36:37.36 ID:J7gLYpZj0
>>364
ラブドール


430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:26:10.85 ID:oukx+dT80
>>367
ワロタ


369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:40:33.77 ID:hHVlgbB70
ビビりな俺はカ゛クフ゛ルでその夜ベッドに入った。

案の定深夜にドアをノックする音がする。
ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。

もうドアを見るのも怖くてひたすらノックの音がする中夜が明けた。
ノックが止んだ後俺はすぐチェックアウトした。

出張から帰って同僚にノックの話をすると
「やっぱり出たか」とこんな話をしてくれた。

そのホテルは以前火事になり逃げ遅れた人がいたという。
その人は運悪く部屋の中に閉じこめられて、そのままなくなったそうだ。

ああよかった、ドアを開けていたら
今頃どうなっていたことか。

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。


374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:43:51.48 ID:xSdSnZey0
>>369
実は中からノックしてたという話


375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:44:15.75 ID:av5v6iBv0
>>369
これは怖いな
部屋の中かよ


370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:41:26.04 ID:gn/CMvdt0
俺、路線バスの運転手。
先日、深夜1時過ぎの最終便を運転していた。
お客さんも全員降りて、終点までは回送と同じ。
これが終われば、明日・明後日とお休み?。
気分がよかったもんで、マイクつけたまま
「プリッキュア、プリッキュア! プ~リキュ~ア!」と歌っていた。

さて、あと5分くらいで終点だ?ってときに、降車ボタンが
「ピンポーン」


374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:43:51.48 ID:xSdSnZey0
>>370
流石の幽霊もこれにはドン引きか


512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 06:37:11.39 ID:CMY9oueC0
ようやく全部読み終わった、>>370が一番きついな


371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:42:18.41 ID:hHVlgbB70
この前、友達がウェイターやってるレストランに、一人で晩飯食いに行ったんだ。
ウェイトレスに案内されてテーブル席に着くと、俺の前と、向かいの席にメニューを置いて行った。

何だ?と思っているうちに友達が水と紙おしぼりを持って来た。
そして「おい、珍しいな」なんてニヤつきながら、向かいの席にも水とおしぼりを置きやがる。

いい加減薄気味悪く感じながらも注文すると、 「で、お連れさんは何にする?」と聞くものだから、いや、一人だよと反論。
すると友達は怪訝な顔で「あれ、店に来た時、女連れじゃなかったか?」などと小声で言う。

曰く、「髪の長い、白いワンピースの女を連れて入ってくるのを見た」と。

「今はいないのでトイレにでも行ってるんだろうけど、てっきり彼女なんだろうと思った」、と。

もちろん俺に心当たりはないから否定したら、逆に向こうが気味悪いものを見るような目でこちらを見る始末。
とうとう何だか寒気がしてきた。

…と、不意に友達は吹き出すと、「いや、わりーわりー」と謝り始めた。

「今日は客も少なくて暇してるところにお前が来たもんだから。ほら、よくあんじゃん?誰もいないはずの席にコップを置く店員、て怪談。あれをやって、お前ビビらせて遊ぼうかと、水持って行く時に急に思いついてさ」

そして「本当スマン。こんな事して遊んでたのバレると店長にどやされるから、黙っといてくれよ」と食後のコーヒーをサービスしてくれた。

ちょっとムカついたが、真相がわかったので責めもしなかった。
ま、コーヒーが美味かったので許すが、心臓に悪いから次からは勘弁してくれ。


376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:45:12.62 ID:gn/CMvdt0
>>371
水持ってく時に思いついたのにメニュー置いたのは何でなんだぜ? って事あk


379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:48:23.15 ID:av5v6iBv0
>>376
なるほど、納得した


378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:48:21.52 ID:hHVlgbB70
美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。
その部屋で暮らしているわけではなく、絵を描くためだけに借りたアパート。

せっかく借りてるのに住まないなんてもったいない!
そう思った私は姉に頼み込んでその部屋で一人暮らしをさせてもらうことにした。

一人暮らし初日。
わくわくしながらアトリエに帰宅。

くれぐれも戸締りに気をつけるようにと言われていたため帰ってすぐに玄関に鍵とチェーンをかけた。

その後、夕飯を作ったり本を読んだりして楽しく一人の時間は過ぎていく。
気付くともう夜も更けていたため、もう一度戸締りをチェック、ガスの元栓も締め眠りについた。

しばらくして、多分夜中の2~3時だったと思う。玄関がガチャっと開いた。
どうやら姉が絵を描きに来たらしい。

こんな時間に頑張るなあと、ウトウトしながら思っていると、私が寝ている隣の部屋に入っていった。

隣の部屋は画材やらキャンバスやら置いてある部屋。
そこで、姉はブツブツ言ったりクスクス笑ったりしてる。

うーん、やっぱり芸術家と怪しい人って紙一重だよなぁ、と、酷い事wを思いながらいつの間にか寝てしまった。

朝、目が覚めると姉はもう帰ったようで居なかった。
姉の絵に対する情熱は尊敬に値するよなぁ、と思いつつ出掛ける準備をして家を出る。

玄関の鍵を閉めた時に、突然恐怖に襲われた。

それ以来、私がそのアトリエに足を踏み入れることはなかった。


387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:55:04.99 ID:rhQEnnmU0
>>378
これわからん


390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:57:29.44 ID:u1/Cdoow0
>>387
チェーン


389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:56:27.95 ID:DCuvCaPT0
>>378
姉はコナンみたいにチェーンを外せるんだな
すげええええ


393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 02:59:36.14 ID:hHVlgbB70
俺の誕生日にホームパーティを開いた。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら変なものが映っちゃったのよ。

背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの。
これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。

そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。
あ~あ、ビックリさせやがって全く。


395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:01:21.00 ID:hHVlgbB70
今日もまた上司に怒鳴られた。OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。

「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」

そんなことを考えつつ帰宅した。
家と言ってもたった二部屋しかないボロアパート。リビング+キッチンと寝室だけ。

窓もリビングにしかない。安いから良いけど。
玄関の鍵を開けて部屋にはいると、びっくりした。

リビングにあったタンスが荒らされていた。

そういや、朝食を食べに出た時に鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ……
くそっ!窓は全部鍵が掛かってるから、玄関から入られたんだろう。あー気持ち悪い。

むかつく。死んで欲しいと思う。
もう今日は疲れた。晩ご飯はいいや。
警察には明日届けを出そう…

私は玄関の鍵が閉まってるのを確認し、寝室に向かった。


398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:04:56.74 ID:17yWkzbsO
>>395
犯人はまだ部屋にいるか合鍵持ってるな


399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:05:12.54 ID:Guoejbvu0
>>395
まだいる、ってこと?


400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:05:30.45 ID:gn/CMvdt0
ぼくは、学校を休んだ。
腹痛がひどいからだ。
でもうちは死ぬほど貧乏で、薬さえない。
暖かい何かを飲もうと思っても、火が使えない。
先生から電話があった。
「もしもし、早く学校へ来なさい」
「…、」
でもぼくは、腹痛がひどく、行けない。
「行けない」
そういうと
「何を言ってる、約束はどうしたんだ、俺達は今学校へいる。校庭に出てる。来い」
内容が少し、おかしいと思った。
しかも、話し方も。
学校に30秒ほどで行ける場所にあるぼくのマンション。
窓から校庭を見てみた。
次の瞬間ぼくは電話を切り、窓のカーテンを閉め、公衆電話へ走った。


419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:18:08.80 ID:av5v6iBv0
>>400
やっぱこれはナポリタン系かな…


422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:19:39.54 ID:gn/CMvdt0
>>400
・貧乏なのにマンション暮らし
・火が使えない→ガス代払えない

・先生から電話が来た 電話代金は払える?
・公衆電話に走った→家にある電話使えばいいのでは?
→本来繋がらない電話に先生から電話が来た→先公死んでる

約束?
校庭?
窓のカーテンを閉め→校庭から誰かがマンションの中を見ている?
公衆電話に何しに行った?


428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:24:31.64 ID:He8TrFcq0
>>400ググったけど解釈が割れてるな
共通してるのは「貧乏なら電話は使えないはずなのにかかってきた」ってことか


461:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:58:40.63 ID:Guoejbvu0
>>400
マジわけわかんね
寝れね~(´;ω;`)


462: 忍法帖【Lv=25,xxxPT】 :2012/03/13(火) 04:00:02.98 ID:qnaYnNmu0
>>461
知恵袋で調べてみ


463:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 04:01:57.43 ID:HSZUl57l0
>>462
コピペしてくれよ


467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 04:05:07.04 ID:xSdSnZey0
>>463
ほれベストアンサー

火も使えないくらい貧乏なら、当然、電話だって使えないはず。
本来、家の電話は使えないから、僕は、最後に「公衆電話に走った」

でも、「先生」からの電話はかかってきましたよね。
本来通じない電話に電話できるということは・・・・先生は既に死んでいて霊的な力で電話してきていた。

最初は、先生の死(というか電話がかかってくる不思議さ)に気づいていない僕だけど、途中、いろいろ様子がおかしいので僕が校庭を見ると、先生の死体が見える。
それを見た僕は、警察なり、救急車なりに連絡しようと思ったけど、自分家の電話は、料金未納で通じないから、公衆電話に走った。

で、こう考えると、途中、先生が言った
「俺達」は、先生を含め、学校に巣食う幽霊達のことであり、
「校庭に出てる。来い」は、「(マンションの窓から飛び降りて)校庭に来い。俺達と同じ黄泉の世界に来い」という意味なのでは?

「約束」云々は、よく分かりませんが、以前から僕は、先生に「僕のうちは『死ぬほど』貧乏」と話していたため、「僕は死ぬ」と約束したと受け止められたとか?


411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:15:19.17 ID:LAHqL/1T0
1+1=田んぼの田、とか
存在しない11人目の話、とか
フリーメイソンとかとか、

全部くだらない








ところでさ















お前の後ろにいる赤い服の女だれ?


412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:16:02.31 ID:He8TrFcq0
>>411
こういう書き込みくだらねえと思いながらもビビってしまう(´;ω;`)ブワッ


415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:16:14.65 ID:7BJo/f670
>>411
赤チェックのパーカーがかけてあってビビったわ


424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:19:50.74 ID:7BJo/f670
近所の花屋の近くの交差点は
「魔の交差点」と呼ばれていて
毎年死人が出ている
それだけならただの事故の多い交差点だが
不思議なことにその交差点では毎年、
「同じ日」の「同じ時間」に人が死んでいる

そして不幸なことにそのことを知らずに町にきた俺の彼女が
去年そこで事故にあって死んでしまった・・
俺は悔しくて悔しくてたまらなくて
なんとしても交差点の謎を突き止めてやろうと
意を決して今年のその日、その時間にこの交差点にやってきた
本当に幽霊かなにかの仕業だとしても
そいつをこらしめてやるとさえ思っていた
もし死んだとしても彼女に会えるなら本望だ

俺は交差点を隅々まで調べたが
これといったものは見つからず、俺の身に何か起こることもなかった
一つおかしなことがあるといえば
俺がこうして交差点をウロウロしていても誰も気にもとめず、
警官さえも素通りしていくことか・・・

「やはりただの偶然なのか・・・」
あきらめて帰ろうとしたとき
一台の青いトラックが俺めがけてつっこんできた
そのとき、ようやく俺は気づいた
俺は間一髪でトラックを回避した
そのあとしばらく悔しくて悔しくて
その場所で泣いて立っていた


426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:24:13.00 ID:gn/CMvdt0
>>424
俺が魔?


440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:35:07.04 ID:rhQEnnmU0
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリタン……


444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:36:21.08 ID:uO9M/fuo0
>>440
??


443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:35:54.71 ID:rhQEnnmU0
「人気メニューはナポリタン」の意味は?
 →[ナポリタン]は英語のジョーク
  「ここはとあるレストラン 」 → This is a Restaurant
  「人気メニューはナポリタン」 → famous for neapolitan
  「ナポリタン」 → 英語のスラングで血の入った料理、または不潔な料理

  私は知らない土地で
  This is a Restaurant (ここは とあるレストラン)
  famous for neapolitan(ナポリタンが人気です)
  と書かれたレストランを見つけた。

  ところが出てきた料理は変な味がした。
  文句を言って作り直してもらうと、こんどは大丈夫だった。
  私は店を出る。

  そこで私は気づいてしまった・・・

  This is a restaurant famous for neapolitan
  (ここは不潔で有名な店だよ)

  誰かが忠告して書いていたんだね


445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:36:41.85 ID:rhQEnnmU0
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリたん」を注文する。
数分後、ナポリたんがくる。
ナポリたん:「あのォー…何かご用ですか…?」
私は食べる。
ナポリたん:「きゃっ?!ちょ、や、離して!」
……なんか変だ。
ナポリたん:「パンツ脱がせちゃやぁ…」
しょっぱい。
ナポリたん:「ダメ!そこ舐めちゃ…っ…」
変にしょっぱい。
ナポリたん:「ふっ…んぅ……ば、バカ!!」
頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリたんがくる。
ナポリたん:「こ、今度は…その…優しく…し、して…ください…///」
私は食べる。
ナポリたん:「っあぁ!気持ちぃっ!気持ち良いよぅ!!はぁっんんっ!」
今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリたん……


447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:38:00.09 ID:8TLCT12s0
>>445
何か和んだwww


448:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:41:44.13 ID:17yWkzbsO
>>445
ナポリたんwww


451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 03:44:39.97 ID:xDJ/+z3G0
>>445
なんだこれwwwww


465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 04:04:06.81 ID:oukx+dT80
>>445
まってたよ


485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 04:19:17.57 ID:xDJ/+z3G0
探してきた。ちびりそう。

漏れにはちょっと変な趣味があった。その趣味って言うのが、
夜中になると家の屋上に出てそこから双眼鏡で自分の住んでいる街を観察すること。
いつもとは違う、静まり返った街を観察するのが楽しい。遠くに見えるおおきな給水タンクとか、
酔っ払いを乗せて坂道を登っていくタクシーとか、ぽつんと佇むまぶしい自動販売機なんかを見ていると妙にワクワクしてくる。
漏れの家の西側には長い坂道があって、それがまっすぐ漏れの家の方に向って下ってくる。
だから屋上から西側に目をやれば、その坂道の全体を正面から視界に納めることができるようになってるわけね。
その坂道の脇に設置されてる自動販売機を双眼鏡で見ながら
「あ、大きな蛾が飛んでるな?」
なんて思っていたら、坂道の一番上のほうから物凄い勢いで下ってくる奴がいた。
「なんだ?」と思って双眼鏡で見てみたら全裸でガリガリに痩せた子供みたいな奴が、
満面の笑みを浮かべながらこっちに手を振りつつ、猛スピードで走ってくる。
奴はあきらかにこっちの存在に気付いているし、漏れと目も合いっぱなし。
ちょっとの間、あっけに取られて呆然と眺めていたけど、
なんだか凄くヤバイことになりそうな気がして、急いで階段を下りて家の中に逃げ込んだ。
ドアを閉めて、鍵をかけて
「うわーどうしようどうしよう、なんだよあれ!!」
って怯えていたら、ズダダダダダダッって屋上への階段を上る音が。明らかに漏れを探してる。


487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 04:19:41.12 ID:xDJ/+z3G0
「凄いやばいことになっちゃったよ、どうしよう、まじで、なんだよあれ」
って心の中でつぶやきながら、声を潜めて物音を立てないように、
リビングの真中でアイロン(武器)を両手で握って構えてた。
しばらくしたら、今度は階段をズダダダダッって下りる音。もう、
バカになりそうなくらいガタガタ震えていたら、ドアを
ダンダンダンダンダンダン!!
って叩いて、チャイムを
ピンポンピンポン!ピポポン!ピポン!!
と鳴らしてくる。
「ウッ、ンーッ!ウッ、ンーッ!」
って感じで、奴のうめき声も聴こえる。
心臓が一瞬とまって、物凄い勢い脈打ち始めた。さらにガクガク震えながら息を潜めていると、
数十秒くらいでノックもチャイムもうめき声止んで、元の静かな状態に……。
それでも当然、緊張が解けるわけがなく、日が昇るまでアイロンを構えて硬直していた。
あいつはいったい何者だったんだ。もう二度と夜中に双眼鏡なんか覗かない。


516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 07:41:05.15 ID:DmTVgMTf0
学校でテストがあったんだ解けない問題は1つもなかった。和美と大輔と啓太にカンニングさせたっけ。
2学期なっていろいろと、読書もするようになった友達達。俺も勉強いっぱいしてたんだよ本当は。
俺はいつも三人の友達とふしぎな遊びばかりしてた。宇宙ごっことか心霊の遊びとか。
海へ遊びに行くときには、たらふくイカ焼き4人前食った大輔が車で吐いたよな(笑)
でも去年の成績は全然、俺らしくなかった。5問も間違ったのを大輔にバカにされた。
小学6年の時には、神童とお母さんにいわれてたのに今じゃこいつらと同じ悪い仲間だね(笑)
北斗七星を見ては宇宙にお前らと一緒に存在してることに感動したりしたよな。
八月には、心霊スポットではしゃいで楽しかったらろ?あれは俺をバカにしたお前ら呪う為だったんだよ。
でも、そんな友達もみんな死んでしまった。9月のころ交通事故で。呪いが強すぎたんだね。みんなごめん。
十分楽しかった。なにくわぬ顔で俺に教えてくれたあの言葉の意味・・。過去をばかり思いだす。


517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 07:42:37.33 ID:b570ajc/0
>>516
数字が関係してるのはわかった


518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 07:43:59.53 ID:DmTVgMTf0
>>517
13文字目


523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 08:02:29.37 ID:AsztOZH1O
運送会社の配達員をしていた頃の話。
いつも通り昼間の配達にまわっていた。

それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。

真夏だったし割と上階へ登らなければいけなかった為、つい怠けてエレベーターを使おうとした。
ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。

すると、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、思わず後退りした。
その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。

何だろう、ヤクザに酷い事でもされたか?ラリってるのか?
こんな湿っぽい雰囲気のビルだ、中で何がやってるかわからない…。

恐る恐るエレベーター内を覗いて確認するが何も無い。
階段から人が降りてくる気配も無い。

不気味だな、さっさと荷物置いて出よう。
そう思いながらエレベーターに乗った。


525:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 08:40:41.90 ID:L6pq/eMKO
>>523
外からボタン押さないと開かない?わからん


528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 08:44:21.90 ID:HyOQwfOmO
>>525
すぐ開いた、ってことは、エレベーターは上からおりて来たんじゃなくて、1階で待機してたってこと。


526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 08:41:45.97 ID:zVCcI75/0
>>523
これ見るたびに、エレベーター怖くなる。


546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 12:42:19.53 ID:2GWDhTTmO
>>523
これ配送の兄ちゃんも女性とおんなじ末路って怖さあるよね。
最初の一行がなければだけど。


532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/13(火) 10:08:07.61 ID:d+CTrhvI0
              ,〟─────- 、_
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:..:..:..:..:i:i:i:i:i:i:` ゙̄ヽ、
           /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:..:..:,〟──--、_:i:i:i:i:i:..:.\
         ノ:i:i:i:i:i:i:i:i,〆´ ̄´         \:i:i:i:i:i:i:\
        /:i:i:i:i:i:ハ'"´                ヽ:i:i:i:i:i:i:i\
       /:i:i:i:i:/                    ゝ:i:i:i:i:i:i:i:\
    _,ノ´:i:i:i:i/                      ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
    {:i:i:i:i:i:i:i:/                        \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
   メ:i:i:i:i:i:i〈                    ,,,,,,、     ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
  〃丿:i:i:i:i:i:i:|                  ,〃""´``     ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、
 ル':i:i:i:i:i:i:i:i:i:}     ,,,,,,,           "//´ ̄ヾi}.     ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、
ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{    〃"´´`ェ、         (;;( ● ノ;ノ      .V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ.   ii /;;/´●`;;}         ヾニニ"       V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ.   ゙ヾヽ、__ノノ                     .'、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}    `  ̄ ̄                       1:i:i:i:i:i:i:i:ir-、
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,′                              ∨:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}                                ∨:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}                           〃    |:i:i:i:i:i:i}
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ.                         ,ノ/     |:i:i:i:i:i:i}
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ.     、                , -":..:/      }:i:i:i:i:i:i}
、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ     ヽ._         ___,,-‐ウ:..:.ノ      /:i:i:i:i:i:i丿
,ゝ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ.     :..:.ヽ.__,r─ -‐´    r-ノ:..:/       /:i:i:i:i:i:i:i{
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\    :..:..ヽ. ーー    r‐':..:..:../       ./:i:i:i:i:i:i:i:i{
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ }:iト、    :..:..ヽ ー、___,,r‐' ー'´/:../       ./:i:i:∧:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧ハ V} \    :..:.ヽ.__' ` _/:..:/ ,,     ノ:i:i:i/ ヽ:i:i}
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉 ヽ〉|:|  \._  ヾ:..:.. ̄ ̄:..:..:..:.ノ ノ    r "´:i:i:i/   |ノヽ


536:tsk.:2012/03/13(火) 11:06:00.52 ID:NFTs8zdU0
てるてる坊主

「ねぇお父さん、明日晴れるね?」

「え?どうしてだい?」







「だってお父さんとわたしで、てる てる坊主二つだよ」



「あぁそうか。うん、晴れるだろう ね。結果はわからないけどきっと晴 れるよ」