裏かがくのじかん

移転準備中の科学とは関係ない2chのまとめブログ。

 

移転しました
http://www.kagakunojikan.com/
   
   

中国人「なぜ日本人の愛は終わったのか。すべてが打算なのか。」

1

中国人「なぜ日本人の愛は終わったのか。すべてが打算なのか。」
1: ラグドール(秋田県):2012/07/07(土) 21:10:59.29 ID:XPiokd3B0
2012年7月5日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は「日本人はなぜ愛を信じなくなったのか?」と題した記事を中国のブログサイトに発表した。以下はその内容。

日本のブライダル研究所が20歳から50歳までの既婚者の男女2000人を対象に実施した夫婦関係に関する調査の結果、「愛さえあれば結婚できる」と回答したのは約2割で、
4割近い人が「愛だけでは結婚できない」と答えた。人を愛するのは無条件だが、結婚は違う。相手の家との「つりあい」を考えなければならない。結婚とは理性的なのだ。

東洋にも西洋にも「シンデレラ」に似た物語があり、「2人は末永く幸せに暮らしました」で終わる。しかし、これは現実とはかけ離れている。デブで醜い女性が金持ちの
ハンサムと結婚しても、チビで貧乏な男がセレブ美女と結婚しても大抵は長続きしない。

昨年11月に発表された調査報告によると、結婚適齢期の日本人男女のうち男性61.4%、女性49.5%が「恋人がいない」と答えた。日本では高齢化社会と未婚社会が
大きな問題になっている。若者にとって「つりあい」のとれる相手を探すことは難しく、最近では若い女性と年配の男性が結婚する、いわゆる「年の差婚」が流行している。

白河桃子氏は著書「『婚活』時代」の中で、年の差婚について「今後も増える」と指摘。一生結婚できない男性がいる一方で、経済条件の優れた男性は一生に何度も結婚できるというのだ。

金持ちでハンサムな男性の結婚難について、ある雑誌は「『外見やお金ではなく、本当の自分を愛してほしい』と願うために、かえって結婚に踏み切れない」と分析する。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=62750


3: ヨーロッパヤマネコ(大阪府):2012/07/07(土) 21:11:26.92 ID:BQyG+zOE0
売ってる


5: ペルシャ(dion軍):2012/07/07(土) 21:12:34.27 ID:XR0mOSaIP
>>3
それ愛やない春や


http://www.kagakunojikan.com/archives/11184547.html

人はお金をたくさん持っているほど非人道的になっていく

1

【調査】人はお金をたくさん持っているほど非人道的になっていく[12/07/08]
1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/07/09(月) 10:53:03.31 ID:???
ソースはギガジン
http://gigazine.net/news/20120708-the-more-money-you-have-the-less-humane-you-become/

漫画や映画の中でお金持ちの嫌みなキャラクターをよく見かけますが、
Lisa MillerさんがNew York Magazineの中で述べたいくつかの論文によると、
お金は人を薄情で、非人道的で、利己的な人物に変えてしまう諸悪の根源だと
いうことです。

Researchers Say That The More Money You Have, The Less Humane You Become - Business Insider
http://www.businessinsider.com/researchers-say-that-the-more-money-you-have-the-less-humane-you-become-2012-7

Proceedings of the National Academy of Sciences誌に掲載された論文によれば、
心理学者のPaul PiffさんはMillerさんに「社会経済的に高い段階で生活することは、
口語的に言うと、人を非人道的にし」、「他の人に比べて同情心を少なくさせることが
ある」と話したそうです。

Paul Piffさんはモノポリー(すごろくの要領で不動産を取引するボードゲーム)で
互いを競い合わせるというものを含めたいくつかの実験を行いました。
その実験では、プレーヤーの一人は不公平な方法によって相手の優位に立ちます。
この時、相手プレーヤーにはルールの設計上ゲームに勝つチャンスがありません。
ゲームが始まると、優位に立っているプレーヤーはこの幸運に気分が良くなり、
相手に対してけんか腰の態度でふるまうようになるそうです。
「人をゲームにおいて、より特権的で権力の強い役につかせると、その人は本当に
地位やお金、権力があるかのようにふるまうようになるのです」と、Paul Piffさん。
とは言え、お金を持てば必ずしも人がこのようになるというわけではなく、
リッチであることは、他の人の利益よりも自分の利己心を優先させやすくする手段と
なるということです。お金は人々に最低な側面を出させやすくするのです。

また、Millerさんは「Science」誌で、お金を持っている人ほど
財政的に裕福でない人よりも非情緒的になりがちで、肉体的な痛みを感じる度合いも
少なくなると述べています。
研究者であるミネソタ大学カールソンスクール教授のKathleen Vohsさんが
発見したのは、お金を持っているほど、人は熱湯の中により長く手をつけることができ、
ゲームの最中に仲間はずれにされても苦痛を感じることが少なくなるということ。
VohsさんがMilleさんに述べたところでは「お金は人々を機能性モード(実用重視)に
させます。そしてそれが他人に適用されだすと、事態は台無しになっていきます。
あなたはすべき事を終わらせることができますが、それは人々の感情や彼ら個人への
気遣いを犠牲にして行われる」とのことです。

-以上です-


2:名刺は切らしておりまして:2012/07/09(月) 10:54:17.36 ID:8iBj7CeJ
モノポリーてのがそもそもそういうゲームであろうに


http://www.kagakunojikan.com/archives/11100674.html

“マインドコントロールマシン”テレビによる恐るべき“洗脳”の実態 うつ病になりやすい思考パターンとテレビ問題

【心理】“マインドコントロールマシン”テレビによる恐るべき“洗脳”の実態 うつ病になりやすい思考パターンとテレビ問題
1:pureφ ★:2012/07/09(月) 05:32:17.96 ID:???
テレビによる恐るべき“洗脳”の実態

1


 私たちはマスメディアからさまざまな情報を受け取ります。

 特に、24時間いつでも視聴できるテレビからは、どんな人でも多かれ少なかれ影響受けているはずです。

 しかし、テレビが私たちに与える脅威についてはあまり知られているとは言えません。

 精神科医の和田秀樹氏は、著書『テレビに破壊される脳』(徳間書店/刊)のなかで、テレビを“マインドコントロール
マシン”と呼び、私たちがテレビに洗脳されている実態を指摘しています。

■“テレビによる洗脳”の行き着く先は…

 和田氏のいう“テレビによる洗脳”の行きつく先の一つとして挙げられるのが「依存症」です。

 たとえば、アルコール飲料のCM。

 今の時期、夏に向けた缶ビールのCMが大量に放送されていますが、日本にアルコール依存症と言われる人が約80万人、
その予備軍も含めると約440万人もいることや、アルコール依存症がうつ症状や自殺の引き金になる性質を持つことを考え
ると、こういったCMによるアルコール依存症患者の増加は懸念されてしかるべきでしょう。

 実際、フランスやスウェーデンではほとんどの酒類のテレビCMが法律で禁止されており、オーストリアやスペイン、フィンランド
などでも度数の高い蒸留酒等はテレビ広告を禁止されています。

 それだけではありません。WHOが2008年と2010年に採択した「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」の
中には、CMなどの広告についても規制を行うべきであると明示されているにも関わらず、日本のアルコール飲料のテレビCMは
ほとんど無規制のまま流され続けているのです。

 これは、パチンコやゲームといったアルコールと同じく依存症になりやすい商品にも共通します。

■震災被害を大きくするテレビ報道

 “テレビによる洗脳”はCMだけにとどまらず、番組内でも行われています。

 津波などにより多大な被害を出した東日本大震災の報道がその一例です。

 未曽有の災害を前に、それを報道するのはテレビ局の使命ではありますが、一度流せば十分なはずの津波のVTRを各局が
何度も執拗に放送し続けたことに、和田氏は違和感を覚えたといいます。

 被災地でも放送されたはずのその生々しい映像が、生き残った人々の心にどのような影響を与えるかは容易に想像できる
はずです。

 ただでさえ肉体・精神ともにダメージを負っている被災者にとって、何度もそのような映像を見せられることは二重の苦しみと
なり、そのような状態が一か月以上続くと、トラウマの後遺症の中でも治りにくいPTSD(心的外傷後ストレス障害)と呼ばれる
心の病に陥ることも珍しいことではないのです。

 ショッキングな映像を繰り返し流すことで、それを見た人の心に深い傷を負わせることは、“洗脳”と呼んで差支えないはずです。

 本書には、テレビが心身に与える悪影響が、精神科医の視点から実例を交えながら詳しく解説されています。

 情報源として、エンターテイメントとしてのテレビの有用性は疑いようもありません。

 しかし、私たちの生活に必要不可欠なものであるからこそ、そのマイナス面や危険性にも目を向け、理解しておくべきなのでは
ないでしょうか。

新刊JP 2012年07月05日 19時配信
http://www.sinkan.jp/news/index_2803.html 
>>2あたりに続く


http://www.kagakunojikan.com/archives/11099650.html

日本にはなぜ物乞いがいないのか

1

日本にはなぜ物乞いがいないのか
1: マレーヤマネコ(やわらか銀行):2012/07/08(日) 20:19:30.46 ID:rxNXDEGM0
日本のホームレス、物乞いにならない理由とは?

中国語情報サイトの日本新聞網は7月5日、『日本社会にはなぜ物乞いがいないのか』とする記事を発表した。内容は下記の通り。

今夜、東京では小雨が降った。中国の江南地方と同じく、現在は梅雨時だ。帰宅する途中、一人の老人が自転車に乗り、空き缶
を詰めた袋を積んでいた。翌日は資源ゴミ収集日のため、この老人は収集業者が来る前に、居酒屋の店員が退勤時に捨てた
空き缶をすべて持ち去ったのだろう。

一台の自転車が前後に数百個の空き缶を積む。私は好奇心に駆られ、「いくらで売れるのか」と老人にたずねた。
個人による空き缶の収集は、厳密に言えば違法行為であり、地方政府が収入の一部を失うことになる。そのため老人は
私に対して警戒を強めた。

老人は雨に濡れた3本の指を伸ばした。雨の中これほど苦労しても、これらの空き缶は3000円でしか売れないのだろう。
今夜はこの老人にとって、週に一度の「書き入れ時」だったのだ。老人はこのお金でカップ麺と豆腐を買い、日本酒を手にし、
橋の下のビニールシートで囲った家で、今夜の収穫を楽しんだ。この老人はホームレスだった。統計データによると、東京都の
このようなホームレスは、2000人以上に達する。

昨年夏、筆者は東京都江戸川区の橋の下で、ホームレスの家を見たことがある。橋が屋根となり、江戸川を生活用水とすることが
できる。そこはまた国の土地であるため、ホームレスが身を寄せる場所となった。

これらの「家」は、水色の分厚いビニールシートによりできており、中には拾ってきた布団があり、小さなテレビや炊飯器等の家電も
目にすることができた。どこかから手に入れた発電機が、ホームレスたちの自家用発電設備となっていた。彼らは普段、駅前の
ゴミ箱や電車から、人々が捨てた雑誌を拾う。夕方になると、発売から数日しか経っていないこれらの雑誌を集め、駅前や銀座
のような繁華街で、定価の半額で販売する。警察はホームレスを憐れみ、見て見ぬふりをする。


http://www.kagakunojikan.com/archives/11098990.html

マドンナと同じ53歳の有名人を集めてみた ジャップ劣等遺伝子すぎワロタwwwwwww

1: ロシアンブルー(岡山県):2012/07/08(日) 14:35:07.13 ID:dJt8iHFt0
★世界の歌姫マドンナの対抗馬はこれだ!日本の53歳有名人リスト
http://magazine.gow.asia/entame/column_details.php?column_uid=00001857
●マドンナ

no title


●その1:榊原 郁恵(タレント)
1


1959年05月08日生まれの53歳。高校2年の時にホリプロが主催する「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」
で優勝、芸能界入り。1987年、俳優の渡辺徹と結婚して、現在は主婦タレントとして活躍中。
かわいいイメージのある榊原郁恵が、まさか53歳だったとは知りませんでした。夫の渡辺徹も51歳には
見えませんね。渡辺家にはアンチエイジングの秘密が隠されていそうです。

●その2:片平 なぎさ(女優)
1


1959年07月12日生まれのもうすぐ53歳。
1974年にオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ)に出演し、1975年に東芝から「純愛」で歌手デビュー。
女優としては、5大ネット基幹局全局の2時間ミステリードラマ主演を達成し「2時間ドラマの女王」の異名を
持っています。
サスペンスといえば、片平なぎさか船越英一郎といったイメージです。現在も5本の主演ドラマを抱え、
53歳パワーで活躍中。

●その3:森 公美子(オペラ歌手)

no title


1959年07月22日生まれのもうすぐ53歳。1981年、オペラデビュー。その後、オペラやミュージカルに出演する
ほか、バラエティ番組やドラマなどでも活躍中。
デブタレは健康が命として、月1回健康診断に行くそう。これはマクロビや日本食で健康を維持するマドンナにも
通じるところがありますね。


http://www.kagakunojikan.com/archives/11097084.html
記事検索
最新コメント
最新記事(画像付)
アフィ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

無料レンタル掲示板,チャット FX上級者に聞いた使うべきFX
  • ライブドアブログ