裏かがくのじかん

移転準備中の科学とは関係ない2chのまとめブログ。

 

移転しました
http://www.kagakunojikan.com/
   
   

アメリカ

アメリカ、デンバーで世界初のう〇こを動力源とするバイクが実用化される

kagakunojikan

1: アケルナル(大阪府):2012/03/25(日) 15:44:47.48 ID:Qmtq93rO0●
アメリカ、デンバーで世界初のう〇こを動力源とするバイクが実用化される


最近、アメリカのデンバーにあるデンバー動物園で、世界初となる「う○こを動力源にするバイク」が実用化されることが明らかになり、話題になっているようです。

このバイクを開発したのは、デンバー動物園。
タイなどでよく利用されるトゥクトゥクという3輪型のタクシーが元になっているそうだ。


動物園といえば、う○この聖地みたいな感じで、毎日大量の動物の便が処理されているわけですが、それを捨てずに動力源にするということは、本気のエコ?


ちなみに、このうんこを動力源にする技術。

現在新案特許出願中の最新型の燃料化技術だそうです。

現在、コロラド州近隣の動物園たちが連携してプロジェクトを立ち上げており、このウンコで動くバイクで各地の動物園を移動するという計画が振興しているそうだ。

木曜日にデンバーを出発し、コロラドスプリングス、アルバカーキ、ニューメキシコ、フェニックスなどの動物園を訪れ、最後にカリフォルニア州、パームデザート水族館で終点という計画のようです。

3月21日から出発し、3月27日の月曜日に到着する感じだって。

デンバー動物円では、毎年動物たちの排泄物がおよそ680トン以上もあり、それを毎年埋め立てて処理しているそうだ。
このバイクが広く実用化されれば、その680トンものゴミがなくなるとかで、今期待の技術として注目されている?みたいです。


http://tea.go-th.net/Entry/1248/

kagakunojikan

kagakunojikan

kagakunojikan


2: アルデバラン(北海道):2012/03/25(日) 15:45:28.17 ID:SwkkjmwQ0
holy shit!



続きを読む

アメリカでは国歌斉唱の拒否も、国旗を燃やすことも自由

kagakunojikan

1: カペラ(埼玉県):2012/03/23(金) 17:28:26.04 ID:iSG2yPCN0
あのアメリカですら自国国旗の焼却が禁じられていない理由

今週の市長の発言の中に、「国歌斉唱の際に手を前に組んでいるのは失礼で、国際社会では許されない」という主旨のものがありました。
この種のものとしては、スポーツ選手などが海外での試合に臨んだ際に国歌を歌っていないのは「国際社会での常識に欠ける」というような言い方があり、
市長もそのような主旨での発言を以前にしていたと思います。

確かに1つの考え方です。スポーツの対外試合というのは一種の民間外交ですから、それなりの外交儀礼というものがあり、他国の国旗国歌への尊敬だけでなく、
自国の国旗国歌に対しても儀式の格調を維持するためにも、国家を代表している敵味方相互をしっかり認めるという意味合いからも必要だと思います。

例えばサッカーのワールドカップの場合ですと、各試合の際には選手たちは開催国の少年少女と手をつないで入場するというスタイルがあるのですが、
例えば南ア大会で、南アの子供たちが日本選手と手をつないで入場してくれたとしたら、それは南アとして日本に対して外交上の礼を尽くしているわけですから、
その子供たちと一緒に並んでいる中で国歌が流れた際には、日本選手は自国の国歌に礼節を示すことが、その子供たち、更には開催国や参加国全体への礼節になるのです。
ところが、橋下市長の言う「だから国内でも」というのはちょっと違うのです。
この点については、1990年代から2000年代の米国での議論が良い例だと思うので紹介します。

まず、1989~90年にかけて「国内での自国国旗損壊禁止は違憲」という最高裁判断が確定しています。
これは政治行動などで自国の当時の政権を批判する主旨で、自国国旗を焼却する行為に関して、
これを禁止する法律は憲法の「表現の自由、思想信条の自由」に違反するかが問われた裁判で、
結果としては「表現の自由、思想信条の自由」が優先するとして禁止法は違憲という判例が確定しているのです。

以下ソース
http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/03/post-415.php


2: アケルナル(京都府):2012/03/23(金) 17:29:43.71 ID:dU1n3DxG0
ここ日本だし


3: エンケラドゥス(チベット自治区):2012/03/23(金) 17:29:43.97 ID:rRpIIziT0
自由の国だもんな


5: 白色矮星(関東・甲信越):2012/03/23(金) 17:31:09.78 ID:FF+oDko8P
可愛い生徒の門出を祝う卒業式では、国旗を燃やさず欠席してください



続きを読む

"オバマ仰天" 民主・鳩山政権の「ルーピー」ぶりに、アメリカは怒り心頭だった

kagakunojikan

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/03/22(木) 18:36:07.14 ID:???0
・いやはや米国のオバマ政権が日本の民主党、鳩山政権に対し、これほど激しい不信や
 憤慨を抱いていたとは思わなかった。

 まさに日米同盟の深刻な危機だった。米国側のこんな真相がオバマ政権の対日政策の中核にいた
 元高官によって明らかにされた。
 この暴露はオバマ政権の国家安全保障会議の東アジア担当上級部長を務めたジェフリー・ベーダー氏が
 今月出版した『オバマと中国の台頭』という新著に記されていた。

 ベーダー氏はオバマ政権誕生冒頭の2009年1月から2011年4月まで大統領のそばにいて、
 日本をはじめとするアジアへの政策について助言する同上級部長のポストに就いていた。

 ベーダー氏はその中で次のように述べていた。
 民主党が大勝して鳩山政権が誕生した時、オバマ大統領は公式には鳩山政権を歓迎し
 鳩山首相にも温かい祝辞を送り、ニューヨークでの初の首脳会談でも日米連帯をうたった。
 しかし、すぐに鳩山政権の側にいくつかの「阻害を起こす出来事」が生じた、という。

 それらの「心配な出来事」としては4項目が記されていた。その趣旨は次のようだった。

 「第1に、普天間基地に関して、鳩山氏が沖縄からすべての米海兵隊を撤退させると選挙中に
 宣言していたことだった。米側では鳩山氏が首相となれば、現実を理解して、その宣言を
 引っ込めると期待していたが、なかなかそうはならず、米国側はいらだっていった。

 第2には、鳩山氏が日本の米国依存を減らし、米国と中国との中間に立つような外交政策方針を
 述べ始めたことだった。米側では、日本が中国との関係をそれまでより友好的にすることこそ
 歓迎したが、最重要の唯一の同盟国である米国と中国とを等距離に置こうとする姿勢には
 当惑させられた。小沢一郎訪中団の媚中ぶりが米側をさらに懸念させた。

 第3には、鳩山政権が米国の核政策に反対し、日本への核抑止さえも揺らがせる結果となった。
 鳩山政権の外相は米国に「核先制不使用」政策の採択を求め、日本の防衛の基盤を除去
 することを迫る結果となった。また、鳩山政権はさらに米国の核兵器の配備や持ち込みに
 ついての両国の秘密合意の調査をも開始した。
 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34803


2:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/03/22(木) 18:36:22.59 ID:???0
>>1のつづき)
 さらに最大の悪影響をもたらした第4の出来事として、鳩山政権が東アジア共同体の構想を
 推進しようとしたことが挙げられる。
 この構想は米国をこの共同体なる組織から除外することを意味しており、米国のアジアからの
 排除を示していた。アジアでの米国の最も緊密な同盟相手であるはずの日本がこんな米国追放の
 構想を打ち上げたことは、オバマ政権を仰天させた」

 特に「東アジア共同体」構想については、「ベトナムまでが深刻な懸念を表明した」と述べていた。
 「米国と戦ったベトナムがこの東アジア共同体なる構想の戦略的な愚かさを認識し、他方、米国の
 アジアでの最大の同盟パートナーである日本がそれを認識しないという皮肉は痛烈だった」とも言う。

 アジアの他の諸国も鳩山政権の主張するような東アジア共同体への動きが現実に始まれば、
 もっぱらその構想の中心に立つのは中国であり、中国の影響圏の拡大をもたらすだろうと
 考えていたとも言う。
 だからこの構想にはオーストラリア、シンガポール、韓国、インドネシアの各国も明確に反対
 していたとのことだった。要するに鳩山政権はアジア各国の反対を押し切る形で東アジア
 共同体構想を進めようとしたと言うのだ。

 ベーダー氏は「鳩山政権のこうした言明は戦略的にも、外交的にも、日本の従来の立場には
 あまりに矛盾していたが、正面から反発することを懸命で避けた」と述べ、オバマ政権内には
 鳩山政権のこうした動きへの怒りや不満が渦巻いたことを明らかにしていた。

 ベーダー氏はこの時期が米国にとって、さらには日米同盟にとっては、「非常に苦しく危険な
 時期だった」と評し、「それでもなお米国側の忍耐がどうにか最悪の危機を避けることとなった」と
 オバマ政権側に危機回避の功を与えていた。

 だからオバマ政権の高官たちが鳩山首相自身を指して「ルーピー(愚かな)」と断じていたと
 いうのも、いわば自然ということになりそうだ。

 1人の無知な政治指導者の登場は、長年、両国民が汗を流して築いてきた日米同盟の基盤さえ
 一気に崩しかねない、ということでもあろう。(以上、抜粋)


161:名無しさん@12周年:2012/03/22(木) 19:03:16.45 ID:nmZaCmD80
>>1
>>2

     /     γ"""´ ⌒⌒ \  `) _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__
    /     ノ::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ (   
   .i    彡::::::::::::::::::::::::: ∪    i  )  はぁあああああああああああああ???
   i     /:::::::::::/\    /ヽ i ) 
   i   /:::::::::::    ヽ  /   i,/
   r⌒ヾ:::::::::::   (・ )ヽ  ( ( ・){   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y´`
   {  (::::::::::::  ヽ,,__,,ノ  |、 ヽ.,,ノ )
    \_,,:::::::\    /(   )     !
        i:::::∪    / __.^ i ^_    /
      i:::::::::::    |コココココ|  /
      /l\:::::ヽ   ノ|! i |||! !| /
 _,, -‐/::::|\ ̄ \. `ニニニニ´/‐- ,,, _



続きを読む

「働かないか」…アダルトショップ店員が説得、17歳強盗犯逮捕・アメリカ

kagakunojikan

1:ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★:2012/03/11(日) 15:34:15.54 ID:???0
 米フロリダ州のアダルトショップに強盗に入った少年(17)に、店員が店で
働かないかと説得して見事、犯行を阻止した。

 拳銃を持って押し入った少年は「病気の家族のために必要だ」と金銭を要求。
店員は代わりに店で働くことを提案し、少年が申込書に記入している間に警察に通報した。

 警官は申込書に書き込まれた住所を手掛かりに少年を捜索、路上にいたところを
見つけて強盗容疑で逮捕した。

ソース:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/03/11/kiji/K20120311002806700.html


2:名無しさん@12周年:2012/03/11(日) 15:34:39.11 ID:bbElIbaV0
やらないか


49:名無しさん@12周年:2012/03/11(日) 15:44:20.92 ID:AAzCz0TI0
>>2
先に書き込んでくれてありがとう。



続きを読む

アメリカの学生がFFに登場する「ミスリル」「ライオンハート」「政宗」から日本経済を分析

kagakunojikan

1:おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2012/03/10(土) 09:48:34.58 ID:???0
アメリカ・サンフランシスコのモスコーニセンターで開催中のGDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2012。
海外の学生による、日本のRPGについての考察をリポート。

●意欲溢れる学生の研究発表

GDCの見どころはゲーム開発者の講演だけではない。通路脇の開けたスペースでは、
学生たちによるポスターセッションが行われており、なかなか興味深いテーマのものも多い。
今回は、ゾヤ・ストリートさんによる日本のRPGに関するセッションに参加してみたので、そのリポートをお届けしよう。

彼女曰く、ゲームデザインとは歴史を反映するものだという。ゲームの中の経済も等しくそうで、
現実の経済の動きを色濃く映し出すそうだ。その実例として、『ファイナルファンタジーII』(以下、『FFII』)の“ミスリル”、
『ファイナルファンタジーVIII』(以下、『FFVIII』)の“ライオンハート”、そして
『ファイナルファンタジーX』(以下、『FFX』)の“正宗”を例に分析していこうじゃないか、
という内容。なんだか無茶苦茶な感じはするものの、彼女はただの『FF』ファンではなく、
経済を学ぶ学生さん。専門用語も織り交ぜつつ、15分間マシンガンのごとくしゃべりまくっていたため、
要約になってしまうことを勘弁いただきたい。

●“ミスリル”の価値はゲーム内通貨で推し量れる
 『FFII』のストーリーにも大きく絡むことになるミスリル。ミスリル武器、防具はいずれも
価値が高いが、それは“珍しいものだから”という設定上の理由だけでなく、ゲーム内の
経済でも表現されている。『FFII』におけるミスリル武器、防具は町で購入することになるため、
ほかの一般的な武器や防具との価格差によってその価値を感じるわけだ(例:かわのぼうし→80ギル、
ミスリルのかぶと→3000ギル)。

続きます
http://www.famitsu.com/news/201203/10011346.html


2:おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2012/03/10(土) 09:49:25.60 ID:???0
『FFII』が発売された1988年の日本はバブル経済と呼ばれていた時代だ。
資産価格は上昇し、物とお金に溢れていた。価格の差こそが、価値基準の中心にあった時期で、これがゲームにも反映されているとゾヤさんは言う。

●“ライオンハート”はいらない?
 『FFVIII』の主人公・スコールの武器ライオンハートは強い。
おまけにカッコイイ。究極技である“エンドオブハート”を見ずに
ゲームを終えるなんてもったいない! と思うほどだが、じつはゲームを
クリアーするために必須なアイテムでもない。入手するかどうかは、
プレイヤーに委ねられているのだ。入手方法は世界中からアイテムを集めてきて
改造するという仕掛けのため、“ミスリル”のようにギルで換算できる価値も感じることはない。

 『FFVIII』が発売された1999年は、『FFII』のころと比べて経済が大きく異なる。
生涯同じ会社に従事する社会ではなくなり、日本の若者はこれまでのシステムに不安を感じるようになった。
お金で何でも価値が決められる時代から変わったということだろうか。(そういえば、
『FFVIII』には給料システムとかあったな……。)

続きます


5:おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2012/03/10(土) 09:50:20.20 ID:???0
●“正宗”への道のりは険しい
 
『FFX』のアーロンの最強武器である正宗は、入手しただけでは
それほどの強さではなく、3段階の強化を行うことで最強の武器となる。
真の正宗にするためには多くの労力と時間を割かなければならない。
しかし、その困難さゆえに得られる達成感、ステータスも大きい。

 『FFX』が発売された2001年当時の日本は、いまも続く就職難の時代。
ゲームマーケットのメインである20歳~24歳の若者は、あえて定職に
就かずに自由に暮らす人も増え、その結果、いわゆる勝ち組、
負け組の格差が生まれてきた。誰もが勝者になりたい時代。
ゲームというメディアは、仮想経済で勝利を味わわせてくれる。
しかも、実生活へのリスクもほとんどない。くり返しゲームに
時間を費やして強力な武器を得るという行為は、ゲームに大量の
お金を使うという行為に非常に似ているとゾヤさん。実際に、
『FFX』が発売された2001年は若年失業率が急上昇しているのに反し、
プレイステーション2は何百万台単位で売れたのだとか。

いずれも非常にユニークな考察ですね。RPGの進化の過程もあるので、
一概に日本の経済とリンクしているとは思いませんが、ゲームが世相を
反映するというのはすばらしい着眼点だと思いました。
それにしてもゾヤさん、『FF』がお好きなようで(笑)。日本に来て講演すればいいのに!


オハン、いやおわり



続きを読む
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
アフィ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

無料レンタル掲示板,チャット FX上級者に聞いた使うべきFX
  • ライブドアブログ