裏かがくのじかん

移転準備中の科学とは関係ない2chのまとめブログ。

 

移転しました
http://www.kagakunojikan.com/
   
   

科学

創造性の高め方

1:依頼28-126@pureφ ★:2012/03/24(土) 02:36:10.29 ID:???
創造性の高め方

(本文略、>>2以降に)

kagakunojikan


Philip Montgomery for The Wall Street Journal; Illustrations by Serge Bloch

創造性を高める簡単な10の工夫

1.青色を多用する
 2009年のある調査では、リラックスと連想思考を促す青色に囲まれていた被験者は最大2倍の数の洞察パズルを
解いた。一方で赤は人々の注意や意識を喚起するので、分析的な問題を解決するのに向いている。

2.意識をもうろうとさせる
 今年2月発表された研究によると、さまざま創造性パズルを被験者に解かせたとき、1日で最も注意が散漫になる
時間――たとえば夜型人間にとっての朝――のパフォーマンスはかなり向上し、成功率が50%上昇することもあった。
ふらふらの状態の方が創造性の火花が散るようだ。

3.空想し続ける
 カリフォルニア州サンタバーバラ校のジョナサン・スクーラー氏が率いた研究では、さまざまな創造性テストにおいて、
より長い時間空想する被験者の方が高い点数を出すことが分かった。

4.子供のように考える
 指示されて自分のことを7歳児だと想像している被験者は、たとえば古タイヤの違う活用法を考案すべし、といった
拡散的思考のテストで大幅に高い点数をだした。

5.大いに笑う
 短い漫談のビデオを見せられた被験者は、約20%多くの洞察パズルを解いた。

kagakunojikan


Serge Bloch

6.遠くにいる自分を想像する
 インディアナ大学で行われた研究によると、被験者のパフォーマンスは、パズルが地元の研究所ではなく、ギリシャや
カリフォルニアから来たものだと言われたときの方がずっと良かった。

7.より一般的な動詞を使う
 問題解決能力を高める方法の一つに、その問題の説明に使われている動詞を変えるというのがある。動詞が極端に
具体的だと、人々は狭い範囲で考えがちになる。その反対により一般的な動詞を使うと――たとえば「運転する」の
代わりに「移動する」を使う――解いた問題の数は劇的に増加し得る。

8.枠組みの外で仕事をする
 新しい研究によると、創造性の標準テストにおいて、5平方フィートの作業空間の外に座らせられたときの被験者の
パフォーマンスは大幅に向上した。これはおそらく、被験者が「既成の枠組みにとらわれない考え方をする」というたとえを
内在化させたからだろう。パーティションで小さく区切られた作業空間に足を引っぱられてはいけない、というのが教訓である。

kagakunojikan


Serge Bloch

9.世界を知る
 アダム・ガリンスキー氏が率いた研究によると、海外に住んだ経験がある学生は洞察パズルを解く可能性が圧倒的に
高いということがわかった。別の国の文化に触れたおかげで、貴重な柔軟性や寛容さが身についたのだろう。この効果は
専門職種に就いている人にも当てはまる。海外に住んだ経験があるファッションハウスのディレクターは作る服は創造性が
かなり高いと同業者たちに評価されている。

10.大都市に引っ越す
 サンタフェ・インスティテュートの物理学者たちは、発明家たちが小さな都市からその倍の規模の都市に引っ越すことで、
特許権を約15%も多く取得することができることを発見した。

Jonah Lehrer/The Wall Street Journal 2012年 3月 13日 17:13 JST
http://jp.wsj.com/Life-Style/node_407274
>>2辺りに続く



続きを読む

【生物】ショウジョウバエを1400世代暗闇で飼育…暗所の適応力高まる

kagakunojikan
1:おばさんと呼ばれた日φ ★:2012/03/15(木) 14:42:22.66 ID:???
50年以上、約1400世代にわたり暗闇で育てたショウジョウバエは、暗闇の環境下での繁殖力が高まっていることを
京都大理学研究科の布施直之研究員(遺伝学)らが突き止めた。生物が環境に適応していくメカニズム解明につながる。
14日付の米国の科学誌プロスワン電子版に掲載された。

京都大は1954年から、光を遮断した容器でショウジョウバエを飼育し続けている。ハエは約2週間で世代交代するため、
人間に当てはめると旧石器時代の約2万8000年前から暗闇で生きてきた計算になる。「暗黒バエ」は普通のハエと
外見は変わらないが、光に敏感になったことなどがこれまでの研究で分かっている。

布施研究員らは、照明を使い、「24時間とも昼」「12時間ごとに昼夜」「24時間とも夜」の3通りの条件で、暗黒バエと
野生のハエそれぞれ約100匹ずつの繁殖率を調査した。野生バエは1匹のメスが3日間に産む卵の数はどの条件でも
約40個で差はなかった。一方、暗黒バエは「24時間昼」の条件下で38.6個なのに対し、「24時間夜」は42.6個と多かった。

布施研究員は「暗黒バエは、暗所での適応力が高まっていると言える。一部の遺伝子の変異も確認できており、
今後、繁殖力などとの関係を調べたい」と話している。

ソース
http://mainichi.jp/select/science/news/20120315k0000e040165000c.html


3:名無しのひみつ:2012/03/15(木) 14:43:48.59 ID:1Jz7otLb
少女バエだってよお前の大好物だぞ>>3


84:名無しのひみつ:2012/03/17(土) 23:37:04.53 ID:InOPm2VX
>>3
少女奪え、だろ



続きを読む

「正直者は損」裏付け 脳内物質セロトニンが影響、精神疾患治療に応用期待/放医研

kagakunojikan

1:チリ人φ ★:2012/02/28(火) 20:00:04.25 ID:???
「正直者は損」裏付け=脳内物質セロトニンが影響-精神疾患治療に応用期待・放医研

正直で他人を信頼しやすく、普段は温厚な人ほど、不公平に憤って結果的に損をしやすいことが、放射線
医学総合研究所の高橋英彦客員研究員(京都大准教授)らが27日までに行った実験で確認された。正直な
性格傾向が強い人ほど、脳の中脳と呼ばれる部分で情動や記憶などの機能調節を担う神経伝達物質
「セロトニン」が消えにくいとみられることも初めて分かった。

研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表される。経済的な意思決定の個人差の解明や、意思決定に
障害がある精神・神経疾患の診断や治療に役立つという。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012022800049


2:名無しのひみつ:2012/02/28(火) 20:01:03.06 ID:Bo9p70R2
この世の真理



続きを読む

英物理学者ホーキング博士、性行為クラブの常連だった…米情報サイト報じる

kagakunojikan

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2012/02/27(月) 10:14:03.41 ID:???0
★ホーキング博士がS○Xクラブ常連だった

・英国の宇宙物理学者で車いす生活を続けるスティーブン・ホーキング博士(70)が、
 セ○クスクラブの常連客だったことが分かった。米情報サイト「ラダー・オンライン」によると、
 同博士は米ロサンゼルス郊外のデボアにあるセ○クスクラブの1つに、複数の看護師と
 アシスタントと一緒に訪れているという。同地にあるセ○クスクラブ「フリーダム・アクレス」の
 会員の1人は「ホーキング博士の姿を数え切れないほど見た。最近は、博士が室内のベッドで
 服を着たまま横になって、裸の女性2人が上に乗っかっていた」と明かした。

 このクラブは「スウィンガークラブ」と呼ばれ、日本ではハプニングバーにあたる。スワッピングや
 乱交マニアが多数集まり、入会金や入場料を払えば、誰とでも、何回でもセ○クスができる。
 ただ、乱交パーティーが行われる様子を見て楽しむ客も多く、同博士も“鑑賞”が主目的
 だったとみられる。ある関係者は「博士と話したこともあるし、一緒に酒も飲んだ。博士が周りの
 人たちと写真に納まっているのも見た」と話した。

 同博士は21歳で筋萎縮性側索硬化症にかかり、不自由な指でボタンを操り、会話をしている。

 ◆スティーブン・ホーキング 1942年1月8日、英国オックスフォード生まれ。17歳で
 オックスフォード大に入学。全身の筋肉が衰える難病にかかりながらも宇宙物理学博士になり、
 ブラックホールの研究で有名になる。現在は講演で世界中を旅する。
 http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp1-20120227-909615.html

※関連スレ
・【科学】 「天国も死後の世界もない」 英物理学者ホーキング博士が断言★2
 http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1305604214/


6:名無しさん@12周年:2012/02/27(月) 10:15:06.59 ID:2+6eAysU0
英雄色を好む


9:名無しさん@12周年:2012/02/27(月) 10:16:06.10 ID:8ZQ7Xnus0
好きにやらせておけ


続きを読む

刺激が多いと賢くなるワケ

kagakunojikan

1: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2012/02/23(木) 08:39:41.92 ID:???0
刺激のある環境で育つと、記憶力や学習能力が向上するとされるが、その時に脳で起きる変化を
東京大学の廣川信隆特任教授らがマウス実験で明らかにした。神経細胞の中で分子の運び役を
するたんぱく質が増えて、神経細胞のつなぎ目「シナプス」の形成を促していた。23日付の
米科学誌「ニューロン」で発表した。

廣川さんらは、おもちゃや遊具を置いて刺激の多い環境にした箱と、何も置かない箱で
それぞれマウスを飼育。記憶力や学習能力をみるため、マウスをプールで繰り返し泳がせ、
島にたどり着くまでの時間を調べたところ、刺激のある環境で育った方が回を重ねるほど
より早くたどり着いた。

この2種類のマウスの脳の変化を調べると、刺激の多い環境で育ったマウスは、
神経細胞間の情報伝達に欠かせない物質を輸送する「KIF1A」というたんぱく質が増え、
働きも活発になり、シナプスの量が増えていた。遺伝子操作によってKIF1Aを
少なくしたマウスは、刺激の多い環境で育てても、学習能力の向上は見られなかった。

廣川さんは「KIF1Aは人間にもあり、機能を増強できれば、記憶や学習障害を改善できる」
と話す。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/science/update/0223/TKY201202220857.html


3:名無しさん@12周年:2012/02/23(木) 08:42:34.42 ID:HHS8Fb070
ボケたジジィにゃ右フックが一番


15:名無しさん@12周年:2012/02/23(木) 09:00:48.05 ID:nj7OkKa5O
>>3貴様、知ってるな



続きを読む
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
アフィ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

無料レンタル掲示板,チャット FX上級者に聞いた使うべきFX
  • ライブドアブログ